バウハウス

バウハウス

バウハウス(Bauhaus, バオハオスとも)は、1919年、ドイツ・ヴァイマルに設立された、工芸・写真・デザインなどを含む美術と建築に関する総合的な教育を行った学校。また、その流れを汲む合理主義的・機能主義的な芸術を指すこともある。学校として存在し得たのは、ナチスにより1933年に閉校されるまでのわずか14年間であるが、その活動は現代美術に大きな影響を与えた(モダニズム建築、20世紀美術の項を参照)。

バウハウスはドイツ語で「建築の家」を意味する。中世の建築職人組合であるバウヒュッテ (Bauhütte, 建築の小屋) という語をグロピウスが現代風に表現したものである。

概要
バウハウス(Bauhaus, バオハオスとも)は、1919年、ドイツ・ヴァイマルに設立された、工芸・写真・デザインなどを含む美術と建築に関する総合的な教育を行った学校。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. ヴィエリチカ岩塩坑

    ヴィエリチカ岩塩坑

  2. リューベック

    リューベック

  3. サン・ミジャンのユソ修道院とスソ修道院

    サン・ミジャンのユソ修道院とスソ修道院

  1. クレムリン

    クレムリン

  2. アルト・ドウロ・ワイン生産地域

    アルト・ドウロ・ワイン生産地域

  3. リラ修道院

    リラ修道院

  1. モン・ペルデュ

    モン・ペルデュ

  2. オビエド

    オビエド

  3. ルクセンブルク (都市)

    ルクセンブルク (都市)

  1. ゼメリング鉄道

    ゼメリング鉄道

  2. イルリサット

    イルリサット

  3. リヴィウ

    リヴィウ

  1. ラポニア地域

    ラポニア地域

  2. ラヴェンナの初期キリスト教建築物群

    ラヴェンナの初期キリスト教建築物群

  3. デルベント

    デルベント

  1. ランスのノートルダム大聖堂、サン=レミ旧大修道院、トー宮殿

    ランスのノートルダム大聖堂、サン=レミ旧大修道院、トー宮殿

  2. 水銀の遺産アルマデンとイドリヤ

    水銀の遺産アルマデンとイドリヤ

  3. ピエンツァ

    ピエンツァ

  1. ハフパット修道院

    ハフパット修道院

  2. グラーツ

    グラーツ

  3. サナイン修道院

    サナイン修道院

  1. メテオラ

    メテオラ

  2. ワッデン海

    ワッデン海

  3. ロドスの中世都市

    ロドスの中世都市

  1. エルチェの椰子園

    エルチェの椰子園

  2. ロワール渓谷

    ロワール渓谷

  3. ポー川

    ポー川

  1. マルボルク城

    マルボルク城

  2. リング・オブ・ブロッガー

    リング・オブ・ブロッガー

  3. ユッセ城

    ユッセ城

  1. イベリア半島の地中海沿岸の岩絵

    イベリア半島の地中海沿岸の岩絵

  2. サンティアゴ・デ・コンポステーラ

    サンティアゴ・デ・コンポステーラ

  3. パルテノン神殿

    パルテノン神殿

  1. エディンバラ新市街

    エディンバラ新市街

  2. ヘラクレスの塔

    ヘラクレスの塔

  3. モン・サン=ミシェル

    モン・サン=ミシェル

  1. エル・エスコリアル修道院

    エル・エスコリアル修道院

  2. エンゲルスバーリ製鉄所

    エンゲルスバーリ製鉄所

  3. ヴァルトブルク城

    ヴァルトブルク城

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る