ベルリンのモダニズム集合住宅群

ベルリンのモダニズム集合住宅群

「ベルリンのモダニズム集合住宅群」(ベルリンのモダニズムしゅうごうじゅうたくぐん)は、ユネスコの世界遺産リスト登録物件の一つで、ドイツの世界遺産としては、「ヴァイマルとデッサウのバウハウスとその関連遺産群」や「ツォルフェアアイン炭鉱業遺産群」の第12採掘坑などに続く、モダニズム建築の世界遺産である。

世界遺産登録の対象になっているのは、ベルリンにある6つの集合住宅(ジードルング)である。ガルテンシュタット・ファルケンベルク(ドイツ語版)を除けば、それらの建築は1920年代後半から1930年代初頭、つまりヴァイマル共和国期のことである。集合住宅は公的な要請に基づいて建てられたものであり、社会権を世界で初めて制定したヴァイマル憲法に見られるような、当時の低所得者層に関する生活環境改善が背景にあった。

実際の設計や建築に当たったのは、バウハウスの初代校長ヴァルター・グロピウスのほか、 ブルーノ・タウト、マルティン・ヴァグナー、ハンス・シャロウンといった当時の代表的な建築家たちであり、新しい建材やデザインによって衛生的で快適な住宅作りが進められた。

世界遺産登録に当たっては、ジードルングそれ自体の建築物としての評価はもとより、後に世界の集合住宅の様式にも影響を及ぼした点なども評価された。

概要
「ベルリンのモダニズム集合住宅群」(ベルリンのモダニズムしゅうごうじゅうたくぐん)は、ユネスコの世界遺産リスト登録物件の一つで、ドイツの世界遺産としては、「ヴァイマルとデッサウのバウハウスとその関連遺産群」や「ツォルフェアアイン炭鉱業遺産群」の第12採掘坑などに続く、モダニズム建築の世界遺産である。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. リメス

    リメス

  2. エヴォラ

    エヴォラ

  3. ラ・ロンハ・デ・ラ・セダ

    ラ・ロンハ・デ・ラ・セダ

  1. セゴビア旧市街と水道橋

    セゴビア旧市街と水道橋

  2. ヴァル・ドルチャ

    ヴァル・ドルチャ

  3. イベリア半島の地中海沿岸の岩絵

    イベリア半島の地中海沿岸の岩絵

  1. サン・パウ病院

    サン・パウ病院

  2. ラヴェンナの初期キリスト教建築物群

    ラヴェンナの初期キリスト教建築物群

  3. イナクセシブル島

    イナクセシブル島

  1. レヴォチャ歴史地区、スピシュスキー城及びその関連する文化財

    レヴォチャ歴史地区、スピシュスキー城及びその関連する文化財

  2. アムステルダムの運河

    アムステルダムの運河

  3. イルリサット

    イルリサット

  1. ユッセ城

    ユッセ城

  2. リトミシュル城

    リトミシュル城

  3. コインブラ大学

    コインブラ大学

  1. オビエド

    オビエド

  2. レドニツェとヴァルチツェの文化的景観

    レドニツェとヴァルチツェの文化的景観

  3. カサ・バトリョ

    カサ・バトリョ

  1. ヴァル・ディ・ノートの後期バロック様式の町々

    ヴァル・ディ・ノートの後期バロック様式の町々

  2. 水銀の遺産アルマデンとイドリヤ

    水銀の遺産アルマデンとイドリヤ

  3. エディンバラ新市街

    エディンバラ新市街

  1. シュトラールズント

    シュトラールズント

  2. ワッデン海

    ワッデン海

  3. アルビの司教都市

    アルビの司教都市

  1. セビリア大聖堂

    セビリア大聖堂

  2. ローマ帝国の国境線

    ローマ帝国の国境線

  3. ラヴォー

    ラヴォー

  1. ピエンツァ

    ピエンツァ

  2. マルボルク城

    マルボルク城

  3. ミケーネ

    ミケーネ

  1. ライヒェナウ島

    ライヒェナウ島

  2. アルト・ドウロ・ワイン生産地域

    アルト・ドウロ・ワイン生産地域

  3. インディアス総合古文書館

    インディアス総合古文書館

  1. モン・サン=ミシェル

    モン・サン=ミシェル

  2. パルテノン神殿

    パルテノン神殿

  3. ワルシャワ

    ワルシャワ

  1. モルダヴィア北部の壁画教会群

    モルダヴィア北部の壁画教会群

  2. グラーツ

    グラーツ

  3. ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂

    ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る