イヴァノヴォの岩窟教会群

イヴァノヴォの岩窟教会群

イヴァノヴォの岩窟教会群(Ивановски скални църкви, Ivanovski skalni tsarkvi)は、ブルガリアにある岩を刳り貫いて作られた聖堂、修道院などの建造物群をさすユネスコの世界遺産としての登録名。ルセ州イヴァノヴォ村に近く、ルーセの南20 km にあたるルセンスキ・ロム川沿いにそびえる岩だらけの堤にある(川からの標高は32 m である)。この教会群は、保存状態の良い美しい中世のフレスコ画で知られている。

この地方の洞窟群には、後のブルガリア正教会総主教ヨアキムが居を定めた1320年代以降17世紀まで、修道士たちが住むようになっていた。彼らは、僧房、教会群、礼拝堂などを硬い岩から切り出しており、修道院建造物群はおよそ40もの教会群を頂点に戴いていた。その周りには、他の宗教施設用地が300ほどあったが、そのほとんどは現存していない。
教会群に残る肖像画からも明らかなように、イヴァン・アレクサンデル(Ivan Alexander)やイヴァン・アセン2世といった第2次ブルガリア帝国の皇帝たちは、この教会群に頻繁に寄進を行った。王族以外のパトロンには、13世紀から14世紀にかけて修道院が強く結びついていた首都タルノヴォの貴族たちが含まれていた。
14世紀にはブルガリア一帯のヘシカズム(hesychasm)の中心地となり、オスマン帝国に組み込まれた当初も存続し続けたが、漸次衰退していった。

修道院の建築物群の名声は、その多くを13世紀から14世紀にかけてのフレスコ画に負っている。それらは教会群の内の5つの教会に保存されており、中世ブルガリア美術の傑作として評価されている。岩窟施設群は修道士たちに使われていたもので、大天使聖ミカエル礼拝堂、洗礼堂、Gospodev Dol礼拝堂、聖テオドルス礼拝堂や、中心となる聖母教会などを含んでいた。特に聖母教会に残る14世紀の壁画はおそらく最も有名なもので、かつPalaeologan美術の最も優れた例証とされている。修道院群の敷地内には、同様に何世紀も経た碑文が残されている。その中でも有名なのは、1308年から1309年に修道士イヴォ・グラマティク(Ivo Gramatik)によって書かれたものである。

概要
イヴァノヴォの岩窟教会群(Ивановски скални църкви, Ivanovski skalni tsarkvi)は、ブルガリアにある岩を刳り貫いて作られた聖堂、修道院などの建造物群をさすユネスコの世界遺産としての登録名。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. ラス・メドゥラス

    ラス・メドゥラス

  2. リヨン歴史地区

    リヨン歴史地区

  3. チレントおよびヴァッロ・ディ・ディアーノ国立公園

    チレントおよびヴァッロ・ディ・ディアーノ国立公園

  1. クレムリン

    クレムリン

  2. アイアンブリッジ峡谷

    アイアンブリッジ峡谷

  3. エンゲルスバーリ製鉄所

    エンゲルスバーリ製鉄所

  1. アントニ・ガウディの作品群

    アントニ・ガウディの作品群

  2. アランフエス

    アランフエス

  3. メテオラ

    メテオラ

  1. ラ・ロンハ・デ・ラ・セダ

    ラ・ロンハ・デ・ラ・セダ

  2. モデナ大聖堂

    モデナ大聖堂

  3. レーロース

    レーロース

  1. ミケーネ

    ミケーネ

  2. モン・サン=ミシェル

    モン・サン=ミシェル

  3. カサ・ビセンス

    カサ・ビセンス

  1. ウベダとバエサのルネサンス様式の記念碑的建造物群

    ウベダとバエサのルネサンス様式の記念碑的建造物群

  2. メリダ (スペイン)

    メリダ (スペイン)

  3. 水銀の遺産アルマデンとイドリヤ

    水銀の遺産アルマデンとイドリヤ

  1. ヴィエリチカ岩塩坑

    ヴィエリチカ岩塩坑

  2. ラ・ルヴィエールとル・ルーにあるサントル運河の4つのリフトとその周辺 (エノー州)

    ラ・ルヴィエールとル・ルーにあるサントル運河の4つのリフトとその周辺 (エノー州)

  3. ポー川

    ポー川

  1. ワッデン海

    ワッデン海

  2. リガ

    リガ

  3. レーティッシュ鉄道アルブラ線・ベルニナ線と周辺の景観

    レーティッシュ鉄道アルブラ線・ベルニナ線と周辺の景観

  1. ハフパット修道院

    ハフパット修道院

  2. ワルシャワ

    ワルシャワ

  3. ヴァル・ディ・ノートの後期バロック様式の町々

    ヴァル・ディ・ノートの後期バロック様式の町々

  1. ロドスの中世都市

    ロドスの中世都市

  2. ヴァル・ドルチャ

    ヴァル・ドルチャ

  3. ラウマ旧市街

    ラウマ旧市街

  1. ロワール渓谷

    ロワール渓谷

  2. ローマ帝国の国境線

    ローマ帝国の国境線

  3. ラポニア地域

    ラポニア地域

  1. カタルーニャ音楽堂

    カタルーニャ音楽堂

  2. セゴビア旧市街と水道橋

    セゴビア旧市街と水道橋

  3. リスボンのジェロニモス修道院とベレンの塔

    リスボンのジェロニモス修道院とベレンの塔

  1. エルチェの椰子園

    エルチェの椰子園

  2. アラゴンのムデハル様式の建築物

    アラゴンのムデハル様式の建築物

  3. アルビの司教都市

    アルビの司教都市

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る