ドロミーティ

ドロミーティ

ドロミーティ(イタリア語: Dolomiti)は、イタリア北東部にある山地で、東アルプス山脈の一部。ドロミテなどとも表記される。おおむね北はリエンツァ川、西はイザルコ川とアディジェ川、南はブレンタ川、東はピアーヴェ川に囲まれた一帯で、ボルツァーノ自治県(南チロル)、トレント自治県、ベッルーノ県にまたがる。

上記の範囲以外にも、共通の地質的特徴を持つ山地が「ドロミーティ」と呼ばれている。たとえば、アディジェ川以西のドロミーティ・ディ・ブレンタ (it:Dolomiti di Brenta) や、ピアーヴェ川以東(ポルデノーネ県、ウーディネ県にまたがるフリウーリ地方北西部)に所在するドロミーティ・フリウラーネ (it:Dolomiti Friulane) などである。

狭義のドロミーティおよび、ドロミーティ・ディ・ブレンタ、ドロミーティ・フリウラーネに含まれるいくつかの山塊は、ユネスコの世界遺産(自然遺産)に「ドロミーティ」の名で登録されている。

概要
ドロミーティ(イタリア語: Dolomiti)は、イタリア北東部にある山地で、東アルプス山脈の一部。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. ヤヴォルとシフィドニツァの平和教会群

    ヤヴォルとシフィドニツァの平和教会群

  2. ヴィエリチカ岩塩坑

    ヴィエリチカ岩塩坑

  3. ヴァッハウ渓谷

    ヴァッハウ渓谷

  1. リトミシュル城

    リトミシュル城

  2. リェヴィシャの生神女教会

    リェヴィシャの生神女教会

  3. エヴォラ

    エヴォラ

  1. サンタ・マリア・デ・グアダルーペ王立修道院

    サンタ・マリア・デ・グアダルーペ王立修道院

  2. ピエンツァ

    ピエンツァ

  3. ヴァル・ディ・ノートの後期バロック様式の町々

    ヴァル・ディ・ノートの後期バロック様式の町々

  1. イベリア半島の地中海沿岸の岩絵

    イベリア半島の地中海沿岸の岩絵

  2. アムステルダムの運河

    アムステルダムの運河

  3. ポルトヴェーネレ

    ポルトヴェーネレ

  1. リヴィウ

    リヴィウ

  2. ライン渓谷中流上部

    ライン渓谷中流上部

  3. ラ・ルヴィエールとル・ルーにあるサントル運河の4つのリフトとその周辺 (エノー州)

    ラ・ルヴィエールとル・ルーにあるサントル運河の4つのリフトとその周辺 (エノー州)

  1. サナイン修道院

    サナイン修道院

  2. モンス市スピエンヌの新石器時代の火打石採掘地

    モンス市スピエンヌの新石器時代の火打石採掘地

  3. ライヒェナウ島

    ライヒェナウ島

  1. ラ・ロンハ・デ・ラ・セダ

    ラ・ロンハ・デ・ラ・セダ

  2. ランメルスベルク鉱山、歴史都市ゴスラーとオーバーハルツ水利管理システム

    ランメルスベルク鉱山、歴史都市ゴスラーとオーバーハルツ水利管理システム

  3. ラヴェンナの初期キリスト教建築物群

    ラヴェンナの初期キリスト教建築物群

  1. エディンバラ新市街

    エディンバラ新市街

  2. ヤロスラヴリ

    ヤロスラヴリ

  3. メテオラ

    メテオラ

  1. レーゲンスブルクの旧市街とシュタットアムホーフ

    レーゲンスブルクの旧市街とシュタットアムホーフ

  2. チンクエ・テッレ

    チンクエ・テッレ

  3. メリダ (スペイン)

    メリダ (スペイン)

  1. チレントおよびヴァッロ・ディ・ディアーノ国立公園

    チレントおよびヴァッロ・ディ・ディアーノ国立公園

  2. エンゲルスバーリ製鉄所

    エンゲルスバーリ製鉄所

  3. アマルフィ海岸

    アマルフィ海岸

  1. ミケーネ

    ミケーネ

  2. ランスのノートルダム大聖堂、サン=レミ旧大修道院、トー宮殿

    ランスのノートルダム大聖堂、サン=レミ旧大修道院、トー宮殿

  3. アイアンブリッジ峡谷

    アイアンブリッジ峡谷

  1. トルン

    トルン

  2. ロルシュ修道院

    ロルシュ修道院

  3. ヴァルトブルク城

    ヴァルトブルク城

  1. クレムリン

    クレムリン

  2. サン・ミジャンのユソ修道院とスソ修道院

    サン・ミジャンのユソ修道院とスソ修道院

  3. デルベント

    デルベント

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る