アルルのローマ遺跡とロマネスク様式建造物群

アルルのローマ遺跡とロマネスク様式建造物群

「アルルのローマ遺跡とロマネスク様式建造物群」は、フランス・プロヴァンス地方にあるユネスコ世界遺産のひとつ。

アルルは、古代ローマ時代にはプロヴァンス屈指の大都市として繁栄した時期があり、市内の随所に当時の遺跡がある。また、中世にはサンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路のうち、南仏を通るトゥールーズの道の始点になっていたことから、巡礼者たちで賑わった。世界遺産に登録されたのは、これらの時代をしのばせる古代ローマ時代の遺跡・遺構7件とロマネスク期の教会が1件である。また、これらは世界遺産「フランスのサンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路」の一部として、重複して登録されている。

なお、当初の登録名は “Roman and Romanesque Monuments of Arles” だったが、2006年に “Arles, Roman and Romanesque Monuments” に変更された。

概要
「アルルのローマ遺跡とロマネスク様式建造物群」は、フランス・プロヴァンス地方にあるユネスコ世界遺産のひとつ。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. ラウマ旧市街

    ラウマ旧市街

  2. ラ・ショー=ド=フォンとル・ロックル

    ラ・ショー=ド=フォンとル・ロックル

  3. 聖マーティン教会

    聖マーティン教会

  1. リメス

    リメス

  2. チレントおよびヴァッロ・ディ・ディアーノ国立公園

    チレントおよびヴァッロ・ディ・ディアーノ国立公園

  3. マルボルク城

    マルボルク城

  1. リラ修道院

    リラ修道院

  2. ランスのノートルダム大聖堂、サン=レミ旧大修道院、トー宮殿

    ランスのノートルダム大聖堂、サン=レミ旧大修道院、トー宮殿

  3. レーロース

    レーロース

  1. オビエド

    オビエド

  2. グラナダのアルハンブラ、ヘネラリーフェ、アルバイシン

    グラナダのアルハンブラ、ヘネラリーフェ、アルバイシン

  3. ヴァッハウ渓谷

    ヴァッハウ渓谷

  1. ローマ帝国の国境線

    ローマ帝国の国境線

  2. ラヴォー

    ラヴォー

  3. インディアス総合古文書館

    インディアス総合古文書館

  1. モンス市スピエンヌの新石器時代の火打石採掘地

    モンス市スピエンヌの新石器時代の火打石採掘地

  2. アランフエス

    アランフエス

  3. アルハンブラ宮殿

    アルハンブラ宮殿

  1. エディンバラ新市街

    エディンバラ新市街

  2. アマルフィ海岸

    アマルフィ海岸

  3. ヴィエリチカ岩塩坑

    ヴィエリチカ岩塩坑

  1. アングラ・ド・エロイズモ

    アングラ・ド・エロイズモ

  2. アントニヌスの長城

    アントニヌスの長城

  3. サンティアゴ・デ・コンポステーラ

    サンティアゴ・デ・コンポステーラ

  1. ウベダとバエサのルネサンス様式の記念碑的建造物群

    ウベダとバエサのルネサンス様式の記念碑的建造物群

  2. ランメルスベルク鉱山、歴史都市ゴスラーとオーバーハルツ水利管理システム

    ランメルスベルク鉱山、歴史都市ゴスラーとオーバーハルツ水利管理システム

  3. リガ

    リガ

  1. サナイン修道院

    サナイン修道院

  2. クレムリン

    クレムリン

  3. リング・オブ・ブロッガー

    リング・オブ・ブロッガー

  1. ポー川

    ポー川

  2. フェラポントフ修道院

    フェラポントフ修道院

  3. ライヒェナウ島

    ライヒェナウ島

  1. ワルシャワ

    ワルシャワ

  2. ロンドン塔

    ロンドン塔

  3. ルーゴ (スペイン)

    ルーゴ (スペイン)

  1. リトミシュル城

    リトミシュル城

  2. セゴビア旧市街と水道橋

    セゴビア旧市街と水道橋

  3. アルト・ドウロ・ワイン生産地域

    アルト・ドウロ・ワイン生産地域

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る