バウハウス

バウハウス

バウハウス(Bauhaus, バオハオスとも)は、1919年、ドイツ・ヴァイマルに設立された、工芸・写真・デザインなどを含む美術と建築に関する総合的な教育を行った学校。また、その流れを汲む合理主義的・機能主義的な芸術を指すこともある。学校として存在し得たのは、ナチスにより1933年に閉校されるまでのわずか14年間であるが、その活動は現代美術に大きな影響を与えた(モダニズム建築、20世紀美術の項を参照)。

バウハウスはドイツ語で「建築の家」を意味する。中世の建築職人組合であるバウヒュッテ (Bauhütte, 建築の小屋) という語をグロピウスが現代風に表現したものである。

概要
バウハウス(Bauhaus, バオハオスとも)は、1919年、ドイツ・ヴァイマルに設立された、工芸・写真・デザインなどを含む美術と建築に関する総合的な教育を行った学校。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. ロスキレ大聖堂

    ロスキレ大聖堂

  2. リューベック

    リューベック

  3. チレントおよびヴァッロ・ディ・ディアーノ国立公園

    チレントおよびヴァッロ・ディ・ディアーノ国立公園

  1. アムステルダムの運河

    アムステルダムの運河

  2. サナイン修道院

    サナイン修道院

  3. ロルシュ修道院

    ロルシュ修道院

  1. アテナイのアクロポリス

    アテナイのアクロポリス

  2. デルベント

    デルベント

  3. イルリサット

    イルリサット

  1. 赤の広場

    赤の広場

  2. チンクエ・テッレ

    チンクエ・テッレ

  3. ラ・ルヴィエールとル・ルーにあるサントル運河の4つのリフトとその周辺 (エノー州)

    ラ・ルヴィエールとル・ルーにあるサントル運河の4つのリフトとその周辺 (エノー州)

  1. ロドスの中世都市

    ロドスの中世都市

  2. インディアス総合古文書館

    インディアス総合古文書館

  3. エンゲルスバーリ製鉄所

    エンゲルスバーリ製鉄所

  1. エヴォラ

    エヴォラ

  2. ワルシャワ

    ワルシャワ

  3. アングラ・ド・エロイズモ

    アングラ・ド・エロイズモ

  1. ラ・ショー=ド=フォンとル・ロックル

    ラ・ショー=ド=フォンとル・ロックル

  2. リラ修道院

    リラ修道院

  3. ザモシチ

    ザモシチ

  1. リェヴィシャの生神女教会

    リェヴィシャの生神女教会

  2. セゴビア旧市街と水道橋

    セゴビア旧市街と水道橋

  3. レヴォチャ歴史地区、スピシュスキー城及びその関連する文化財

    レヴォチャ歴史地区、スピシュスキー城及びその関連する文化財

  1. クレムリン

    クレムリン

  2. エディンバラ新市街

    エディンバラ新市街

  3. ウベダとバエサのルネサンス様式の記念碑的建造物群

    ウベダとバエサのルネサンス様式の記念碑的建造物群

  1. パルテノン神殿

    パルテノン神殿

  2. メリダ (スペイン)

    メリダ (スペイン)

  3. アランフエス

    アランフエス

  1. シュトラールズント

    シュトラールズント

  2. セビリア大聖堂

    セビリア大聖堂

  3. ラヴェンナの初期キリスト教建築物群

    ラヴェンナの初期キリスト教建築物群

  1. 聖マーティン教会

    聖マーティン教会

  2. ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂

    ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂

  3. レーティッシュ鉄道アルブラ線・ベルニナ線と周辺の景観

    レーティッシュ鉄道アルブラ線・ベルニナ線と周辺の景観

  1. ラス・メドゥラス

    ラス・メドゥラス

  2. グラーツ

    グラーツ

  3. リトミシュル城

    リトミシュル城

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る