マウルブロン修道院

マウルブロン修道院

マウルブロン修道院は、ドイツのバーデン=ヴュルテンベルク州に残る中世の修道院である。ヨーロッパに残る中世のシトー会修道院の中でも、付属する建造物群も含めた総体が、最もよく保存されている。マウルブロンの町外れにあるが、町とは城壁で隔絶されている。

修道院の設立は1147年のことであり、設立に際しては初のシトー会派ローマ教皇であったエウゲニウス3世の後援を受けた。ロマネスク様式からゴシック様式への移行的な様式で建てられた付属教会は、1178年にシュパイアー司教のアルノルトの手で献堂が行われた。診療所、食堂、貯蔵室、総会室、玄関、南の回廊、ホール、鍛冶場、宿泊所、桶工場、製粉所、礼拝堂といった様々な建物は、13世紀中に建てられていった。北、西、東の回廊は、最も要塞化が行われていた14世紀のものである。

宗教改革の開始後、ヴュルテンベルク公は1504年に修道院を占拠して狩猟小屋を立て、そこにとどまった。半世紀の後、修道院は、今日「マウルブロンとブラウボイレンの福音主義神学校」(Evangelical Seminaries of Maulbronn and Blaubeuren)として知られるプロテスタントの神学校に明け渡され、それ以降はその神学校が占拠していた。プロテスタントの牧師たちは、自分たちのニーズに合わせて、食堂を再建するなどした。

概要
マウルブロン修道院は、ドイツのバーデン=ヴュルテンベルク州に残る中世の修道院である。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. メルク修道院

    メルク修道院

  2. エルチェの椰子園

    エルチェの椰子園

  3. ヴァルトブルク城

    ヴァルトブルク城

  1. 水銀の遺産アルマデンとイドリヤ

    水銀の遺産アルマデンとイドリヤ

  2. エンゲルスバーリ製鉄所

    エンゲルスバーリ製鉄所

  3. ラヴェンナの初期キリスト教建築物群

    ラヴェンナの初期キリスト教建築物群

  1. メテオラ

    メテオラ

  2. トルン

    トルン

  3. ラヴォー

    ラヴォー

  1. ウベダとバエサのルネサンス様式の記念碑的建造物群

    ウベダとバエサのルネサンス様式の記念碑的建造物群

  2. イルリサット

    イルリサット

  3. ラ・ロンハ・デ・ラ・セダ

    ラ・ロンハ・デ・ラ・セダ

  1. アルト・ドウロ・ワイン生産地域

    アルト・ドウロ・ワイン生産地域

  2. アングラ・ド・エロイズモ

    アングラ・ド・エロイズモ

  3. ワルシャワ

    ワルシャワ

  1. 歴史的城塞都市クエンカ

    歴史的城塞都市クエンカ

  2. チレントおよびヴァッロ・ディ・ディアーノ国立公園

    チレントおよびヴァッロ・ディ・ディアーノ国立公園

  3. ヴィエリチカ岩塩坑

    ヴィエリチカ岩塩坑

  1. ロワール渓谷

    ロワール渓谷

  2. オビエド

    オビエド

  3. リトミシュル城

    リトミシュル城

  1. カタルーニャ音楽堂

    カタルーニャ音楽堂

  2. レユニオン島の尖峰群、圏谷群および絶壁群

    レユニオン島の尖峰群、圏谷群および絶壁群

  3. ラ・ショー=ド=フォンとル・ロックル

    ラ・ショー=ド=フォンとル・ロックル

  1. 歴史的城塞都市カルカソンヌ

    歴史的城塞都市カルカソンヌ

  2. リスボンのジェロニモス修道院とベレンの塔

    リスボンのジェロニモス修道院とベレンの塔

  3. ラポニア地域

    ラポニア地域

  1. ピエンツァ

    ピエンツァ

  2. エル・エスコリアル修道院

    エル・エスコリアル修道院

  3. イベリア半島の地中海沿岸の岩絵

    イベリア半島の地中海沿岸の岩絵

  1. ハフパット修道院

    ハフパット修道院

  2. ヤヴォルとシフィドニツァの平和教会群

    ヤヴォルとシフィドニツァの平和教会群

  3. レーティッシュ鉄道アルブラ線・ベルニナ線と周辺の景観

    レーティッシュ鉄道アルブラ線・ベルニナ線と周辺の景観

  1. リメス

    リメス

  2. グラナダのアルハンブラ、ヘネラリーフェ、アルバイシン

    グラナダのアルハンブラ、ヘネラリーフェ、アルバイシン

  3. マルボルク城

    マルボルク城

  1. モン・ペルデュ

    モン・ペルデュ

  2. ヴァッハウ渓谷

    ヴァッハウ渓谷

  3. ラウマ旧市街

    ラウマ旧市街

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る