ブルー・ナ・ボーニャ

ブルー・ナ・ボーニャ

ブルー・ナ・ボーニャ(Brú na Bóinne, ボインの宮殿)は、アイルランドのボイン川の屈曲部に位置する新石器時代の石室墳、立石、その他先史的遺跡群の複合体で、国際的にも重要なものである。時代が下ると、鉄器時代には墓地として使われ、中世にはノルマン人が入植した。また、1690年にはボイン川の戦いの舞台にもなった。

この一帯はしばしばボイン渓谷 (Bend of the Boyne) と呼ばれ、不正確にも「ブルー・ナ・ボーニャ」それ自体を指すときにも使われることがある。世界遺産に登録されているのは、アイルランドの国定史跡にもなっている部分である。

概要
ブルー・ナ・ボーニャ(Brú na Bóinne, ボインの宮殿)は、アイルランドのボイン川の屈曲部に位置する新石器時代の石室墳、立石、その他先史的遺跡群の複合体で、国際的にも重要なものである。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. カサ・バトリョ

    カサ・バトリョ

  2. ロンドン塔

    ロンドン塔

  3. ライン渓谷中流上部

    ライン渓谷中流上部

  1. ヴァッハウ渓谷

    ヴァッハウ渓谷

  2. ラ・ロンハ・デ・ラ・セダ

    ラ・ロンハ・デ・ラ・セダ

  3. アルベロベッロのトゥルッリ

    アルベロベッロのトゥルッリ

  1. アルト・ドウロ・ワイン生産地域

    アルト・ドウロ・ワイン生産地域

  2. ロスキレ大聖堂

    ロスキレ大聖堂

  3. ロワール渓谷

    ロワール渓谷

  1. サナイン修道院

    サナイン修道院

  2. レーティッシュ鉄道アルブラ線・ベルニナ線と周辺の景観

    レーティッシュ鉄道アルブラ線・ベルニナ線と周辺の景観

  3. ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂

    ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂

  1. ローマ帝国の国境線

    ローマ帝国の国境線

  2. ヤヴォルとシフィドニツァの平和教会群

    ヤヴォルとシフィドニツァの平和教会群

  3. ルーゴ (スペイン)

    ルーゴ (スペイン)

  1. エヴォラ

    エヴォラ

  2. ラヴォー

    ラヴォー

  3. レーロース

    レーロース

  1. モデナ大聖堂

    モデナ大聖堂

  2. ランメルスベルク鉱山、歴史都市ゴスラーとオーバーハルツ水利管理システム

    ランメルスベルク鉱山、歴史都市ゴスラーとオーバーハルツ水利管理システム

  3. カサ・ビセンス

    カサ・ビセンス

  1. ライヒェナウ島

    ライヒェナウ島

  2. カタルーニャ音楽堂

    カタルーニャ音楽堂

  3. 歴史的城塞都市カルカソンヌ

    歴史的城塞都市カルカソンヌ

  1. イナクセシブル島

    イナクセシブル島

  2. セビリア大聖堂

    セビリア大聖堂

  3. ゼメリング鉄道

    ゼメリング鉄道

  1. ラ・ショー=ド=フォンとル・ロックル

    ラ・ショー=ド=フォンとル・ロックル

  2. リング・オブ・ブロッガー

    リング・オブ・ブロッガー

  3. レユニオン島の尖峰群、圏谷群および絶壁群

    レユニオン島の尖峰群、圏谷群および絶壁群

  1. ピエンツァ

    ピエンツァ

  2. 聖マーティン教会

    聖マーティン教会

  3. エンゲルスバーリ製鉄所

    エンゲルスバーリ製鉄所

  1. ワッデン海

    ワッデン海

  2. トルン

    トルン

  3. リェヴィシャの生神女教会

    リェヴィシャの生神女教会

  1. リラ修道院

    リラ修道院

  2. アラゴンのムデハル様式の建築物

    アラゴンのムデハル様式の建築物

  3. 赤の広場

    赤の広場

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る