バレッタ

バレッタ

バレッタ(Valletta)は、マルタ共和国の首都。ヴァレッタとも表記される。マルタ語ではイル・ベルト(Il-Belt 「都市」の意味)と呼ばれる。人口6,300人(2005年11月現在)。マルタ島東部に位置し、港を見下ろすシベラスの丘の上にある。ホスピタル騎士団(Knights Hospitaller)の時代以降の多くの建造物が残る。一部の地域では、バロック建築・マニエリスム建築・近代建築・新古典主義建築など多様な要素も見られる。第二次世界大戦では戦禍に巻き込まれ、多くの歴史的建造物が被害を受けた。1980年、ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録された。

概要
バレッタ(Valletta)は、マルタ共和国の首都。ヴァレッタとも表記される。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. 赤の広場

    赤の広場

  2. リヨン歴史地区

    リヨン歴史地区

  3. アマルフィ海岸

    アマルフィ海岸

  1. ライヒェナウ島

    ライヒェナウ島

  2. レドニツェとヴァルチツェの文化的景観

    レドニツェとヴァルチツェの文化的景観

  3. ヴァッハウ渓谷

    ヴァッハウ渓谷

  1. 歴史的城塞都市クエンカ

    歴史的城塞都市クエンカ

  2. インディアス総合古文書館

    インディアス総合古文書館

  3. アントニヌスの長城

    アントニヌスの長城

  1. ルクセンブルク (都市)

    ルクセンブルク (都市)

  2. セゴビア旧市街と水道橋

    セゴビア旧市街と水道橋

  3. リング・オブ・ブロッガー

    リング・オブ・ブロッガー

  1. アイアンブリッジ峡谷

    アイアンブリッジ峡谷

  2. アムステルダムの運河

    アムステルダムの運河

  3. ラ・ロンハ・デ・ラ・セダ

    ラ・ロンハ・デ・ラ・セダ

  1. カサ・バトリョ

    カサ・バトリョ

  2. モンス市スピエンヌの新石器時代の火打石採掘地

    モンス市スピエンヌの新石器時代の火打石採掘地

  3. リガ

    リガ

  1. アラゴンのムデハル様式の建築物

    アラゴンのムデハル様式の建築物

  2. レーゲンスブルクの旧市街とシュタットアムホーフ

    レーゲンスブルクの旧市街とシュタットアムホーフ

  3. アルベロベッロのトゥルッリ

    アルベロベッロのトゥルッリ

  1. シュトラールズント

    シュトラールズント

  2. レーティッシュ鉄道アルブラ線・ベルニナ線と周辺の景観

    レーティッシュ鉄道アルブラ線・ベルニナ線と周辺の景観

  3. レヴォチャ歴史地区、スピシュスキー城及びその関連する文化財

    レヴォチャ歴史地区、スピシュスキー城及びその関連する文化財

  1. チンクエ・テッレ

    チンクエ・テッレ

  2. エヴォラ

    エヴォラ

  3. カサ・ビセンス

    カサ・ビセンス

  1. トルン

    トルン

  2. メテオラ

    メテオラ

  3. マルボルク城

    マルボルク城

  1. パルテノン神殿

    パルテノン神殿

  2. ロワール渓谷

    ロワール渓谷

  3. リェヴィシャの生神女教会

    リェヴィシャの生神女教会

  1. ラ・ルヴィエールとル・ルーにあるサントル運河の4つのリフトとその周辺 (エノー州)

    ラ・ルヴィエールとル・ルーにあるサントル運河の4つのリフトとその周辺 (エノー州)

  2. モン・サン=ミシェル

    モン・サン=ミシェル

  3. デルベント

    デルベント

  1. ヴァル・ドルチャ

    ヴァル・ドルチャ

  2. ロドスの中世都市

    ロドスの中世都市

  3. ライン渓谷中流上部

    ライン渓谷中流上部

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る