イリオス(トロイの考古遺跡)

イリオス(トロイの考古遺跡)

イリオス(古代ギリシア語イオニア方言形:Ἴλιος, Īlios イーリオス)は、ギリシア神話に登場する都市。イリオン(イオニア方言形:Ἴλιον, Īliov イーリオン)、トロイア(アッティカ方言形:Τροία, Troia トロイア、イオニア方言形:Τροίη, Troiē トロイエー、ドーリス方言形:Τρωία, Trōia トローイア)、トロイ(英語:Troy)、トロヤ(古典ラテン語:Troja トロイヤ)などとも呼ばれる。現在のトルコ北西部、ダーダネルス海峡以南(同海峡の東側、アジア側、トルコ語ではトゥルヴァ)にあったとされる。遺跡の入り口には、あの有名な「トロイの木馬」の複製が建てられている。

一般的に、ハインリッヒ・シュリーマンによって発掘された遺跡がイリオスに比定されている。神話ではかなりの規模を持った都市国家であるが、現在発掘によって確認される遺跡は城塞以上のものではない。ギリシア神話においては、アガメムノーンを頭とするアカイア軍に滅ぼされたとされ、そのあらましはホメロスの『イーリアス』をはじめとする叙事詩環に描かれている。

トロイの古代遺跡については、イリオス遺跡を参照のこと。

概要
イリオス(古代ギリシア語イオニア方言形:Ἴλιος, Īlios イーリオス)は、ギリシア神話に登場する都市。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. シュトラールズント

    シュトラールズント

  2. ワルシャワ

    ワルシャワ

  3. モデナ大聖堂

    モデナ大聖堂

  1. リェヴィシャの生神女教会

    リェヴィシャの生神女教会

  2. 聖オーガスティン修道院

    聖オーガスティン修道院

  3. ローマ帝国の国境線

    ローマ帝国の国境線

  1. 聖マーティン教会

    聖マーティン教会

  2. ヴァル・ドルチャ

    ヴァル・ドルチャ

  3. エルチェの椰子園

    エルチェの椰子園

  1. アテナイのアクロポリス

    アテナイのアクロポリス

  2. インディアス総合古文書館

    インディアス総合古文書館

  3. コインブラ大学

    コインブラ大学

  1. アントニヌスの長城

    アントニヌスの長城

  2. ヤロスラヴリ

    ヤロスラヴリ

  3. アルベロベッロのトゥルッリ

    アルベロベッロのトゥルッリ

  1. セゴビア旧市街と水道橋

    セゴビア旧市街と水道橋

  2. レーゲンスブルクの旧市街とシュタットアムホーフ

    レーゲンスブルクの旧市街とシュタットアムホーフ

  3. モルダヴィア北部の壁画教会群

    モルダヴィア北部の壁画教会群

  1. フェラポントフ修道院

    フェラポントフ修道院

  2. デルベント

    デルベント

  3. アラゴンのムデハル様式の建築物

    アラゴンのムデハル様式の建築物

  1. モンス市スピエンヌの新石器時代の火打石採掘地

    モンス市スピエンヌの新石器時代の火打石採掘地

  2. カサ・バトリョ

    カサ・バトリョ

  3. 水銀の遺産アルマデンとイドリヤ

    水銀の遺産アルマデンとイドリヤ

  1. ポルトヴェーネレ

    ポルトヴェーネレ

  2. カサ・ビセンス

    カサ・ビセンス

  3. サンティアゴ・デ・コンポステーラ

    サンティアゴ・デ・コンポステーラ

  1. エル・エスコリアル修道院

    エル・エスコリアル修道院

  2. レーロース

    レーロース

  3. ライヒェナウ島

    ライヒェナウ島

  1. ラ・ショー=ド=フォンとル・ロックル

    ラ・ショー=ド=フォンとル・ロックル

  2. アムステルダムの運河

    アムステルダムの運河

  3. サナイン修道院

    サナイン修道院

  1. メルク修道院

    メルク修道院

  2. ロドスの中世都市

    ロドスの中世都市

  3. レヴォチャ歴史地区、スピシュスキー城及びその関連する文化財

    レヴォチャ歴史地区、スピシュスキー城及びその関連する文化財

  1. リメス

    リメス

  2. パルテノン神殿

    パルテノン神殿

  3. ラ・ロンハ・デ・ラ・セダ

    ラ・ロンハ・デ・ラ・セダ

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る