ブコビナ・ダルマチア府主教の邸宅

ブコビナ・ダルマチア府主教の邸宅

ブコビナ・ダルマチア府主教の邸宅(ブコビナ・ダルマチアふしゅきょうのていたく)はウクライナのチェルニウツィーに残る建造物群で、ブコビナがオーストリア帝国に属していた1864年から1882年にかけて、チェコ人の建築家ヨセフ・フラヴカ(英語版)(1831年 – 1908年)の設計で建てられた。建造物群はかつてのブコビナ府主教たちの住居や聖堂・修道院・庭園などからなり、現在はチェルニウツィー大学(英語版)の校舎の一部として利用されている。ハプスブルク君主国が宗教寛容政策を採っていた時期に栄えた東方正教会の影響力の大きさを伝えるとともに、様々な時代の建築様式が素晴らしい形で融合した歴史主義建築の傑作であることから、2011年にUNESCOの世界遺産リストに登録された。

概要
ブコビナ・ダルマチア府主教の邸宅(ブコビナ・ダルマチアふしゅきょうのていたく)はウクライナのチェルニウツィーに残る建造物群で、ブコビナがオーストリア帝国に属していた1864年から1882年にかけて、チェコ人の建築家ヨセフ・フラヴカ(英語版)(1831年 – 1908年)の設計で建てられた。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. ワッデン海

    ワッデン海

  2. 歴史的城塞都市クエンカ

    歴史的城塞都市クエンカ

  3. 赤の広場

    赤の広場

  1. オビエド

    オビエド

  2. ヴァル・ドルチャ

    ヴァル・ドルチャ

  3. アントニ・ガウディの作品群

    アントニ・ガウディの作品群

  1. モン・ペルデュ

    モン・ペルデュ

  2. モデナ大聖堂

    モデナ大聖堂

  3. ロスキレ大聖堂

    ロスキレ大聖堂

  1. ポルトヴェーネレ

    ポルトヴェーネレ

  2. 聖マーティン教会

    聖マーティン教会

  3. ヤロスラヴリ

    ヤロスラヴリ

  1. モンス市スピエンヌの新石器時代の火打石採掘地

    モンス市スピエンヌの新石器時代の火打石採掘地

  2. コインブラ大学

    コインブラ大学

  3. アルハンブラ宮殿

    アルハンブラ宮殿

  1. リラ修道院

    リラ修道院

  2. モルダヴィア北部の壁画教会群

    モルダヴィア北部の壁画教会群

  3. エルチェの椰子園

    エルチェの椰子園

  1. ゼメリング鉄道

    ゼメリング鉄道

  2. ローマ帝国の国境線

    ローマ帝国の国境線

  3. アムステルダムの運河

    アムステルダムの運河

  1. ヘラクレスの塔

    ヘラクレスの塔

  2. ヴァル・ディ・ノートの後期バロック様式の町々

    ヴァル・ディ・ノートの後期バロック様式の町々

  3. マルボルク城

    マルボルク城

  1. ピエンツァ

    ピエンツァ

  2. レユニオン島の尖峰群、圏谷群および絶壁群

    レユニオン島の尖峰群、圏谷群および絶壁群

  3. リメス

    リメス

  1. グラーツ

    グラーツ

  2. フェラーラ

    フェラーラ

  3. メテオラ

    メテオラ

  1. ヴィエリチカ岩塩坑

    ヴィエリチカ岩塩坑

  2. チンクエ・テッレ

    チンクエ・テッレ

  3. リューベック

    リューベック

  1. ランメルスベルク鉱山、歴史都市ゴスラーとオーバーハルツ水利管理システム

    ランメルスベルク鉱山、歴史都市ゴスラーとオーバーハルツ水利管理システム

  2. カサ・バトリョ

    カサ・バトリョ

  3. ラヴォー

    ラヴォー

  1. ランスのノートルダム大聖堂、サン=レミ旧大修道院、トー宮殿

    ランスのノートルダム大聖堂、サン=レミ旧大修道院、トー宮殿

  2. レーゲンスブルクの旧市街とシュタットアムホーフ

    レーゲンスブルクの旧市街とシュタットアムホーフ

  3. セゴビア旧市街と水道橋

    セゴビア旧市街と水道橋

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る