ファグス工場

ファグス工場

ファグス工場(ドイツ語: Fagus-Werk, ファグスこうじょう)ないしファグス靴型工場(ファグスくつがたこうじょう)は、ドイツのニーダーザクセン州アルフェルトにある製靴用の靴型工場で、初期モダニズム建築の重要な例証として2011年にUNESCOの世界遺産リストに登録された。この工場はオーナーのカール・ベンシャイト (Karl Benscheidt) が、自らの企業が過去から断絶することを表現するためにラディカルな建築物を望んで発注したもので、ヴァルター・グロピウスとアドルフ・マイヤーによって設計された。この工場は1911年から1913年にかけて建てられ、増築や内装は1925年に最終的な完成をみた。

世界遺産になっているが、現在でも靴型工場として稼動している。現在の社名はファグス=グレコン・グレテン社 (Fagus-Grecon Greten GmbH & Co.KG) で、かつては木製の靴型のみだったが、現在ではプラスチック製の方が多く生産されている。

概要
ファグス工場(ドイツ語: Fagus-Werk, ファグスこうじょう)ないしファグス靴型工場(ファグスくつがたこうじょう)は、ドイツのニーダーザクセン州アルフェルトにある製靴用の靴型工場で、初期モダニズム建築の重要な例証として2011年にUNESCOの世界遺産リストに登録された。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. ライン渓谷中流上部

    ライン渓谷中流上部

  2. モデナ大聖堂

    モデナ大聖堂

  3. サンティアゴ・デ・コンポステーラ

    サンティアゴ・デ・コンポステーラ

  1. エディンバラ新市街

    エディンバラ新市街

  2. 水銀の遺産アルマデンとイドリヤ

    水銀の遺産アルマデンとイドリヤ

  3. ヴァルトブルク城

    ヴァルトブルク城

  1. ラ・ロンハ・デ・ラ・セダ

    ラ・ロンハ・デ・ラ・セダ

  2. レーゲンスブルクの旧市街とシュタットアムホーフ

    レーゲンスブルクの旧市街とシュタットアムホーフ

  3. ポルトヴェーネレ

    ポルトヴェーネレ

  1. チンクエ・テッレ

    チンクエ・テッレ

  2. デルベント

    デルベント

  3. ラヴォー

    ラヴォー

  1. ポー川

    ポー川

  2. リェヴィシャの生神女教会

    リェヴィシャの生神女教会

  3. スホクラントとその周辺

    スホクラントとその周辺

  1. アランフエス

    アランフエス

  2. モンス市スピエンヌの新石器時代の火打石採掘地

    モンス市スピエンヌの新石器時代の火打石採掘地

  3. アルビの司教都市

    アルビの司教都市

  1. ロワール渓谷

    ロワール渓谷

  2. リング・オブ・ブロッガー

    リング・オブ・ブロッガー

  3. ロスキレ大聖堂

    ロスキレ大聖堂

  1. 歴史的城塞都市クエンカ

    歴史的城塞都市クエンカ

  2. セゴビア旧市街と水道橋

    セゴビア旧市街と水道橋

  3. イスタンブルの歴史地区

    イスタンブルの歴史地区

  1. モルダヴィア北部の壁画教会群

    モルダヴィア北部の壁画教会群

  2. シュトラールズント

    シュトラールズント

  3. リヨン歴史地区

    リヨン歴史地区

  1. ヴァル・ドルチャ

    ヴァル・ドルチャ

  2. ヴァル・ディ・ノートの後期バロック様式の町々

    ヴァル・ディ・ノートの後期バロック様式の町々

  3. ランメルスベルク鉱山、歴史都市ゴスラーとオーバーハルツ水利管理システム

    ランメルスベルク鉱山、歴史都市ゴスラーとオーバーハルツ水利管理システム

  1. ローマ帝国の国境線

    ローマ帝国の国境線

  2. サン・ミジャンのユソ修道院とスソ修道院

    サン・ミジャンのユソ修道院とスソ修道院

  3. サナイン修道院

    サナイン修道院

  1. ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂

    ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂

  2. 聖オーガスティン修道院

    聖オーガスティン修道院

  3. カタルーニャ音楽堂

    カタルーニャ音楽堂

  1. ラウマ旧市街

    ラウマ旧市街

  2. アングラ・ド・エロイズモ

    アングラ・ド・エロイズモ

  3. イベリア半島の地中海沿岸の岩絵

    イベリア半島の地中海沿岸の岩絵

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る