ニュー・ラナーク

ニュー・ラナーク

ニュー・ラナークはスコットランド・サウス・ラナークシャーの都市ラナークから約 2.2 km のところに位置するクライド川沿いの村である。1786年にデヴィッド・デイル(David Dale)が綿紡績工場や工場労働者用の住宅を建設したことを起源とする。デイルがその場所に工場を建てたのは、川の水力をうまく活用するためだった。デイルの娘婿であった博愛主義者で社会改良主義者のロバート・オウエンも名を連ねていた共同所有のもとで、ニュー・ラナークは事業的にも成功を収め、いわゆるユートピア社会主義を体現する存在となった。

ニュー・ラナークの工場は1968年まで操業していた。衰退期を経て、1975年に村の取り壊しを防ぐためにニュー・ラナーク保全トラスト(New Lanark Conservation Trust)が創設された。2006年現在で村の建造物のほとんどが修繕され、村はスコットランドの観光名所となっている。この村はまた、スコットランドに4つある世界遺産のひとつであり、ヨーロッパ産業遺産の道のアンカー・ポイントのひとつである。

概要
ニュー・ラナークはスコットランド・サウス・ラナークシャーの都市ラナークから約 2.2 km のところに位置するクライド川沿いの村である。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. マルボルク城

    マルボルク城

  2. ピエンツァ

    ピエンツァ

  3. アルビの司教都市

    アルビの司教都市

  1. インディアス総合古文書館

    インディアス総合古文書館

  2. 水銀の遺産アルマデンとイドリヤ

    水銀の遺産アルマデンとイドリヤ

  3. サン・パウ病院

    サン・パウ病院

  1. ヤヴォルとシフィドニツァの平和教会群

    ヤヴォルとシフィドニツァの平和教会群

  2. ロワール渓谷

    ロワール渓谷

  3. ユッセ城

    ユッセ城

  1. カサ・ビセンス

    カサ・ビセンス

  2. ヤロスラヴリ

    ヤロスラヴリ

  3. レーティッシュ鉄道アルブラ線・ベルニナ線と周辺の景観

    レーティッシュ鉄道アルブラ線・ベルニナ線と周辺の景観

  1. エディンバラ新市街

    エディンバラ新市街

  2. レユニオン島の尖峰群、圏谷群および絶壁群

    レユニオン島の尖峰群、圏谷群および絶壁群

  3. ヘラクレスの塔

    ヘラクレスの塔

  1. グラーツ

    グラーツ

  2. コインブラ大学

    コインブラ大学

  3. ウベダとバエサのルネサンス様式の記念碑的建造物群

    ウベダとバエサのルネサンス様式の記念碑的建造物群

  1. ラポニア地域

    ラポニア地域

  2. 歴史的城塞都市カルカソンヌ

    歴史的城塞都市カルカソンヌ

  3. モンス市スピエンヌの新石器時代の火打石採掘地

    モンス市スピエンヌの新石器時代の火打石採掘地

  1. ラウマ旧市街

    ラウマ旧市街

  2. トルン

    トルン

  3. グラナダのアルハンブラ、ヘネラリーフェ、アルバイシン

    グラナダのアルハンブラ、ヘネラリーフェ、アルバイシン

  1. アントニヌスの長城

    アントニヌスの長城

  2. ルクセンブルク (都市)

    ルクセンブルク (都市)

  3. リヴィウ

    リヴィウ

  1. レーゲンスブルクの旧市街とシュタットアムホーフ

    レーゲンスブルクの旧市街とシュタットアムホーフ

  2. サナイン修道院

    サナイン修道院

  3. ラス・メドゥラス

    ラス・メドゥラス

  1. メルク修道院

    メルク修道院

  2. シュトラールズント

    シュトラールズント

  3. ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂

    ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂

  1. ラ・ルヴィエールとル・ルーにあるサントル運河の4つのリフトとその周辺 (エノー州)

    ラ・ルヴィエールとル・ルーにあるサントル運河の4つのリフトとその周辺 (エノー州)

  2. ローマ帝国の国境線

    ローマ帝国の国境線

  3. ラヴェンナの初期キリスト教建築物群

    ラヴェンナの初期キリスト教建築物群

  1. エンゲルスバーリ製鉄所

    エンゲルスバーリ製鉄所

  2. ラ・ロンハ・デ・ラ・セダ

    ラ・ロンハ・デ・ラ・セダ

  3. 歴史的城塞都市クエンカ

    歴史的城塞都市クエンカ

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る