イェリング墳墓群

イェリング墳墓群

イェリング墳墓群(イェリングふんぼぐん、Jelling Mounds, Runic Stones and Church)はデンマーク、ユトランド半島中部のイェリング近郊で発見された ルーン文字の刻まれた10世紀の石碑で知られる墳墓群で、石碑はデンマークの国家の起源を示す貴重な文字資料である。 1994年に世界遺産に登録された。

イェリングにある最も古い石碑は、デンマークの最初の王とされるゴーム老王とチューラ王妃について刻んだものである。 ゴーム老王とチューラ王妃のものより大きな石碑は、かれらの子であるハーラル青歯王の記念碑である。ハーラル青歯王がデンマークとノルウェーを征服したこととデーン人のキリスト教への改宗を祝って建てられた。石碑は、イェリングの教会墓地にある二つのおおきな古墳の間に建てられている。これらの石碑はノルウェー人の土着宗教とデンマークのキリスト教化の移行期の様相を表している。

概要
イェリング墳墓群(イェリングふんぼぐん、Jelling Mounds, Runic Stones and Church)はデンマーク、ユトランド半島中部のイェリング近郊で発見された ルーン文字の刻まれた10世紀の石碑で知られる墳墓群で、石碑はデンマークの国家の起源を示す貴重な文字資料である。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. ヴァッハウ渓谷

    ヴァッハウ渓谷

  2. ワルシャワ

    ワルシャワ

  3. イベリア半島の地中海沿岸の岩絵

    イベリア半島の地中海沿岸の岩絵

  1. アテナイのアクロポリス

    アテナイのアクロポリス

  2. エルチェの椰子園

    エルチェの椰子園

  3. メルク修道院

    メルク修道院

  1. スホクラントとその周辺

    スホクラントとその周辺

  2. エヴォラ

    エヴォラ

  3. フェラポントフ修道院

    フェラポントフ修道院

  1. ラ・ショー=ド=フォンとル・ロックル

    ラ・ショー=ド=フォンとル・ロックル

  2. ウベダとバエサのルネサンス様式の記念碑的建造物群

    ウベダとバエサのルネサンス様式の記念碑的建造物群

  3. ピエンツァ

    ピエンツァ

  1. セビリア大聖堂

    セビリア大聖堂

  2. ヴァル・ディ・ノートの後期バロック様式の町々

    ヴァル・ディ・ノートの後期バロック様式の町々

  3. ポルトヴェーネレ

    ポルトヴェーネレ

  1. イルリサット

    イルリサット

  2. ザモシチ

    ザモシチ

  3. サンティアゴ・デ・コンポステーラ

    サンティアゴ・デ・コンポステーラ

  1. トルン

    トルン

  2. ヘラクレスの塔

    ヘラクレスの塔

  3. アルハンブラ宮殿

    アルハンブラ宮殿

  1. ローマ帝国の国境線

    ローマ帝国の国境線

  2. サン・パウ病院

    サン・パウ病院

  3. モン・ペルデュ

    モン・ペルデュ

  1. ワッデン海

    ワッデン海

  2. アマルフィ海岸

    アマルフィ海岸

  3. ランスのノートルダム大聖堂、サン=レミ旧大修道院、トー宮殿

    ランスのノートルダム大聖堂、サン=レミ旧大修道院、トー宮殿

  1. リメス

    リメス

  2. ラ・ルヴィエールとル・ルーにあるサントル運河の4つのリフトとその周辺 (エノー州)

    ラ・ルヴィエールとル・ルーにあるサントル運河の4つのリフトとその周辺 (エノー州)

  3. マルボルク城

    マルボルク城

  1. ラヴェンナの初期キリスト教建築物群

    ラヴェンナの初期キリスト教建築物群

  2. ライヒェナウ島

    ライヒェナウ島

  3. メリダ (スペイン)

    メリダ (スペイン)

  1. サン・ミジャンのユソ修道院とスソ修道院

    サン・ミジャンのユソ修道院とスソ修道院

  2. アルト・ドウロ・ワイン生産地域

    アルト・ドウロ・ワイン生産地域

  3. モルダヴィア北部の壁画教会群

    モルダヴィア北部の壁画教会群

  1. ポー川

    ポー川

  2. ロドスの中世都市

    ロドスの中世都市

  3. リューベック

    リューベック

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る