ベームスター干拓地

ベームスター干拓地

ベームスター干拓地は、オランダ北西部北ホラント州の都市ベームスターにある、1612年から1617年に工事が行われた干拓地。オランダ初の干拓地であり、以降の干拓工事にも影響を与えた。

元々は、オランダ東インド会社の海外派遣の食糧確保を目的として、農地の創出を企図したものであり、風車を利用して水を排出した。実際に農地として使われ始めたものの、排水の不十分さが原因で、一度は牧草地に転用された。後に排水技術の向上などによって土地が改善し、現在では温室を使った園芸農業なども営まれている。

ベームスターの中心である中央ベームスター、耕作地として発展した北ベームスターと西ベームスター、園芸農業が盛んな南東ベームスターの四区画に分かれる(もとは南東ベームスターが南と東に分かれていたので五区画)。建物や農地のレイアウトは十分に計画されたものであり、整然とした文化的景観を作り出している。

その歴史的意義と、17世紀以来の景観がいまなおよく保たれていることから、ユネスコの世界遺産に登録された。

概要
ベームスター干拓地は、オランダ北西部北ホラント州の都市ベームスターにある、1612年から1617年に工事が行われた干拓地。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. グラーツ

    グラーツ

  2. アントニ・ガウディの作品群

    アントニ・ガウディの作品群

  3. 水銀の遺産アルマデンとイドリヤ

    水銀の遺産アルマデンとイドリヤ

  1. アントニヌスの長城

    アントニヌスの長城

  2. ラウマ旧市街

    ラウマ旧市街

  3. リヨン歴史地区

    リヨン歴史地区

  1. ロンドン塔

    ロンドン塔

  2. エンゲルスバーリ製鉄所

    エンゲルスバーリ製鉄所

  3. モデナ大聖堂

    モデナ大聖堂

  1. ランスのノートルダム大聖堂、サン=レミ旧大修道院、トー宮殿

    ランスのノートルダム大聖堂、サン=レミ旧大修道院、トー宮殿

  2. ポー川

    ポー川

  3. モンス市スピエンヌの新石器時代の火打石採掘地

    モンス市スピエンヌの新石器時代の火打石採掘地

  1. インディアス総合古文書館

    インディアス総合古文書館

  2. レーロース

    レーロース

  3. サンタ・マリア・デ・グアダルーペ王立修道院

    サンタ・マリア・デ・グアダルーペ王立修道院

  1. リガ

    リガ

  2. リング・オブ・ブロッガー

    リング・オブ・ブロッガー

  3. セビリア大聖堂

    セビリア大聖堂

  1. レユニオン島の尖峰群、圏谷群および絶壁群

    レユニオン島の尖峰群、圏谷群および絶壁群

  2. アルト・ドウロ・ワイン生産地域

    アルト・ドウロ・ワイン生産地域

  3. クレムリン

    クレムリン

  1. ラヴォー

    ラヴォー

  2. イナクセシブル島

    イナクセシブル島

  3. ミケーネ

    ミケーネ

  1. ワルシャワ

    ワルシャワ

  2. ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂

    ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂

  3. アランフエス

    アランフエス

  1. イスタンブルの歴史地区

    イスタンブルの歴史地区

  2. 聖マーティン教会

    聖マーティン教会

  3. モルダヴィア北部の壁画教会群

    モルダヴィア北部の壁画教会群

  1. ヴァルトブルク城

    ヴァルトブルク城

  2. メルク修道院

    メルク修道院

  3. エルチェの椰子園

    エルチェの椰子園

  1. 歴史的城塞都市カルカソンヌ

    歴史的城塞都市カルカソンヌ

  2. ヘラクレスの塔

    ヘラクレスの塔

  3. カサ・ビセンス

    カサ・ビセンス

  1. ラポニア地域

    ラポニア地域

  2. ザモシチ

    ザモシチ

  3. 赤の広場

    赤の広場

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る