ボヤナ教会

ボヤナ教会

ボヤナ教会(Боянска църква, Boyanska tsarkva)は、ブルガリアの首都ソフィア郊外のボヤナ地区に建っているブルガリア正教会の教会堂である。2階建ての教会の東翼は、元々10世紀後半ないし11世紀初頭に建てられたものであり、その後、第2次ブルガリア帝国の下で13世紀に中央棟が加えられた。西翼がさらに拡張され、現存する形が完成したのは19世紀半ばのことであった。それぞれの時代の姿をとどめつつ美しい調和を保っているこの教会は、1979年にユネスコの世界遺産に登録された。

概要
ボヤナ教会(Боянска църква, Boyanska tsarkva)は、ブルガリアの首都ソフィア郊外のボヤナ地区に建っているブルガリア正教会の教会堂である。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. イベリア半島の地中海沿岸の岩絵

    イベリア半島の地中海沿岸の岩絵

  2. ワルシャワ

    ワルシャワ

  3. アルト・ドウロ・ワイン生産地域

    アルト・ドウロ・ワイン生産地域

  1. チレントおよびヴァッロ・ディ・ディアーノ国立公園

    チレントおよびヴァッロ・ディ・ディアーノ国立公園

  2. ユッセ城

    ユッセ城

  3. ラ・ショー=ド=フォンとル・ロックル

    ラ・ショー=ド=フォンとル・ロックル

  1. メリダ (スペイン)

    メリダ (スペイン)

  2. エヴォラ

    エヴォラ

  3. エディンバラ新市街

    エディンバラ新市街

  1. レドニツェとヴァルチツェの文化的景観

    レドニツェとヴァルチツェの文化的景観

  2. ラ・ルヴィエールとル・ルーにあるサントル運河の4つのリフトとその周辺 (エノー州)

    ラ・ルヴィエールとル・ルーにあるサントル運河の4つのリフトとその周辺 (エノー州)

  3. チンクエ・テッレ

    チンクエ・テッレ

  1. アテナイのアクロポリス

    アテナイのアクロポリス

  2. ラヴェンナの初期キリスト教建築物群

    ラヴェンナの初期キリスト教建築物群

  3. リスボンのジェロニモス修道院とベレンの塔

    リスボンのジェロニモス修道院とベレンの塔

  1. カサ・ビセンス

    カサ・ビセンス

  2. アランフエス

    アランフエス

  3. アラゴンのムデハル様式の建築物

    アラゴンのムデハル様式の建築物

  1. セビリア大聖堂

    セビリア大聖堂

  2. ローマ帝国の国境線

    ローマ帝国の国境線

  3. エンゲルスバーリ製鉄所

    エンゲルスバーリ製鉄所

  1. ルーゴ (スペイン)

    ルーゴ (スペイン)

  2. マルボルク城

    マルボルク城

  3. アルハンブラ宮殿

    アルハンブラ宮殿

  1. ラヴォー

    ラヴォー

  2. リガ

    リガ

  3. リラ修道院

    リラ修道院

  1. ミケーネ

    ミケーネ

  2. モン・ペルデュ

    モン・ペルデュ

  3. フェラーラ

    フェラーラ

  1. ランスのノートルダム大聖堂、サン=レミ旧大修道院、トー宮殿

    ランスのノートルダム大聖堂、サン=レミ旧大修道院、トー宮殿

  2. デルベント

    デルベント

  3. 聖オーガスティン修道院

    聖オーガスティン修道院

  1. シュトラールズント

    シュトラールズント

  2. グラナダのアルハンブラ、ヘネラリーフェ、アルバイシン

    グラナダのアルハンブラ、ヘネラリーフェ、アルバイシン

  3. ヴァル・ディ・ノートの後期バロック様式の町々

    ヴァル・ディ・ノートの後期バロック様式の町々

  1. サンタ・マリア・デ・グアダルーペ王立修道院

    サンタ・マリア・デ・グアダルーペ王立修道院

  2. エル・エスコリアル修道院

    エル・エスコリアル修道院

  3. モルダヴィア北部の壁画教会群

    モルダヴィア北部の壁画教会群

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る