ベームスター干拓地

ベームスター干拓地

ベームスター干拓地は、オランダ北西部北ホラント州の都市ベームスターにある、1612年から1617年に工事が行われた干拓地。オランダ初の干拓地であり、以降の干拓工事にも影響を与えた。

元々は、オランダ東インド会社の海外派遣の食糧確保を目的として、農地の創出を企図したものであり、風車を利用して水を排出した。実際に農地として使われ始めたものの、排水の不十分さが原因で、一度は牧草地に転用された。後に排水技術の向上などによって土地が改善し、現在では温室を使った園芸農業なども営まれている。

ベームスターの中心である中央ベームスター、耕作地として発展した北ベームスターと西ベームスター、園芸農業が盛んな南東ベームスターの四区画に分かれる(もとは南東ベームスターが南と東に分かれていたので五区画)。建物や農地のレイアウトは十分に計画されたものであり、整然とした文化的景観を作り出している。

その歴史的意義と、17世紀以来の景観がいまなおよく保たれていることから、ユネスコの世界遺産に登録された。

概要
ベームスター干拓地は、オランダ北西部北ホラント州の都市ベームスターにある、1612年から1617年に工事が行われた干拓地。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. ランメルスベルク鉱山、歴史都市ゴスラーとオーバーハルツ水利管理システム

    ランメルスベルク鉱山、歴史都市ゴスラーとオーバーハルツ水利管理システム

  2. 歴史的城塞都市カルカソンヌ

    歴史的城塞都市カルカソンヌ

  3. レーゲンスブルクの旧市街とシュタットアムホーフ

    レーゲンスブルクの旧市街とシュタットアムホーフ

  1. メルク修道院

    メルク修道院

  2. ロルシュ修道院

    ロルシュ修道院

  3. レユニオン島の尖峰群、圏谷群および絶壁群

    レユニオン島の尖峰群、圏谷群および絶壁群

  1. ランスのノートルダム大聖堂、サン=レミ旧大修道院、トー宮殿

    ランスのノートルダム大聖堂、サン=レミ旧大修道院、トー宮殿

  2. ラヴォー

    ラヴォー

  3. ウベダとバエサのルネサンス様式の記念碑的建造物群

    ウベダとバエサのルネサンス様式の記念碑的建造物群

  1. アムステルダムの運河

    アムステルダムの運河

  2. アランフエス

    アランフエス

  3. ロンドン塔

    ロンドン塔

  1. メテオラ

    メテオラ

  2. アングラ・ド・エロイズモ

    アングラ・ド・エロイズモ

  3. サン・パウ病院

    サン・パウ病院

  1. モルダヴィア北部の壁画教会群

    モルダヴィア北部の壁画教会群

  2. レーティッシュ鉄道アルブラ線・ベルニナ線と周辺の景観

    レーティッシュ鉄道アルブラ線・ベルニナ線と周辺の景観

  3. リューベック

    リューベック

  1. セビリア大聖堂

    セビリア大聖堂

  2. デルベント

    デルベント

  3. アイアンブリッジ峡谷

    アイアンブリッジ峡谷

  1. カタルーニャ音楽堂

    カタルーニャ音楽堂

  2. レドニツェとヴァルチツェの文化的景観

    レドニツェとヴァルチツェの文化的景観

  3. ヴィエリチカ岩塩坑

    ヴィエリチカ岩塩坑

  1. アントニ・ガウディの作品群

    アントニ・ガウディの作品群

  2. コインブラ大学

    コインブラ大学

  3. モン・サン=ミシェル

    モン・サン=ミシェル

  1. 水銀の遺産アルマデンとイドリヤ

    水銀の遺産アルマデンとイドリヤ

  2. ヴァッハウ渓谷

    ヴァッハウ渓谷

  3. リェヴィシャの生神女教会

    リェヴィシャの生神女教会

  1. リスボンのジェロニモス修道院とベレンの塔

    リスボンのジェロニモス修道院とベレンの塔

  2. サナイン修道院

    サナイン修道院

  3. ロドスの中世都市

    ロドスの中世都市

  1. ヤヴォルとシフィドニツァの平和教会群

    ヤヴォルとシフィドニツァの平和教会群

  2. エヴォラ

    エヴォラ

  3. ラポニア地域

    ラポニア地域

  1. ラ・ルヴィエールとル・ルーにあるサントル運河の4つのリフトとその周辺 (エノー州)

    ラ・ルヴィエールとル・ルーにあるサントル運河の4つのリフトとその周辺 (エノー州)

  2. ラス・メドゥラス

    ラス・メドゥラス

  3. オビエド

    オビエド

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る