ポーランドとウクライナのカルパティア地方の木造教会群

ポーランドとウクライナのカルパティア地方の木造教会群

ポーランドとウクライナのカルパティア地方の木造教会群(ポーランドとウクライナのカルパティアちほうのもくぞうきょうかいぐん)は、UNESCOの世界遺産リスト登録物件の一つであり、その名称が示すように、ポーランドのマウォポルスカ県・ポトカルパチェ県とウクライナのリヴィウ州・イヴァーノ=フランキーウシク州・ザカルパッチャ州に点在する木造のツェールクヴァ(Tserkva, 聖堂)16棟が対象となっている。2013年の第37回世界遺産委員会で登録された。

概要
ポーランドとウクライナのカルパティア地方の木造教会群(ポーランドとウクライナのカルパティアちほうのもくぞうきょうかいぐん)は、UNESCOの世界遺産リスト登録物件の一つであり、その名称が示すように、ポーランドのマウォポルスカ県・ポトカルパチェ県とウクライナのリヴィウ州・イヴァーノ=フランキーウシク州・ザカルパッチャ州に点在する木造のツェールクヴァ(Tserkva, 聖堂)16棟が対象となっている。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. 水銀の遺産アルマデンとイドリヤ

    水銀の遺産アルマデンとイドリヤ

  2. セビリア大聖堂

    セビリア大聖堂

  3. アルハンブラ宮殿

    アルハンブラ宮殿

  1. ラヴォー

    ラヴォー

  2. リェヴィシャの生神女教会

    リェヴィシャの生神女教会

  3. ラ・ショー=ド=フォンとル・ロックル

    ラ・ショー=ド=フォンとル・ロックル

  1. グラナダのアルハンブラ、ヘネラリーフェ、アルバイシン

    グラナダのアルハンブラ、ヘネラリーフェ、アルバイシン

  2. レドニツェとヴァルチツェの文化的景観

    レドニツェとヴァルチツェの文化的景観

  3. カタルーニャ音楽堂

    カタルーニャ音楽堂

  1. スホクラントとその周辺

    スホクラントとその周辺

  2. エル・エスコリアル修道院

    エル・エスコリアル修道院

  3. エルチェの椰子園

    エルチェの椰子園

  1. ラヴェンナの初期キリスト教建築物群

    ラヴェンナの初期キリスト教建築物群

  2. メリダ (スペイン)

    メリダ (スペイン)

  3. ラ・ルヴィエールとル・ルーにあるサントル運河の4つのリフトとその周辺 (エノー州)

    ラ・ルヴィエールとル・ルーにあるサントル運河の4つのリフトとその周辺 (エノー州)

  1. イルリサット

    イルリサット

  2. ロスキレ大聖堂

    ロスキレ大聖堂

  3. イナクセシブル島

    イナクセシブル島

  1. カサ・バトリョ

    カサ・バトリョ

  2. リラ修道院

    リラ修道院

  3. ロワール渓谷

    ロワール渓谷

  1. ランメルスベルク鉱山、歴史都市ゴスラーとオーバーハルツ水利管理システム

    ランメルスベルク鉱山、歴史都市ゴスラーとオーバーハルツ水利管理システム

  2. リヨン歴史地区

    リヨン歴史地区

  3. エンゲルスバーリ製鉄所

    エンゲルスバーリ製鉄所

  1. モデナ大聖堂

    モデナ大聖堂

  2. レーロース

    レーロース

  3. アランフエス

    アランフエス

  1. リトミシュル城

    リトミシュル城

  2. クレムリン

    クレムリン

  3. レヴォチャ歴史地区、スピシュスキー城及びその関連する文化財

    レヴォチャ歴史地区、スピシュスキー城及びその関連する文化財

  1. サンティアゴ・デ・コンポステーラ

    サンティアゴ・デ・コンポステーラ

  2. ミケーネ

    ミケーネ

  3. アントニ・ガウディの作品群

    アントニ・ガウディの作品群

  1. ロドスの中世都市

    ロドスの中世都市

  2. ローマ帝国の国境線

    ローマ帝国の国境線

  3. セゴビア旧市街と水道橋

    セゴビア旧市街と水道橋

  1. レーティッシュ鉄道アルブラ線・ベルニナ線と周辺の景観

    レーティッシュ鉄道アルブラ線・ベルニナ線と周辺の景観

  2. ゼメリング鉄道

    ゼメリング鉄道

  3. サナイン修道院

    サナイン修道院

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る