フランドル地方のベギン会修道院群

フランドル地方のベギン会修道院群

フランドル地方のベギン会修道院群は、ベルギーにあるユネスコの世界遺産の物件名。オランダやベルギーに残るベギン会修道院のうち、フランドル地方の計13件がまとめて登録された。

ベギン会は北西ヨーロッパの自律的な女子修道会であり、その修道院は、一般には木々に囲まれた中に立てられていた。その建物には生活や信仰に関わるものだけでなく、共同体で使われる作業場も含まれた複合的なものであった。

世界遺産の登録に当たっては、ベギン会が中世の北西ヨーロッパで成立した女子のみの修道会という珍しい存在であること、そしてその修道院はベギン会の思想や文化を体現するものであるとともに、当時の都市計画や建築文化とも結びつきが深いことなどが評価された。

概要
フランドル地方のベギン会修道院群は、ベルギーにあるユネスコの世界遺産の物件名。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. ローマ帝国の国境線

    ローマ帝国の国境線

  2. ポー川

    ポー川

  3. アムステルダムの運河

    アムステルダムの運河

  1. カサ・ビセンス

    カサ・ビセンス

  2. スホクラントとその周辺

    スホクラントとその周辺

  3. ロスキレ大聖堂

    ロスキレ大聖堂

  1. リトミシュル城

    リトミシュル城

  2. シュトラールズント

    シュトラールズント

  3. ライヒェナウ島

    ライヒェナウ島

  1. アルハンブラ宮殿

    アルハンブラ宮殿

  2. エヴォラ

    エヴォラ

  3. ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂

    ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂

  1. ワルシャワ

    ワルシャワ

  2. 歴史的城塞都市クエンカ

    歴史的城塞都市クエンカ

  3. リェヴィシャの生神女教会

    リェヴィシャの生神女教会

  1. ヴァル・ディ・ノートの後期バロック様式の町々

    ヴァル・ディ・ノートの後期バロック様式の町々

  2. ルーゴ (スペイン)

    ルーゴ (スペイン)

  3. ウベダとバエサのルネサンス様式の記念碑的建造物群

    ウベダとバエサのルネサンス様式の記念碑的建造物群

  1. ヘラクレスの塔

    ヘラクレスの塔

  2. ピエンツァ

    ピエンツァ

  3. モンス市スピエンヌの新石器時代の火打石採掘地

    モンス市スピエンヌの新石器時代の火打石採掘地

  1. アントニ・ガウディの作品群

    アントニ・ガウディの作品群

  2. ハフパット修道院

    ハフパット修道院

  3. 聖オーガスティン修道院

    聖オーガスティン修道院

  1. トルン

    トルン

  2. リヴィウ

    リヴィウ

  3. クレムリン

    クレムリン

  1. ポルトヴェーネレ

    ポルトヴェーネレ

  2. メテオラ

    メテオラ

  3. アルビの司教都市

    アルビの司教都市

  1. リガ

    リガ

  2. 水銀の遺産アルマデンとイドリヤ

    水銀の遺産アルマデンとイドリヤ

  3. エンゲルスバーリ製鉄所

    エンゲルスバーリ製鉄所

  1. モン・サン=ミシェル

    モン・サン=ミシェル

  2. ラポニア地域

    ラポニア地域

  3. レヴォチャ歴史地区、スピシュスキー城及びその関連する文化財

    レヴォチャ歴史地区、スピシュスキー城及びその関連する文化財

  1. サンティアゴ・デ・コンポステーラ

    サンティアゴ・デ・コンポステーラ

  2. レドニツェとヴァルチツェの文化的景観

    レドニツェとヴァルチツェの文化的景観

  3. ラ・ロンハ・デ・ラ・セダ

    ラ・ロンハ・デ・ラ・セダ

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る