マラムレシュの木造聖堂群

マラムレシュの木造聖堂群

マラムレシュの木造聖堂群は、ルーマニアの世界遺産の一つである。トランシルヴァニア地方北部のマラムレシュに残る木造聖堂群のうち、異なる時代や地域ごとにそれぞれの建築技法で建てられた、8つの代表的なルーマニア正教会の木造聖堂が登録されている。それらは、西端に背が高くほっそりとした鐘楼を備えた高度な木造建築物であり、北部ルーマニアの山岳地帯における文化的景観を、その地域固有の方法で体現したものである。

マラムレシュは中世以来の自治的な伝統によって、ルーマニアの中でも比較的よく知られた地方である。その保存状態の良好な木造の聖堂や村落、伝統的な生活様式、今なお用いられている地方独特の色鮮やかな服装などは、マラムレシュをあたかも生きた博物館のようにしている。

この地方の有名な木造聖堂群は、以前に建てられていた聖堂の敷地に、17世紀から18世紀にかけて建造されたものである。その背景にあったのは、ルーマニア正教会の聖堂を石で建造することを禁じられたことへの反発である。

聖堂は太い丸太で建造され、内部は小ぢんまりとして薄暗く、素朴な技法で聖書に題材を採ったイコンが多くある。最も特徴的なのは入り口の上に聳える鐘楼と、聖堂本体が小さく見えてしまうような大きな屋根である。

概要
マラムレシュの木造聖堂群は、ルーマニアの世界遺産の一つである。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. リヨン歴史地区

    リヨン歴史地区

  2. ワッデン海

    ワッデン海

  3. アラゴンのムデハル様式の建築物

    アラゴンのムデハル様式の建築物

  1. レドニツェとヴァルチツェの文化的景観

    レドニツェとヴァルチツェの文化的景観

  2. ロルシュ修道院

    ロルシュ修道院

  3. アントニヌスの長城

    アントニヌスの長城

  1. ユッセ城

    ユッセ城

  2. ラ・ルヴィエールとル・ルーにあるサントル運河の4つのリフトとその周辺 (エノー州)

    ラ・ルヴィエールとル・ルーにあるサントル運河の4つのリフトとその周辺 (エノー州)

  3. ピエンツァ

    ピエンツァ

  1. ヴァル・ドルチャ

    ヴァル・ドルチャ

  2. ポー川

    ポー川

  3. アルト・ドウロ・ワイン生産地域

    アルト・ドウロ・ワイン生産地域

  1. ヴァルトブルク城

    ヴァルトブルク城

  2. モンス市スピエンヌの新石器時代の火打石採掘地

    モンス市スピエンヌの新石器時代の火打石採掘地

  3. コインブラ大学

    コインブラ大学

  1. リューベック

    リューベック

  2. グラーツ

    グラーツ

  3. ゼメリング鉄道

    ゼメリング鉄道

  1. ロドスの中世都市

    ロドスの中世都市

  2. 赤の広場

    赤の広場

  3. リスボンのジェロニモス修道院とベレンの塔

    リスボンのジェロニモス修道院とベレンの塔

  1. ラヴェンナの初期キリスト教建築物群

    ラヴェンナの初期キリスト教建築物群

  2. カタルーニャ音楽堂

    カタルーニャ音楽堂

  3. ラポニア地域

    ラポニア地域

  1. アントニ・ガウディの作品群

    アントニ・ガウディの作品群

  2. ハフパット修道院

    ハフパット修道院

  3. ルクセンブルク (都市)

    ルクセンブルク (都市)

  1. エル・エスコリアル修道院

    エル・エスコリアル修道院

  2. ローマ帝国の国境線

    ローマ帝国の国境線

  3. フェラーラ

    フェラーラ

  1. メテオラ

    メテオラ

  2. アイアンブリッジ峡谷

    アイアンブリッジ峡谷

  3. ルーゴ (スペイン)

    ルーゴ (スペイン)

  1. エディンバラ新市街

    エディンバラ新市街

  2. サン・パウ病院

    サン・パウ病院

  3. アルハンブラ宮殿

    アルハンブラ宮殿

  1. イベリア半島の地中海沿岸の岩絵

    イベリア半島の地中海沿岸の岩絵

  2. ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂

    ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂

  3. リガ

    リガ

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る