ブリッゲン

ブリッゲン

ブリッゲン(Bryggen)とは、ノルウェー王国ベルゲン旧市街の倉庫群。ブリッゲン(日本語ではブリュッゲンとも表記)はノルウェー語で埠頭という意味で、ハンザ同盟時代ドイツ人街だった地区に、カラフルで奥行の深い木造倉庫がならんでいる。建物は伝統的な技法で修復されており、現在も商店やレストラン、ミュージアムとして使用されている。1979年に世界遺産として登録された。

ブリッゲンを擁するベルゲン市は1070年の創設。1360年にはハンザ同盟のオフィスがおかれた。町は重要なトレードセンターとして開発され、ドックが整備された。ドックを管理する建物は各地からの職員、とりわけドイツ人をうけいれた。倉庫は物資、とくに北方ノルウェーからの魚とヨーロッパからの穀物で満たされた。ベルゲンはいくたびもの火災にみまわれ、ドック脇の倉庫や管理のための建物などは焼け落ちたが、いくつかの貯蔵庫の石材は15世紀にまでさかのぼることができる。

概要
ブリッゲン(Bryggen)とは、ノルウェー王国ベルゲン旧市街の倉庫群。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. 聖マーティン教会

    聖マーティン教会

  2. ランスのノートルダム大聖堂、サン=レミ旧大修道院、トー宮殿

    ランスのノートルダム大聖堂、サン=レミ旧大修道院、トー宮殿

  3. アイアンブリッジ峡谷

    アイアンブリッジ峡谷

  1. リヴィウ

    リヴィウ

  2. ラス・メドゥラス

    ラス・メドゥラス

  3. エル・エスコリアル修道院

    エル・エスコリアル修道院

  1. リヨン歴史地区

    リヨン歴史地区

  2. ヴァッハウ渓谷

    ヴァッハウ渓谷

  3. ラウマ旧市街

    ラウマ旧市街

  1. 歴史的城塞都市カルカソンヌ

    歴史的城塞都市カルカソンヌ

  2. グラーツ

    グラーツ

  3. ロドスの中世都市

    ロドスの中世都市

  1. モン・ペルデュ

    モン・ペルデュ

  2. アテナイのアクロポリス

    アテナイのアクロポリス

  3. エルチェの椰子園

    エルチェの椰子園

  1. ヤヴォルとシフィドニツァの平和教会群

    ヤヴォルとシフィドニツァの平和教会群

  2. ゼメリング鉄道

    ゼメリング鉄道

  3. ヴァル・ドルチャ

    ヴァル・ドルチャ

  1. リラ修道院

    リラ修道院

  2. レーロース

    レーロース

  3. ヴァル・ディ・ノートの後期バロック様式の町々

    ヴァル・ディ・ノートの後期バロック様式の町々

  1. アラゴンのムデハル様式の建築物

    アラゴンのムデハル様式の建築物

  2. ピエンツァ

    ピエンツァ

  3. リスボンのジェロニモス修道院とベレンの塔

    リスボンのジェロニモス修道院とベレンの塔

  1. メリダ (スペイン)

    メリダ (スペイン)

  2. シュトラールズント

    シュトラールズント

  3. カタルーニャ音楽堂

    カタルーニャ音楽堂

  1. アムステルダムの運河

    アムステルダムの運河

  2. リューベック

    リューベック

  3. サンティアゴ・デ・コンポステーラ

    サンティアゴ・デ・コンポステーラ

  1. 聖オーガスティン修道院

    聖オーガスティン修道院

  2. ヘラクレスの塔

    ヘラクレスの塔

  3. アルト・ドウロ・ワイン生産地域

    アルト・ドウロ・ワイン生産地域

  1. アルベロベッロのトゥルッリ

    アルベロベッロのトゥルッリ

  2. コインブラ大学

    コインブラ大学

  3. レーゲンスブルクの旧市街とシュタットアムホーフ

    レーゲンスブルクの旧市街とシュタットアムホーフ

  1. モンス市スピエンヌの新石器時代の火打石採掘地

    モンス市スピエンヌの新石器時代の火打石採掘地

  2. スホクラントとその周辺

    スホクラントとその周辺

  3. サンタ・マリア・デ・グアダルーペ王立修道院

    サンタ・マリア・デ・グアダルーペ王立修道院

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る