アルプス山脈周辺の先史時代の杭上住居群

アルプス山脈周辺の先史時代の杭上住居群

「アルプス山脈周辺の先史時代の杭上住居群」(アルプスさんみゃくしゅうへんのせんしじだいのこうじょうじゅうきょぐん)は、紀元前5000年頃から前500年頃までにアルプス山脈周辺で建設された杭上住居 (pile dwelling / stilt house) の遺跡群を対象とするUNESCOの世界遺産リスト登録物件で、スイス(56件)、イタリア(19件)、ドイツ(18件)、フランス(11件)、オーストリア(5件)、スロベニア(2件)の6か国111件の資産によって構成されている。2012年の第36回世界遺産委員会終了時点では、シュトルーヴェの測地弧(10か国)に次いで多くの国にまたがる世界遺産である。また、2011年に登録されたこの世界遺産は、スロベニアの世界遺産としては初の文化遺産登録となった。

概要
「アルプス山脈周辺の先史時代の杭上住居群」(アルプスさんみゃくしゅうへんのせんしじだいのこうじょうじゅうきょぐん)は、紀元前5000年頃から前500年頃までにアルプス山脈周辺で建設された杭上住居 (pile dwelling / stilt house) の遺跡群を対象とするUNESCOの世界遺産リスト登録物件で、スイス(56件)、イタリア(19件)、ドイツ(18件)、フランス(11件)、オーストリア(5件)、スロベニア(2件)の6か国111件の資産によって構成されている。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. グラナダのアルハンブラ、ヘネラリーフェ、アルバイシン

    グラナダのアルハンブラ、ヘネラリーフェ、アルバイシン

  2. アルビの司教都市

    アルビの司教都市

  3. 赤の広場

    赤の広場

  1. ワルシャワ

    ワルシャワ

  2. ピエンツァ

    ピエンツァ

  3. レドニツェとヴァルチツェの文化的景観

    レドニツェとヴァルチツェの文化的景観

  1. イルリサット

    イルリサット

  2. ポルトヴェーネレ

    ポルトヴェーネレ

  3. モデナ大聖堂

    モデナ大聖堂

  1. ラヴォー

    ラヴォー

  2. ポー川

    ポー川

  3. ゼメリング鉄道

    ゼメリング鉄道

  1. インディアス総合古文書館

    インディアス総合古文書館

  2. エヴォラ

    エヴォラ

  3. ヘラクレスの塔

    ヘラクレスの塔

  1. フェラーラ

    フェラーラ

  2. イスタンブルの歴史地区

    イスタンブルの歴史地区

  3. カサ・バトリョ

    カサ・バトリョ

  1. レヴォチャ歴史地区、スピシュスキー城及びその関連する文化財

    レヴォチャ歴史地区、スピシュスキー城及びその関連する文化財

  2. カサ・ビセンス

    カサ・ビセンス

  3. エル・エスコリアル修道院

    エル・エスコリアル修道院

  1. アントニ・ガウディの作品群

    アントニ・ガウディの作品群

  2. ラ・ロンハ・デ・ラ・セダ

    ラ・ロンハ・デ・ラ・セダ

  3. ヴィエリチカ岩塩坑

    ヴィエリチカ岩塩坑

  1. ヴァッハウ渓谷

    ヴァッハウ渓谷

  2. ユッセ城

    ユッセ城

  3. リガ

    リガ

  1. カタルーニャ音楽堂

    カタルーニャ音楽堂

  2. リトミシュル城

    リトミシュル城

  3. レーゲンスブルクの旧市街とシュタットアムホーフ

    レーゲンスブルクの旧市街とシュタットアムホーフ

  1. レユニオン島の尖峰群、圏谷群および絶壁群

    レユニオン島の尖峰群、圏谷群および絶壁群

  2. モン・サン=ミシェル

    モン・サン=ミシェル

  3. リヨン歴史地区

    リヨン歴史地区

  1. ロドスの中世都市

    ロドスの中世都市

  2. フェラポントフ修道院

    フェラポントフ修道院

  3. サンティアゴ・デ・コンポステーラ

    サンティアゴ・デ・コンポステーラ

  1. モンス市スピエンヌの新石器時代の火打石採掘地

    モンス市スピエンヌの新石器時代の火打石採掘地

  2. リューベック

    リューベック

  3. リング・オブ・ブロッガー

    リング・オブ・ブロッガー

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る