ポントカサステ水路橋と運河

ポントカサステ水路橋と運河

ポントカサステ水路橋と運河(ポントカサステすいろきょうとうんが、英語: Pontcysyllte Aqueduct and Canal、ウェールズ語: Traphont Ddŵr Pontcysyllte)はイギリスにおいてトレヴァーの村と北西ウェールズのレクサムにあるフロンカサステ (Froncysyllte) との間で、ディー川の上に架かりランゴレン運河 (Llangollen Canal) を載せる航行可能な水道橋および運河である。水道橋は1805年に完成し、英国でもっとも長く、もっとも高い。そして英国の文化財(グレードI)に指定され、また世界遺産に登録された建造物でもある。水道橋は毎年のべ10,000艘以上の船(ナローボート)が航行し、また25,000人以上の歩行者が渡る英国最大のものである。

概要
ポントカサステ水路橋と運河(ポントカサステすいろきょうとうんが、英語: Pontcysyllte Aqueduct and Canal、ウェールズ語: Traphont Ddŵr Pontcysyllte)はイギリスにおいてトレヴァーの村と北西ウェールズのレクサムにあるフロンカサステ (Froncysyllte) との間で、ディー川の上に架かりランゴレン運河 (Llangollen Canal) を載せる航行可能な水道橋および運河である。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. カサ・ビセンス

    カサ・ビセンス

  2. ウベダとバエサのルネサンス様式の記念碑的建造物群

    ウベダとバエサのルネサンス様式の記念碑的建造物群

  3. エヴォラ

    エヴォラ

  1. ラ・ルヴィエールとル・ルーにあるサントル運河の4つのリフトとその周辺 (エノー州)

    ラ・ルヴィエールとル・ルーにあるサントル運河の4つのリフトとその周辺 (エノー州)

  2. フェラポントフ修道院

    フェラポントフ修道院

  3. サンタ・マリア・デ・グアダルーペ王立修道院

    サンタ・マリア・デ・グアダルーペ王立修道院

  1. エディンバラ新市街

    エディンバラ新市街

  2. アムステルダムの運河

    アムステルダムの運河

  3. モン・サン=ミシェル

    モン・サン=ミシェル

  1. ロルシュ修道院

    ロルシュ修道院

  2. メルク修道院

    メルク修道院

  3. チレントおよびヴァッロ・ディ・ディアーノ国立公園

    チレントおよびヴァッロ・ディ・ディアーノ国立公園

  1. ライヒェナウ島

    ライヒェナウ島

  2. ザモシチ

    ザモシチ

  3. 歴史的城塞都市クエンカ

    歴史的城塞都市クエンカ

  1. マルボルク城

    マルボルク城

  2. リガ

    リガ

  3. フェラーラ

    フェラーラ

  1. リトミシュル城

    リトミシュル城

  2. アマルフィ海岸

    アマルフィ海岸

  3. ラポニア地域

    ラポニア地域

  1. ヴァッハウ渓谷

    ヴァッハウ渓谷

  2. コインブラ大学

    コインブラ大学

  3. サン・ミジャンのユソ修道院とスソ修道院

    サン・ミジャンのユソ修道院とスソ修道院

  1. グラナダのアルハンブラ、ヘネラリーフェ、アルバイシン

    グラナダのアルハンブラ、ヘネラリーフェ、アルバイシン

  2. サン・パウ病院

    サン・パウ病院

  3. ランスのノートルダム大聖堂、サン=レミ旧大修道院、トー宮殿

    ランスのノートルダム大聖堂、サン=レミ旧大修道院、トー宮殿

  1. イベリア半島の地中海沿岸の岩絵

    イベリア半島の地中海沿岸の岩絵

  2. カタルーニャ音楽堂

    カタルーニャ音楽堂

  3. スホクラントとその周辺

    スホクラントとその周辺

  1. メリダ (スペイン)

    メリダ (スペイン)

  2. ラウマ旧市街

    ラウマ旧市街

  3. レヴォチャ歴史地区、スピシュスキー城及びその関連する文化財

    レヴォチャ歴史地区、スピシュスキー城及びその関連する文化財

  1. ポー川

    ポー川

  2. ラ・ロンハ・デ・ラ・セダ

    ラ・ロンハ・デ・ラ・セダ

  3. ルーゴ (スペイン)

    ルーゴ (スペイン)

  1. レーティッシュ鉄道アルブラ線・ベルニナ線と周辺の景観

    レーティッシュ鉄道アルブラ線・ベルニナ線と周辺の景観

  2. ポルトヴェーネレ

    ポルトヴェーネレ

  3. ゼメリング鉄道

    ゼメリング鉄道

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る