ブリッゲン

ブリッゲン

ブリッゲン(Bryggen)とは、ノルウェー王国ベルゲン旧市街の倉庫群。ブリッゲン(日本語ではブリュッゲンとも表記)はノルウェー語で埠頭という意味で、ハンザ同盟時代ドイツ人街だった地区に、カラフルで奥行の深い木造倉庫がならんでいる。建物は伝統的な技法で修復されており、現在も商店やレストラン、ミュージアムとして使用されている。1979年に世界遺産として登録された。

ブリッゲンを擁するベルゲン市は1070年の創設。1360年にはハンザ同盟のオフィスがおかれた。町は重要なトレードセンターとして開発され、ドックが整備された。ドックを管理する建物は各地からの職員、とりわけドイツ人をうけいれた。倉庫は物資、とくに北方ノルウェーからの魚とヨーロッパからの穀物で満たされた。ベルゲンはいくたびもの火災にみまわれ、ドック脇の倉庫や管理のための建物などは焼け落ちたが、いくつかの貯蔵庫の石材は15世紀にまでさかのぼることができる。

概要
ブリッゲン(Bryggen)とは、ノルウェー王国ベルゲン旧市街の倉庫群。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. アントニ・ガウディの作品群

    アントニ・ガウディの作品群

  2. ワッデン海

    ワッデン海

  3. ラ・ルヴィエールとル・ルーにあるサントル運河の4つのリフトとその周辺 (エノー州)

    ラ・ルヴィエールとル・ルーにあるサントル運河の4つのリフトとその周辺 (エノー州)

  1. ルーゴ (スペイン)

    ルーゴ (スペイン)

  2. ハフパット修道院

    ハフパット修道院

  3. メルク修道院

    メルク修道院

  1. サン・パウ病院

    サン・パウ病院

  2. リヴィウ

    リヴィウ

  3. アテナイのアクロポリス

    アテナイのアクロポリス

  1. ヤヴォルとシフィドニツァの平和教会群

    ヤヴォルとシフィドニツァの平和教会群

  2. ライヒェナウ島

    ライヒェナウ島

  3. イスタンブルの歴史地区

    イスタンブルの歴史地区

  1. モンス市スピエンヌの新石器時代の火打石採掘地

    モンス市スピエンヌの新石器時代の火打石採掘地

  2. アムステルダムの運河

    アムステルダムの運河

  3. デルベント

    デルベント

  1. イナクセシブル島

    イナクセシブル島

  2. 歴史的城塞都市クエンカ

    歴史的城塞都市クエンカ

  3. リング・オブ・ブロッガー

    リング・オブ・ブロッガー

  1. ミケーネ

    ミケーネ

  2. マルボルク城

    マルボルク城

  3. カサ・バトリョ

    カサ・バトリョ

  1. エルチェの椰子園

    エルチェの椰子園

  2. レヴォチャ歴史地区、スピシュスキー城及びその関連する文化財

    レヴォチャ歴史地区、スピシュスキー城及びその関連する文化財

  3. ラス・メドゥラス

    ラス・メドゥラス

  1. ライン渓谷中流上部

    ライン渓谷中流上部

  2. ローマ帝国の国境線

    ローマ帝国の国境線

  3. ランメルスベルク鉱山、歴史都市ゴスラーとオーバーハルツ水利管理システム

    ランメルスベルク鉱山、歴史都市ゴスラーとオーバーハルツ水利管理システム

  1. フェラポントフ修道院

    フェラポントフ修道院

  2. リスボンのジェロニモス修道院とベレンの塔

    リスボンのジェロニモス修道院とベレンの塔

  3. シュトラールズント

    シュトラールズント

  1. ロスキレ大聖堂

    ロスキレ大聖堂

  2. レドニツェとヴァルチツェの文化的景観

    レドニツェとヴァルチツェの文化的景観

  3. エル・エスコリアル修道院

    エル・エスコリアル修道院

  1. アルハンブラ宮殿

    アルハンブラ宮殿

  2. メテオラ

    メテオラ

  3. ピエンツァ

    ピエンツァ

  1. アルビの司教都市

    アルビの司教都市

  2. グラナダのアルハンブラ、ヘネラリーフェ、アルバイシン

    グラナダのアルハンブラ、ヘネラリーフェ、アルバイシン

  3. カタルーニャ音楽堂

    カタルーニャ音楽堂

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る