ノヴゴロド

ノヴゴロド

ノヴゴロド(ロシア語: Но́вгород)は、ロシアの北西連邦管区、ノヴゴロド州の州都。人口は216,856人(2002年国勢調査、1989年国勢調査では229,126人)。イリメニ湖とそこから流れ出るヴォルホフ川に沿って位置する。1998年以降、現在の公式名称は大ノヴゴロド(ヴェリーキー・ノヴゴロド Великий Новгород)。ロシア最古の都市であり、中世までノヴゴロド公国として存在していた。1992年に『ノヴゴロドと周辺の文化財』としてユネスコの世界遺産に登録された。

なおニジニ・ノヴゴロドとは別の都市であり、それと区別して本項目の都市を「大ノヴゴロド」(ヴェリーキー・ノヴゴロド、Вели́кий Но́вгород、Veliky Novgorod)とよぶことがある。

概要
ノヴゴロド(ロシア語: Но́вгород)は、ロシアの北西連邦管区、ノヴゴロド州の州都。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. スホクラントとその周辺

    スホクラントとその周辺

  2. 歴史的城塞都市カルカソンヌ

    歴史的城塞都市カルカソンヌ

  3. モン・ペルデュ

    モン・ペルデュ

  1. インディアス総合古文書館

    インディアス総合古文書館

  2. カサ・バトリョ

    カサ・バトリョ

  3. リラ修道院

    リラ修道院

  1. サナイン修道院

    サナイン修道院

  2. 歴史的城塞都市クエンカ

    歴史的城塞都市クエンカ

  3. アルト・ドウロ・ワイン生産地域

    アルト・ドウロ・ワイン生産地域

  1. サン・ミジャンのユソ修道院とスソ修道院

    サン・ミジャンのユソ修道院とスソ修道院

  2. ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂

    ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂

  3. イルリサット

    イルリサット

  1. ラヴォー

    ラヴォー

  2. オビエド

    オビエド

  3. カサ・ビセンス

    カサ・ビセンス

  1. エヴォラ

    エヴォラ

  2. イベリア半島の地中海沿岸の岩絵

    イベリア半島の地中海沿岸の岩絵

  3. アントニ・ガウディの作品群

    アントニ・ガウディの作品群

  1. アラゴンのムデハル様式の建築物

    アラゴンのムデハル様式の建築物

  2. エルチェの椰子園

    エルチェの椰子園

  3. ラ・ルヴィエールとル・ルーにあるサントル運河の4つのリフトとその周辺 (エノー州)

    ラ・ルヴィエールとル・ルーにあるサントル運河の4つのリフトとその周辺 (エノー州)

  1. イナクセシブル島

    イナクセシブル島

  2. クレムリン

    クレムリン

  3. イスタンブルの歴史地区

    イスタンブルの歴史地区

  1. アマルフィ海岸

    アマルフィ海岸

  2. アルハンブラ宮殿

    アルハンブラ宮殿

  3. アングラ・ド・エロイズモ

    アングラ・ド・エロイズモ

  1. ローマ帝国の国境線

    ローマ帝国の国境線

  2. メリダ (スペイン)

    メリダ (スペイン)

  3. ポー川

    ポー川

  1. チンクエ・テッレ

    チンクエ・テッレ

  2. リェヴィシャの生神女教会

    リェヴィシャの生神女教会

  3. ランスのノートルダム大聖堂、サン=レミ旧大修道院、トー宮殿

    ランスのノートルダム大聖堂、サン=レミ旧大修道院、トー宮殿

  1. ロドスの中世都市

    ロドスの中世都市

  2. パルテノン神殿

    パルテノン神殿

  3. アルベロベッロのトゥルッリ

    アルベロベッロのトゥルッリ

  1. ラヴェンナの初期キリスト教建築物群

    ラヴェンナの初期キリスト教建築物群

  2. セゴビア旧市街と水道橋

    セゴビア旧市街と水道橋

  3. レヴォチャ歴史地区、スピシュスキー城及びその関連する文化財

    レヴォチャ歴史地区、スピシュスキー城及びその関連する文化財

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る