マデイラ島の照葉樹林

マデイラ島の照葉樹林

マデイラ島の照葉樹林とは、ポルトガルのマデイラ諸島の主島であるマデイラ島に分布する照葉樹林原生林のことをいう。世界遺産に登録されている。

ヨーロッパを包み込んだ第四紀更新世における氷河の影響を辛うじて免れた、アトラト山脈北稜(モロッコ・アルジェリア領内);カナリア諸島のゴメラ島のガラホナイ国立公園(世界遺産)を中心とした区域、ラ・パルマ島(特に北東部)、テネリフェ島(北部の狭い区域);アソーレス諸島の一部の島々と並び、氷河期以前のヨーロッパにおける植生分布の典型として貴重である。

太平洋周縁と異なり、氷河気候が卓越した中で照葉樹林がほとんど残らなかった大西洋周縁の照葉樹林原生林としても非常に重要。このため正式には「遺存型照葉樹林」と呼ばれている。

なお、ポルトガル語名の「ラウリシルヴァ」(スペイン語名「ラウリシルバ」)は、「月桂樹林」と誤訳されることが多いが、実際は月桂樹が優占する単相林ではなく、多様な常緑広葉樹及び常緑針葉樹から成る森林である。

概要
マデイラ島の照葉樹林とは、ポルトガルのマデイラ諸島の主島であるマデイラ島に分布する照葉樹林原生林のことをいう。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. ヘラクレスの塔

    ヘラクレスの塔

  2. ロンドン塔

    ロンドン塔

  3. モン・ペルデュ

    モン・ペルデュ

  1. カサ・ビセンス

    カサ・ビセンス

  2. フェラーラ

    フェラーラ

  3. ハフパット修道院

    ハフパット修道院

  1. サン・パウ病院

    サン・パウ病院

  2. ウベダとバエサのルネサンス様式の記念碑的建造物群

    ウベダとバエサのルネサンス様式の記念碑的建造物群

  3. アルト・ドウロ・ワイン生産地域

    アルト・ドウロ・ワイン生産地域

  1. ラウマ旧市街

    ラウマ旧市街

  2. オビエド

    オビエド

  3. ワルシャワ

    ワルシャワ

  1. ロルシュ修道院

    ロルシュ修道院

  2. ヤロスラヴリ

    ヤロスラヴリ

  3. レーティッシュ鉄道アルブラ線・ベルニナ線と周辺の景観

    レーティッシュ鉄道アルブラ線・ベルニナ線と周辺の景観

  1. アラゴンのムデハル様式の建築物

    アラゴンのムデハル様式の建築物

  2. ルクセンブルク (都市)

    ルクセンブルク (都市)

  3. ザモシチ

    ザモシチ

  1. グラナダのアルハンブラ、ヘネラリーフェ、アルバイシン

    グラナダのアルハンブラ、ヘネラリーフェ、アルバイシン

  2. ポルトヴェーネレ

    ポルトヴェーネレ

  3. ゼメリング鉄道

    ゼメリング鉄道

  1. モンス市スピエンヌの新石器時代の火打石採掘地

    モンス市スピエンヌの新石器時代の火打石採掘地

  2. クレムリン

    クレムリン

  3. レユニオン島の尖峰群、圏谷群および絶壁群

    レユニオン島の尖峰群、圏谷群および絶壁群

  1. リメス

    リメス

  2. アイアンブリッジ峡谷

    アイアンブリッジ峡谷

  3. イベリア半島の地中海沿岸の岩絵

    イベリア半島の地中海沿岸の岩絵

  1. イナクセシブル島

    イナクセシブル島

  2. ランスのノートルダム大聖堂、サン=レミ旧大修道院、トー宮殿

    ランスのノートルダム大聖堂、サン=レミ旧大修道院、トー宮殿

  3. ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂

    ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂

  1. レーゲンスブルクの旧市街とシュタットアムホーフ

    レーゲンスブルクの旧市街とシュタットアムホーフ

  2. リング・オブ・ブロッガー

    リング・オブ・ブロッガー

  3. イスタンブルの歴史地区

    イスタンブルの歴史地区

  1. アングラ・ド・エロイズモ

    アングラ・ド・エロイズモ

  2. サンタ・マリア・デ・グアダルーペ王立修道院

    サンタ・マリア・デ・グアダルーペ王立修道院

  3. ランメルスベルク鉱山、歴史都市ゴスラーとオーバーハルツ水利管理システム

    ランメルスベルク鉱山、歴史都市ゴスラーとオーバーハルツ水利管理システム

  1. サンティアゴ・デ・コンポステーラ

    サンティアゴ・デ・コンポステーラ

  2. ロスキレ大聖堂

    ロスキレ大聖堂

  3. ポー川

    ポー川

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る