ボヤナ教会

ボヤナ教会

ボヤナ教会(Боянска църква, Boyanska tsarkva)は、ブルガリアの首都ソフィア郊外のボヤナ地区に建っているブルガリア正教会の教会堂である。2階建ての教会の東翼は、元々10世紀後半ないし11世紀初頭に建てられたものであり、その後、第2次ブルガリア帝国の下で13世紀に中央棟が加えられた。西翼がさらに拡張され、現存する形が完成したのは19世紀半ばのことであった。それぞれの時代の姿をとどめつつ美しい調和を保っているこの教会は、1979年にユネスコの世界遺産に登録された。

概要
ボヤナ教会(Боянска църква, Boyanska tsarkva)は、ブルガリアの首都ソフィア郊外のボヤナ地区に建っているブルガリア正教会の教会堂である。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. ランメルスベルク鉱山、歴史都市ゴスラーとオーバーハルツ水利管理システム

    ランメルスベルク鉱山、歴史都市ゴスラーとオーバーハルツ水利管理システム

  2. フェラポントフ修道院

    フェラポントフ修道院

  3. 聖オーガスティン修道院

    聖オーガスティン修道院

  1. アテナイのアクロポリス

    アテナイのアクロポリス

  2. イベリア半島の地中海沿岸の岩絵

    イベリア半島の地中海沿岸の岩絵

  3. アルト・ドウロ・ワイン生産地域

    アルト・ドウロ・ワイン生産地域

  1. ピエンツァ

    ピエンツァ

  2. ライン渓谷中流上部

    ライン渓谷中流上部

  3. リング・オブ・ブロッガー

    リング・オブ・ブロッガー

  1. アルビの司教都市

    アルビの司教都市

  2. クレムリン

    クレムリン

  3. ヴィエリチカ岩塩坑

    ヴィエリチカ岩塩坑

  1. カサ・ビセンス

    カサ・ビセンス

  2. アルベロベッロのトゥルッリ

    アルベロベッロのトゥルッリ

  3. カサ・バトリョ

    カサ・バトリョ

  1. ラ・ロンハ・デ・ラ・セダ

    ラ・ロンハ・デ・ラ・セダ

  2. ラヴォー

    ラヴォー

  3. 水銀の遺産アルマデンとイドリヤ

    水銀の遺産アルマデンとイドリヤ

  1. ローマ帝国の国境線

    ローマ帝国の国境線

  2. マルボルク城

    マルボルク城

  3. モン・サン=ミシェル

    モン・サン=ミシェル

  1. モンス市スピエンヌの新石器時代の火打石採掘地

    モンス市スピエンヌの新石器時代の火打石採掘地

  2. ワッデン海

    ワッデン海

  3. コインブラ大学

    コインブラ大学

  1. ヴァルトブルク城

    ヴァルトブルク城

  2. ヴァル・ドルチャ

    ヴァル・ドルチャ

  3. セゴビア旧市街と水道橋

    セゴビア旧市街と水道橋

  1. ザモシチ

    ザモシチ

  2. グラナダのアルハンブラ、ヘネラリーフェ、アルバイシン

    グラナダのアルハンブラ、ヘネラリーフェ、アルバイシン

  3. リェヴィシャの生神女教会

    リェヴィシャの生神女教会

  1. ラ・ショー=ド=フォンとル・ロックル

    ラ・ショー=ド=フォンとル・ロックル

  2. イスタンブルの歴史地区

    イスタンブルの歴史地区

  3. リトミシュル城

    リトミシュル城

  1. アマルフィ海岸

    アマルフィ海岸

  2. レユニオン島の尖峰群、圏谷群および絶壁群

    レユニオン島の尖峰群、圏谷群および絶壁群

  3. ポー川

    ポー川

  1. アイアンブリッジ峡谷

    アイアンブリッジ峡谷

  2. メリダ (スペイン)

    メリダ (スペイン)

  3. モン・ペルデュ

    モン・ペルデュ

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る