ポンペイ、ヘルクラネウム及びトッレ・アンヌンツィアータの遺跡地域

ポンペイ、ヘルクラネウム及びトッレ・アンヌンツィアータの遺跡地域

ポンペイ、ヘルクラネウム及びトッレ・アンヌンツィアータの遺跡地域(ポンペイ、ヘルクラネウムおよびトッレ・アンヌンツィアータのいせきちいき)は、西暦79年のヴェスヴィオ山の噴火によって埋もれてしまったポンペイやヘルクラネウム(現エルコラーノ)の都市遺跡およびトッレ・アンヌンツィアータのヴィラの遺跡を対象とするUNESCOの世界遺産リスト登録物件である。1997年の世界遺産委員会ではイタリアの世界遺産が10件登録されたが、これはそのうちの1件である。

概要
ポンペイ、ヘルクラネウム及びトッレ・アンヌンツィアータの遺跡地域(ポンペイ、ヘルクラネウムおよびトッレ・アンヌンツィアータのいせきちいき)は、西暦79年のヴェスヴィオ山の噴火によって埋もれてしまったポンペイやヘルクラネウム(現エルコラーノ)の都市遺跡およびトッレ・アンヌンツィアータのヴィラの遺跡を対象とするUNESCOの世界遺産リスト登録物件である。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. ロルシュ修道院

    ロルシュ修道院

  2. リューベック

    リューベック

  3. 赤の広場

    赤の広場

  1. エヴォラ

    エヴォラ

  2. グラナダのアルハンブラ、ヘネラリーフェ、アルバイシン

    グラナダのアルハンブラ、ヘネラリーフェ、アルバイシン

  3. ヴィエリチカ岩塩坑

    ヴィエリチカ岩塩坑

  1. アントニヌスの長城

    アントニヌスの長城

  2. リェヴィシャの生神女教会

    リェヴィシャの生神女教会

  3. リトミシュル城

    リトミシュル城

  1. ヴァルトブルク城

    ヴァルトブルク城

  2. レドニツェとヴァルチツェの文化的景観

    レドニツェとヴァルチツェの文化的景観

  3. ポー川

    ポー川

  1. サンティアゴ・デ・コンポステーラ

    サンティアゴ・デ・コンポステーラ

  2. ミケーネ

    ミケーネ

  3. ユッセ城

    ユッセ城

  1. メルク修道院

    メルク修道院

  2. 聖オーガスティン修道院

    聖オーガスティン修道院

  3. アラゴンのムデハル様式の建築物

    アラゴンのムデハル様式の建築物

  1. ポルトヴェーネレ

    ポルトヴェーネレ

  2. マルボルク城

    マルボルク城

  3. スホクラントとその周辺

    スホクラントとその周辺

  1. デルベント

    デルベント

  2. ラポニア地域

    ラポニア地域

  3. リヴィウ

    リヴィウ

  1. チンクエ・テッレ

    チンクエ・テッレ

  2. リメス

    リメス

  3. シュトラールズント

    シュトラールズント

  1. ライン渓谷中流上部

    ライン渓谷中流上部

  2. セゴビア旧市街と水道橋

    セゴビア旧市街と水道橋

  3. サン・ミジャンのユソ修道院とスソ修道院

    サン・ミジャンのユソ修道院とスソ修道院

  1. アルビの司教都市

    アルビの司教都市

  2. カタルーニャ音楽堂

    カタルーニャ音楽堂

  3. ラス・メドゥラス

    ラス・メドゥラス

  1. ヤヴォルとシフィドニツァの平和教会群

    ヤヴォルとシフィドニツァの平和教会群

  2. ラ・ルヴィエールとル・ルーにあるサントル運河の4つのリフトとその周辺 (エノー州)

    ラ・ルヴィエールとル・ルーにあるサントル運河の4つのリフトとその周辺 (エノー州)

  3. レヴォチャ歴史地区、スピシュスキー城及びその関連する文化財

    レヴォチャ歴史地区、スピシュスキー城及びその関連する文化財

  1. セビリア大聖堂

    セビリア大聖堂

  2. アントニ・ガウディの作品群

    アントニ・ガウディの作品群

  3. ラヴェンナの初期キリスト教建築物群

    ラヴェンナの初期キリスト教建築物群

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る