ネセバル

ネセバル

ネセバル(ブルガリア語:Несебър、Nesebar)、あるいはネセブルは、ブルガリアの古代都市であり、現在では海岸沿いのリゾート地となっているブルガス州の町、およびそれを中心とした基礎自治体。トラキア語での名称はメネブリア (Menebria)、現代ギリシャ語ではメシンヴリア (Μεσημβρια、Mesimvria)、かつての名称はメセンブリア (Mesembria) である。ネセバルは3千年紀を超える長い歴史に裏付けられた、豊かな都市博物館である。

ネセバルは黒海で最も有名な観光地であり、リゾート地である。ネセバル付近には多くのリゾート拠点があるが、その中で最大のものは町のすぐ北に位置しているサニー・ビーチである。

ネセバルの古代都市は、細長い人工の地峡によって大陸部とつながった半島(かつては完全な島であった)の上に築かれ、その地形ゆえに多くの異なる文明による征服から逃れてきた。その豊富な歴史的建造物の存在により、ネセバルは1983年にUNESCOの世界遺産に登録された。

概要
ネセバル(ブルガリア語:Несебър、Nesebar)、あるいはネセブルは、ブルガリアの古代都市であり、現在では海岸沿いのリゾート地となっているブルガス州の町、およびそれを中心とした基礎自治体。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. ワルシャワ

    ワルシャワ

  2. ラポニア地域

    ラポニア地域

  3. 水銀の遺産アルマデンとイドリヤ

    水銀の遺産アルマデンとイドリヤ

  1. レドニツェとヴァルチツェの文化的景観

    レドニツェとヴァルチツェの文化的景観

  2. ロンドン塔

    ロンドン塔

  3. ラ・ショー=ド=フォンとル・ロックル

    ラ・ショー=ド=フォンとル・ロックル

  1. アテナイのアクロポリス

    アテナイのアクロポリス

  2. ヤロスラヴリ

    ヤロスラヴリ

  3. モンス市スピエンヌの新石器時代の火打石採掘地

    モンス市スピエンヌの新石器時代の火打石採掘地

  1. ラウマ旧市街

    ラウマ旧市街

  2. セビリア大聖堂

    セビリア大聖堂

  3. ラヴォー

    ラヴォー

  1. モルダヴィア北部の壁画教会群

    モルダヴィア北部の壁画教会群

  2. ラヴェンナの初期キリスト教建築物群

    ラヴェンナの初期キリスト教建築物群

  3. セゴビア旧市街と水道橋

    セゴビア旧市街と水道橋

  1. チンクエ・テッレ

    チンクエ・テッレ

  2. デルベント

    デルベント

  3. エディンバラ新市街

    エディンバラ新市街

  1. ポルトヴェーネレ

    ポルトヴェーネレ

  2. サン・パウ病院

    サン・パウ病院

  3. 歴史的城塞都市カルカソンヌ

    歴史的城塞都市カルカソンヌ

  1. エル・エスコリアル修道院

    エル・エスコリアル修道院

  2. アランフエス

    アランフエス

  3. リトミシュル城

    リトミシュル城

  1. グラナダのアルハンブラ、ヘネラリーフェ、アルバイシン

    グラナダのアルハンブラ、ヘネラリーフェ、アルバイシン

  2. オビエド

    オビエド

  3. サンタ・マリア・デ・グアダルーペ王立修道院

    サンタ・マリア・デ・グアダルーペ王立修道院

  1. レーロース

    レーロース

  2. エンゲルスバーリ製鉄所

    エンゲルスバーリ製鉄所

  3. イスタンブルの歴史地区

    イスタンブルの歴史地区

  1. リラ修道院

    リラ修道院

  2. サン・ミジャンのユソ修道院とスソ修道院

    サン・ミジャンのユソ修道院とスソ修道院

  3. ヘラクレスの塔

    ヘラクレスの塔

  1. アルト・ドウロ・ワイン生産地域

    アルト・ドウロ・ワイン生産地域

  2. ラ・ロンハ・デ・ラ・セダ

    ラ・ロンハ・デ・ラ・セダ

  3. ピエンツァ

    ピエンツァ

  1. レーティッシュ鉄道アルブラ線・ベルニナ線と周辺の景観

    レーティッシュ鉄道アルブラ線・ベルニナ線と周辺の景観

  2. リヴィウ

    リヴィウ

  3. イルリサット

    イルリサット

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る