イタリアのロンゴバルド族:権勢の足跡 (568-774年)

イタリアのロンゴバルド族:権勢の足跡 (568-774年)

「イタリアのロンゴバルド族:権勢の足跡 (568-774年)」は、イタリア各地に残るロンゴバルド王国時代の建造物や遺跡などを対象とするユネスコの世界遺産リスト登録物件である。ロンゴバルド族が残した建造物群は、ローマ建築、ビザンティン建築、北ヨーロッパのゲルマン人の様式の特色やキリスト教の精神性が融合されており、古代から中世へと変遷する建築様式をよく伝えるものである。

概要
「イタリアのロンゴバルド族:権勢の足跡 (568-774年)」は、イタリア各地に残るロンゴバルド王国時代の建造物や遺跡などを対象とするユネスコの世界遺産リスト登録物件である。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. イナクセシブル島

    イナクセシブル島

  2. ポー川

    ポー川

  3. エルチェの椰子園

    エルチェの椰子園

  1. ラヴェンナの初期キリスト教建築物群

    ラヴェンナの初期キリスト教建築物群

  2. パルテノン神殿

    パルテノン神殿

  3. クレムリン

    クレムリン

  1. リヴィウ

    リヴィウ

  2. カタルーニャ音楽堂

    カタルーニャ音楽堂

  3. モデナ大聖堂

    モデナ大聖堂

  1. アルハンブラ宮殿

    アルハンブラ宮殿

  2. ローマ帝国の国境線

    ローマ帝国の国境線

  3. ウベダとバエサのルネサンス様式の記念碑的建造物群

    ウベダとバエサのルネサンス様式の記念碑的建造物群

  1. ユッセ城

    ユッセ城

  2. リェヴィシャの生神女教会

    リェヴィシャの生神女教会

  3. アングラ・ド・エロイズモ

    アングラ・ド・エロイズモ

  1. インディアス総合古文書館

    インディアス総合古文書館

  2. ロンドン塔

    ロンドン塔

  3. ラ・ルヴィエールとル・ルーにあるサントル運河の4つのリフトとその周辺 (エノー州)

    ラ・ルヴィエールとル・ルーにあるサントル運河の4つのリフトとその周辺 (エノー州)

  1. アテナイのアクロポリス

    アテナイのアクロポリス

  2. リトミシュル城

    リトミシュル城

  3. モルダヴィア北部の壁画教会群

    モルダヴィア北部の壁画教会群

  1. セゴビア旧市街と水道橋

    セゴビア旧市街と水道橋

  2. イベリア半島の地中海沿岸の岩絵

    イベリア半島の地中海沿岸の岩絵

  3. ライヒェナウ島

    ライヒェナウ島

  1. サナイン修道院

    サナイン修道院

  2. スホクラントとその周辺

    スホクラントとその周辺

  3. 赤の広場

    赤の広場

  1. ヴァルトブルク城

    ヴァルトブルク城

  2. ワルシャワ

    ワルシャワ

  3. 歴史的城塞都市カルカソンヌ

    歴史的城塞都市カルカソンヌ

  1. コインブラ大学

    コインブラ大学

  2. サンタ・マリア・デ・グアダルーペ王立修道院

    サンタ・マリア・デ・グアダルーペ王立修道院

  3. ヘラクレスの塔

    ヘラクレスの塔

  1. リスボンのジェロニモス修道院とベレンの塔

    リスボンのジェロニモス修道院とベレンの塔

  2. サンティアゴ・デ・コンポステーラ

    サンティアゴ・デ・コンポステーラ

  3. ルーゴ (スペイン)

    ルーゴ (スペイン)

  1. モンス市スピエンヌの新石器時代の火打石採掘地

    モンス市スピエンヌの新石器時代の火打石採掘地

  2. 聖オーガスティン修道院

    聖オーガスティン修道院

  3. ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂

    ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る