ポーランドとウクライナのカルパティア地方の木造教会群

ポーランドとウクライナのカルパティア地方の木造教会群

ポーランドとウクライナのカルパティア地方の木造教会群(ポーランドとウクライナのカルパティアちほうのもくぞうきょうかいぐん)は、UNESCOの世界遺産リスト登録物件の一つであり、その名称が示すように、ポーランドのマウォポルスカ県・ポトカルパチェ県とウクライナのリヴィウ州・イヴァーノ=フランキーウシク州・ザカルパッチャ州に点在する木造のツェールクヴァ(Tserkva, 聖堂)16棟が対象となっている。2013年の第37回世界遺産委員会で登録された。

概要
ポーランドとウクライナのカルパティア地方の木造教会群(ポーランドとウクライナのカルパティアちほうのもくぞうきょうかいぐん)は、UNESCOの世界遺産リスト登録物件の一つであり、その名称が示すように、ポーランドのマウォポルスカ県・ポトカルパチェ県とウクライナのリヴィウ州・イヴァーノ=フランキーウシク州・ザカルパッチャ州に点在する木造のツェールクヴァ(Tserkva, 聖堂)16棟が対象となっている。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. リラ修道院

    リラ修道院

  2. スホクラントとその周辺

    スホクラントとその周辺

  3. エンゲルスバーリ製鉄所

    エンゲルスバーリ製鉄所

  1. ロルシュ修道院

    ロルシュ修道院

  2. エヴォラ

    エヴォラ

  3. ワルシャワ

    ワルシャワ

  1. ラ・ロンハ・デ・ラ・セダ

    ラ・ロンハ・デ・ラ・セダ

  2. デルベント

    デルベント

  3. ヴァルトブルク城

    ヴァルトブルク城

  1. モンス市スピエンヌの新石器時代の火打石採掘地

    モンス市スピエンヌの新石器時代の火打石採掘地

  2. ロンドン塔

    ロンドン塔

  3. ザモシチ

    ザモシチ

  1. ヴァル・ディ・ノートの後期バロック様式の町々

    ヴァル・ディ・ノートの後期バロック様式の町々

  2. リヴィウ

    リヴィウ

  3. サンタ・マリア・デ・グアダルーペ王立修道院

    サンタ・マリア・デ・グアダルーペ王立修道院

  1. セゴビア旧市街と水道橋

    セゴビア旧市街と水道橋

  2. リェヴィシャの生神女教会

    リェヴィシャの生神女教会

  3. ヴァッハウ渓谷

    ヴァッハウ渓谷

  1. シュトラールズント

    シュトラールズント

  2. アルビの司教都市

    アルビの司教都市

  3. イルリサット

    イルリサット

  1. メルク修道院

    メルク修道院

  2. マルボルク城

    マルボルク城

  3. レドニツェとヴァルチツェの文化的景観

    レドニツェとヴァルチツェの文化的景観

  1. ワッデン海

    ワッデン海

  2. サナイン修道院

    サナイン修道院

  3. イスタンブルの歴史地区

    イスタンブルの歴史地区

  1. アマルフィ海岸

    アマルフィ海岸

  2. チレントおよびヴァッロ・ディ・ディアーノ国立公園

    チレントおよびヴァッロ・ディ・ディアーノ国立公園

  3. アングラ・ド・エロイズモ

    アングラ・ド・エロイズモ

  1. 赤の広場

    赤の広場

  2. アラゴンのムデハル様式の建築物

    アラゴンのムデハル様式の建築物

  3. グラナダのアルハンブラ、ヘネラリーフェ、アルバイシン

    グラナダのアルハンブラ、ヘネラリーフェ、アルバイシン

  1. ロスキレ大聖堂

    ロスキレ大聖堂

  2. サン・ミジャンのユソ修道院とスソ修道院

    サン・ミジャンのユソ修道院とスソ修道院

  3. ラヴォー

    ラヴォー

  1. アントニヌスの長城

    アントニヌスの長城

  2. ユッセ城

    ユッセ城

  3. サン・パウ病院

    サン・パウ病院

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る