Ir.D.F.ヴァウダヘマール

Ir.D.F.ヴァウダヘマール

Ir.D.F.ヴァウダヘマール(インジェニエール・デー・エフ-、オランダ語: Ir. D.F. Woudagemaal)はオランダ、フリースラント州南部のアイセル湖に面する町レメル (Lemmer) にある蒸気式揚水場で、世界最大の設備を有する。1920年に完成。名称は建築に携わった技師D.F.ヴァウダ(Dirk Frederik Wouda, 1880年 – 1961年)にちなむ。1998年にユネスコの世界遺産に登録された。

干拓によって造成された低地が国土の大部分を占めるオランダでは、歴史的に水の排出が重要な課題であった。風力を利用した揚水装置である風車はオランダを象徴する景観として有名である(キンデルダイク=エルスハウトの風車網、世界遺産)。19世紀後半からは蒸気式の装置が次々と導入されて各地で活躍した。Ir.D.F.ヴァウダヘマールもそのひとつであり、今日もなお現役で運用されている。

概要
Ir.D.F.ヴァウダヘマール(インジェニエール・デー・エフ-、オランダ語: Ir. D.F. Woudagemaal)はオランダ、フリースラント州南部のアイセル湖に面する町レメル (Lemmer) にある蒸気式揚水場で、世界最大の設備を有する。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. イナクセシブル島

    イナクセシブル島

  2. アテナイのアクロポリス

    アテナイのアクロポリス

  3. ヴァル・ディ・ノートの後期バロック様式の町々

    ヴァル・ディ・ノートの後期バロック様式の町々

  1. アマルフィ海岸

    アマルフィ海岸

  2. モンス市スピエンヌの新石器時代の火打石採掘地

    モンス市スピエンヌの新石器時代の火打石採掘地

  3. モデナ大聖堂

    モデナ大聖堂

  1. 水銀の遺産アルマデンとイドリヤ

    水銀の遺産アルマデンとイドリヤ

  2. レーゲンスブルクの旧市街とシュタットアムホーフ

    レーゲンスブルクの旧市街とシュタットアムホーフ

  3. リラ修道院

    リラ修道院

  1. ラ・ロンハ・デ・ラ・セダ

    ラ・ロンハ・デ・ラ・セダ

  2. ザモシチ

    ザモシチ

  3. ラ・ルヴィエールとル・ルーにあるサントル運河の4つのリフトとその周辺 (エノー州)

    ラ・ルヴィエールとル・ルーにあるサントル運河の4つのリフトとその周辺 (エノー州)

  1. ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂

    ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂

  2. リューベック

    リューベック

  3. ロワール渓谷

    ロワール渓谷

  1. ロドスの中世都市

    ロドスの中世都市

  2. ラヴォー

    ラヴォー

  3. ゼメリング鉄道

    ゼメリング鉄道

  1. アングラ・ド・エロイズモ

    アングラ・ド・エロイズモ

  2. アントニヌスの長城

    アントニヌスの長城

  3. ロルシュ修道院

    ロルシュ修道院

  1. パルテノン神殿

    パルテノン神殿

  2. アイアンブリッジ峡谷

    アイアンブリッジ峡谷

  3. 聖オーガスティン修道院

    聖オーガスティン修道院

  1. コインブラ大学

    コインブラ大学

  2. モン・ペルデュ

    モン・ペルデュ

  3. エル・エスコリアル修道院

    エル・エスコリアル修道院

  1. ラヴェンナの初期キリスト教建築物群

    ラヴェンナの初期キリスト教建築物群

  2. チンクエ・テッレ

    チンクエ・テッレ

  3. デルベント

    デルベント

  1. 聖マーティン教会

    聖マーティン教会

  2. アルビの司教都市

    アルビの司教都市

  3. グラーツ

    グラーツ

  1. ライヒェナウ島

    ライヒェナウ島

  2. カサ・バトリョ

    カサ・バトリョ

  3. カタルーニャ音楽堂

    カタルーニャ音楽堂

  1. セビリア大聖堂

    セビリア大聖堂

  2. ラポニア地域

    ラポニア地域

  3. ロスキレ大聖堂

    ロスキレ大聖堂

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る