ウィーン歴史地区

ウィーン歴史地区

ウィーン歴史地区は、オーストリアの世界遺産のひとつ。オーストリアの首都ウィーンは、古代ローマ時代からの歴史を持ち、その旧市街には様々な時代に立てられた様々な建築様式の建造物群が現存する。世界遺産の登録に当たっては、特にバロック時代以降の優れた建造物群や19世紀の都市計画の成果などが評価されたほか、近世以降「音楽の都」としてヨーロッパ文化史上で重要な役割を果たしたことなどが評価された。

概要
ウィーン歴史地区は、オーストリアの世界遺産のひとつ。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. フェラポントフ修道院

    フェラポントフ修道院

  2. アントニヌスの長城

    アントニヌスの長城

  3. リガ

    リガ

  1. モデナ大聖堂

    モデナ大聖堂

  2. エル・エスコリアル修道院

    エル・エスコリアル修道院

  3. ローマ帝国の国境線

    ローマ帝国の国境線

  1. モン・ペルデュ

    モン・ペルデュ

  2. 聖マーティン教会

    聖マーティン教会

  3. ヤロスラヴリ

    ヤロスラヴリ

  1. アマルフィ海岸

    アマルフィ海岸

  2. ラ・ロンハ・デ・ラ・セダ

    ラ・ロンハ・デ・ラ・セダ

  3. イナクセシブル島

    イナクセシブル島

  1. レーティッシュ鉄道アルブラ線・ベルニナ線と周辺の景観

    レーティッシュ鉄道アルブラ線・ベルニナ線と周辺の景観

  2. ヴァル・ディ・ノートの後期バロック様式の町々

    ヴァル・ディ・ノートの後期バロック様式の町々

  3. ヴァッハウ渓谷

    ヴァッハウ渓谷

  1. ゼメリング鉄道

    ゼメリング鉄道

  2. モルダヴィア北部の壁画教会群

    モルダヴィア北部の壁画教会群

  3. ランメルスベルク鉱山、歴史都市ゴスラーとオーバーハルツ水利管理システム

    ランメルスベルク鉱山、歴史都市ゴスラーとオーバーハルツ水利管理システム

  1. ロスキレ大聖堂

    ロスキレ大聖堂

  2. モンス市スピエンヌの新石器時代の火打石採掘地

    モンス市スピエンヌの新石器時代の火打石採掘地

  3. ユッセ城

    ユッセ城

  1. セゴビア旧市街と水道橋

    セゴビア旧市街と水道橋

  2. デルベント

    デルベント

  3. ヴァルトブルク城

    ヴァルトブルク城

  1. オビエド

    オビエド

  2. レドニツェとヴァルチツェの文化的景観

    レドニツェとヴァルチツェの文化的景観

  3. 歴史的城塞都市クエンカ

    歴史的城塞都市クエンカ

  1. アランフエス

    アランフエス

  2. ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂

    ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂

  3. ポー川

    ポー川

  1. ピエンツァ

    ピエンツァ

  2. ワッデン海

    ワッデン海

  3. リスボンのジェロニモス修道院とベレンの塔

    リスボンのジェロニモス修道院とベレンの塔

  1. ザモシチ

    ザモシチ

  2. 水銀の遺産アルマデンとイドリヤ

    水銀の遺産アルマデンとイドリヤ

  3. エルチェの椰子園

    エルチェの椰子園

  1. ライヒェナウ島

    ライヒェナウ島

  2. アングラ・ド・エロイズモ

    アングラ・ド・エロイズモ

  3. ルーゴ (スペイン)

    ルーゴ (スペイン)

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る