マウォポルスカ南部の木造聖堂群

マウォポルスカ南部の木造聖堂群

「マウォポルスカ南部の木造聖堂群」(ポーランド語:Drewniane kościoły południowej Małopolski)は、マウォポルスカ(Małopolskie, 小ポーランド)地方南部にあるポーランドの世界遺産である。ビナロヴァ(英語版)、ブリズネ(英語版)、デンブノ(英語版)、ハチュフ(英語版)、リプニツァ・ムロヴァナ(英語版)、センコヴァ(英語版)などの各村に残っている木造聖堂が登録対象である。

中世後期に起源を持つこの地方の木造聖堂の様式は、ゴシック様式の装飾や色とりどりの細部で始まったが、木造であることから、石やレンガで出来たゴシック建築とは、構造も全体像も印象も大きく異なっている。より後の時代に建設された木造聖堂には、ロココ様式やバロック様式の装飾的影響を示しているものもある。これらの聖堂の形態は、この地方での東方典礼カトリック教会や正教会の存在に深く影響されている。いくつかの聖堂は上から見たときにギリシャ十字を形作っており、たまねぎドームを備えているが、最も興味深いのは、それらの特色が引き伸ばされた身廊や尖塔とともにローマ・カトリックの様式と組み合わさっていることである。

概要
「マウォポルスカ南部の木造聖堂群」(ポーランド語:Drewniane kościoły południowej Małopolski)は、マウォポルスカ(Małopolskie, 小ポーランド)地方南部にあるポーランドの世界遺産である。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. アルビの司教都市

    アルビの司教都市

  2. ローマ帝国の国境線

    ローマ帝国の国境線

  3. イナクセシブル島

    イナクセシブル島

  1. リヨン歴史地区

    リヨン歴史地区

  2. グラナダのアルハンブラ、ヘネラリーフェ、アルバイシン

    グラナダのアルハンブラ、ヘネラリーフェ、アルバイシン

  3. ヴァルトブルク城

    ヴァルトブルク城

  1. 赤の広場

    赤の広場

  2. レーゲンスブルクの旧市街とシュタットアムホーフ

    レーゲンスブルクの旧市街とシュタットアムホーフ

  3. アングラ・ド・エロイズモ

    アングラ・ド・エロイズモ

  1. リラ修道院

    リラ修道院

  2. カサ・バトリョ

    カサ・バトリョ

  3. ヴァル・ディ・ノートの後期バロック様式の町々

    ヴァル・ディ・ノートの後期バロック様式の町々

  1. アラゴンのムデハル様式の建築物

    アラゴンのムデハル様式の建築物

  2. アランフエス

    アランフエス

  3. 聖マーティン教会

    聖マーティン教会

  1. ライン渓谷中流上部

    ライン渓谷中流上部

  2. アマルフィ海岸

    アマルフィ海岸

  3. ザモシチ

    ザモシチ

  1. レユニオン島の尖峰群、圏谷群および絶壁群

    レユニオン島の尖峰群、圏谷群および絶壁群

  2. チレントおよびヴァッロ・ディ・ディアーノ国立公園

    チレントおよびヴァッロ・ディ・ディアーノ国立公園

  3. ポルトヴェーネレ

    ポルトヴェーネレ

  1. ルーゴ (スペイン)

    ルーゴ (スペイン)

  2. アルベロベッロのトゥルッリ

    アルベロベッロのトゥルッリ

  3. ロドスの中世都市

    ロドスの中世都市

  1. フェラポントフ修道院

    フェラポントフ修道院

  2. ラポニア地域

    ラポニア地域

  3. パルテノン神殿

    パルテノン神殿

  1. ユッセ城

    ユッセ城

  2. サン・ミジャンのユソ修道院とスソ修道院

    サン・ミジャンのユソ修道院とスソ修道院

  3. エディンバラ新市街

    エディンバラ新市街

  1. ラヴェンナの初期キリスト教建築物群

    ラヴェンナの初期キリスト教建築物群

  2. リューベック

    リューベック

  3. トルン

    トルン

  1. アルハンブラ宮殿

    アルハンブラ宮殿

  2. フェラーラ

    フェラーラ

  3. ウベダとバエサのルネサンス様式の記念碑的建造物群

    ウベダとバエサのルネサンス様式の記念碑的建造物群

  1. ロルシュ修道院

    ロルシュ修道院

  2. ロンドン塔

    ロンドン塔

  3. 歴史的城塞都市カルカソンヌ

    歴史的城塞都市カルカソンヌ

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る