イタリアのロンゴバルド族:権勢の足跡 (568-774年)

イタリアのロンゴバルド族:権勢の足跡 (568-774年)

「イタリアのロンゴバルド族:権勢の足跡 (568-774年)」は、イタリア各地に残るロンゴバルド王国時代の建造物や遺跡などを対象とするユネスコの世界遺産リスト登録物件である。ロンゴバルド族が残した建造物群は、ローマ建築、ビザンティン建築、北ヨーロッパのゲルマン人の様式の特色やキリスト教の精神性が融合されており、古代から中世へと変遷する建築様式をよく伝えるものである。

概要
「イタリアのロンゴバルド族:権勢の足跡 (568-774年)」は、イタリア各地に残るロンゴバルド王国時代の建造物や遺跡などを対象とするユネスコの世界遺産リスト登録物件である。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. イナクセシブル島

    イナクセシブル島

  2. エディンバラ新市街

    エディンバラ新市街

  3. グラーツ

    グラーツ

  1. レーティッシュ鉄道アルブラ線・ベルニナ線と周辺の景観

    レーティッシュ鉄道アルブラ線・ベルニナ線と周辺の景観

  2. フェラーラ

    フェラーラ

  3. リヴィウ

    リヴィウ

  1. クレムリン

    クレムリン

  2. ポルトヴェーネレ

    ポルトヴェーネレ

  3. イベリア半島の地中海沿岸の岩絵

    イベリア半島の地中海沿岸の岩絵

  1. シュトラールズント

    シュトラールズント

  2. モン・サン=ミシェル

    モン・サン=ミシェル

  3. ワルシャワ

    ワルシャワ

  1. サナイン修道院

    サナイン修道院

  2. ロドスの中世都市

    ロドスの中世都市

  3. リメス

    リメス

  1. アルト・ドウロ・ワイン生産地域

    アルト・ドウロ・ワイン生産地域

  2. ラ・ロンハ・デ・ラ・セダ

    ラ・ロンハ・デ・ラ・セダ

  3. ラヴェンナの初期キリスト教建築物群

    ラヴェンナの初期キリスト教建築物群

  1. レヴォチャ歴史地区、スピシュスキー城及びその関連する文化財

    レヴォチャ歴史地区、スピシュスキー城及びその関連する文化財

  2. エヴォラ

    エヴォラ

  3. ロワール渓谷

    ロワール渓谷

  1. ラヴォー

    ラヴォー

  2. アントニ・ガウディの作品群

    アントニ・ガウディの作品群

  3. ワッデン海

    ワッデン海

  1. 聖マーティン教会

    聖マーティン教会

  2. セゴビア旧市街と水道橋

    セゴビア旧市街と水道橋

  3. リェヴィシャの生神女教会

    リェヴィシャの生神女教会

  1. ロスキレ大聖堂

    ロスキレ大聖堂

  2. リスボンのジェロニモス修道院とベレンの塔

    リスボンのジェロニモス修道院とベレンの塔

  3. ロルシュ修道院

    ロルシュ修道院

  1. 水銀の遺産アルマデンとイドリヤ

    水銀の遺産アルマデンとイドリヤ

  2. リング・オブ・ブロッガー

    リング・オブ・ブロッガー

  3. チンクエ・テッレ

    チンクエ・テッレ

  1. スホクラントとその周辺

    スホクラントとその周辺

  2. セビリア大聖堂

    セビリア大聖堂

  3. メルク修道院

    メルク修道院

  1. アラゴンのムデハル様式の建築物

    アラゴンのムデハル様式の建築物

  2. ポー川

    ポー川

  3. メリダ (スペイン)

    メリダ (スペイン)

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る