ブコビナ・ダルマチア府主教の邸宅

ブコビナ・ダルマチア府主教の邸宅

ブコビナ・ダルマチア府主教の邸宅(ブコビナ・ダルマチアふしゅきょうのていたく)はウクライナのチェルニウツィーに残る建造物群で、ブコビナがオーストリア帝国に属していた1864年から1882年にかけて、チェコ人の建築家ヨセフ・フラヴカ(英語版)(1831年 – 1908年)の設計で建てられた。建造物群はかつてのブコビナ府主教たちの住居や聖堂・修道院・庭園などからなり、現在はチェルニウツィー大学(英語版)の校舎の一部として利用されている。ハプスブルク君主国が宗教寛容政策を採っていた時期に栄えた東方正教会の影響力の大きさを伝えるとともに、様々な時代の建築様式が素晴らしい形で融合した歴史主義建築の傑作であることから、2011年にUNESCOの世界遺産リストに登録された。

概要
ブコビナ・ダルマチア府主教の邸宅(ブコビナ・ダルマチアふしゅきょうのていたく)はウクライナのチェルニウツィーに残る建造物群で、ブコビナがオーストリア帝国に属していた1864年から1882年にかけて、チェコ人の建築家ヨセフ・フラヴカ(英語版)(1831年 – 1908年)の設計で建てられた。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. アランフエス

    アランフエス

  2. デルベント

    デルベント

  3. イナクセシブル島

    イナクセシブル島

  1. ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂

    ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂

  2. グラーツ

    グラーツ

  3. イスタンブルの歴史地区

    イスタンブルの歴史地区

  1. スホクラントとその周辺

    スホクラントとその周辺

  2. リェヴィシャの生神女教会

    リェヴィシャの生神女教会

  3. ランメルスベルク鉱山、歴史都市ゴスラーとオーバーハルツ水利管理システム

    ランメルスベルク鉱山、歴史都市ゴスラーとオーバーハルツ水利管理システム

  1. アルト・ドウロ・ワイン生産地域

    アルト・ドウロ・ワイン生産地域

  2. アングラ・ド・エロイズモ

    アングラ・ド・エロイズモ

  3. ラ・ルヴィエールとル・ルーにあるサントル運河の4つのリフトとその周辺 (エノー州)

    ラ・ルヴィエールとル・ルーにあるサントル運河の4つのリフトとその周辺 (エノー州)

  1. ヴィエリチカ岩塩坑

    ヴィエリチカ岩塩坑

  2. クレムリン

    クレムリン

  3. ワッデン海

    ワッデン海

  1. ヘラクレスの塔

    ヘラクレスの塔

  2. リラ修道院

    リラ修道院

  3. ヴァルトブルク城

    ヴァルトブルク城

  1. アラゴンのムデハル様式の建築物

    アラゴンのムデハル様式の建築物

  2. アルビの司教都市

    アルビの司教都市

  3. ラヴェンナの初期キリスト教建築物群

    ラヴェンナの初期キリスト教建築物群

  1. ピエンツァ

    ピエンツァ

  2. アテナイのアクロポリス

    アテナイのアクロポリス

  3. フェラポントフ修道院

    フェラポントフ修道院

  1. 聖マーティン教会

    聖マーティン教会

  2. サナイン修道院

    サナイン修道院

  3. ラ・ロンハ・デ・ラ・セダ

    ラ・ロンハ・デ・ラ・セダ

  1. ライヒェナウ島

    ライヒェナウ島

  2. エヴォラ

    エヴォラ

  3. レーロース

    レーロース

  1. シュトラールズント

    シュトラールズント

  2. ヤヴォルとシフィドニツァの平和教会群

    ヤヴォルとシフィドニツァの平和教会群

  3. ルクセンブルク (都市)

    ルクセンブルク (都市)

  1. エディンバラ新市街

    エディンバラ新市街

  2. モンス市スピエンヌの新石器時代の火打石採掘地

    モンス市スピエンヌの新石器時代の火打石採掘地

  3. リスボンのジェロニモス修道院とベレンの塔

    リスボンのジェロニモス修道院とベレンの塔

  1. レユニオン島の尖峰群、圏谷群および絶壁群

    レユニオン島の尖峰群、圏谷群および絶壁群

  2. メルク修道院

    メルク修道院

  3. アムステルダムの運河

    アムステルダムの運河

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る