ブコビナ・ダルマチア府主教の邸宅

ブコビナ・ダルマチア府主教の邸宅

ブコビナ・ダルマチア府主教の邸宅(ブコビナ・ダルマチアふしゅきょうのていたく)はウクライナのチェルニウツィーに残る建造物群で、ブコビナがオーストリア帝国に属していた1864年から1882年にかけて、チェコ人の建築家ヨセフ・フラヴカ(英語版)(1831年 – 1908年)の設計で建てられた。建造物群はかつてのブコビナ府主教たちの住居や聖堂・修道院・庭園などからなり、現在はチェルニウツィー大学(英語版)の校舎の一部として利用されている。ハプスブルク君主国が宗教寛容政策を採っていた時期に栄えた東方正教会の影響力の大きさを伝えるとともに、様々な時代の建築様式が素晴らしい形で融合した歴史主義建築の傑作であることから、2011年にUNESCOの世界遺産リストに登録された。

概要
ブコビナ・ダルマチア府主教の邸宅(ブコビナ・ダルマチアふしゅきょうのていたく)はウクライナのチェルニウツィーに残る建造物群で、ブコビナがオーストリア帝国に属していた1864年から1882年にかけて、チェコ人の建築家ヨセフ・フラヴカ(英語版)(1831年 – 1908年)の設計で建てられた。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. フェラポントフ修道院

    フェラポントフ修道院

  2. ヴァルトブルク城

    ヴァルトブルク城

  3. モン・サン=ミシェル

    モン・サン=ミシェル

  1. ローマ帝国の国境線

    ローマ帝国の国境線

  2. ヴァッハウ渓谷

    ヴァッハウ渓谷

  3. ヤロスラヴリ

    ヤロスラヴリ

  1. ゼメリング鉄道

    ゼメリング鉄道

  2. リガ

    リガ

  3. ライン渓谷中流上部

    ライン渓谷中流上部

  1. インディアス総合古文書館

    インディアス総合古文書館

  2. ロワール渓谷

    ロワール渓谷

  3. ライヒェナウ島

    ライヒェナウ島

  1. ラ・ロンハ・デ・ラ・セダ

    ラ・ロンハ・デ・ラ・セダ

  2. ヴァル・ドルチャ

    ヴァル・ドルチャ

  3. ワルシャワ

    ワルシャワ

  1. リトミシュル城

    リトミシュル城

  2. ラポニア地域

    ラポニア地域

  3. ポルトヴェーネレ

    ポルトヴェーネレ

  1. レユニオン島の尖峰群、圏谷群および絶壁群

    レユニオン島の尖峰群、圏谷群および絶壁群

  2. イナクセシブル島

    イナクセシブル島

  3. カサ・ビセンス

    カサ・ビセンス

  1. ピエンツァ

    ピエンツァ

  2. レヴォチャ歴史地区、スピシュスキー城及びその関連する文化財

    レヴォチャ歴史地区、スピシュスキー城及びその関連する文化財

  3. ザモシチ

    ザモシチ

  1. ヴィエリチカ岩塩坑

    ヴィエリチカ岩塩坑

  2. エヴォラ

    エヴォラ

  3. 聖オーガスティン修道院

    聖オーガスティン修道院

  1. モデナ大聖堂

    モデナ大聖堂

  2. アルハンブラ宮殿

    アルハンブラ宮殿

  3. 歴史的城塞都市クエンカ

    歴史的城塞都市クエンカ

  1. アントニヌスの長城

    アントニヌスの長城

  2. オビエド

    オビエド

  3. リラ修道院

    リラ修道院

  1. アマルフィ海岸

    アマルフィ海岸

  2. マルボルク城

    マルボルク城

  3. セゴビア旧市街と水道橋

    セゴビア旧市街と水道橋

  1. サンティアゴ・デ・コンポステーラ

    サンティアゴ・デ・コンポステーラ

  2. リェヴィシャの生神女教会

    リェヴィシャの生神女教会

  3. セビリア大聖堂

    セビリア大聖堂

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る