レナ川の柱群

レナ川の柱群

レナ川の柱群(ロシア語: Ле́нские столбы́, レナがわのちゅうぐん)は、ロシア連邦のシベリア極東部、レナ川沿いに見られる自然岩の地形であり、サハ共和国の首都ヤクーツクから上流約180キロメートル、ボートで1日もかからない距離の場所に存在している。柱群の高さは150メートルから300メートルで、カンブリア紀の海盆の隆起と、100度にもなる年較差がもたらす浸食作用で形成されたものである。一帯は1995年にレナ石柱自然公園(レンスキエ・ストルブイ自然公園)に指定され、2012年にはそれがUNESCOの世界遺産リストに登録された。

概要
レナ川の柱群(ロシア語: Ле́нские столбы́, レナがわのちゅうぐん)は、ロシア連邦のシベリア極東部、レナ川沿いに見られる自然岩の地形であり、サハ共和国の首都ヤクーツクから上流約180キロメートル、ボートで1日もかからない距離の場所に存在している。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. アラゴンのムデハル様式の建築物

    アラゴンのムデハル様式の建築物

  2. エヴォラ

    エヴォラ

  3. ランスのノートルダム大聖堂、サン=レミ旧大修道院、トー宮殿

    ランスのノートルダム大聖堂、サン=レミ旧大修道院、トー宮殿

  1. モン・サン=ミシェル

    モン・サン=ミシェル

  2. シュトラールズント

    シュトラールズント

  3. リューベック

    リューベック

  1. リヨン歴史地区

    リヨン歴史地区

  2. リガ

    リガ

  3. フェラポントフ修道院

    フェラポントフ修道院

  1. リェヴィシャの生神女教会

    リェヴィシャの生神女教会

  2. リラ修道院

    リラ修道院

  3. 聖マーティン教会

    聖マーティン教会

  1. 水銀の遺産アルマデンとイドリヤ

    水銀の遺産アルマデンとイドリヤ

  2. ポルトヴェーネレ

    ポルトヴェーネレ

  3. ヤロスラヴリ

    ヤロスラヴリ

  1. コインブラ大学

    コインブラ大学

  2. ランメルスベルク鉱山、歴史都市ゴスラーとオーバーハルツ水利管理システム

    ランメルスベルク鉱山、歴史都市ゴスラーとオーバーハルツ水利管理システム

  3. サン・ミジャンのユソ修道院とスソ修道院

    サン・ミジャンのユソ修道院とスソ修道院

  1. ラヴォー

    ラヴォー

  2. リトミシュル城

    リトミシュル城

  3. イベリア半島の地中海沿岸の岩絵

    イベリア半島の地中海沿岸の岩絵

  1. ロドスの中世都市

    ロドスの中世都市

  2. ユッセ城

    ユッセ城

  3. ルクセンブルク (都市)

    ルクセンブルク (都市)

  1. ラス・メドゥラス

    ラス・メドゥラス

  2. イルリサット

    イルリサット

  3. アルト・ドウロ・ワイン生産地域

    アルト・ドウロ・ワイン生産地域

  1. ライヒェナウ島

    ライヒェナウ島

  2. メテオラ

    メテオラ

  3. アルベロベッロのトゥルッリ

    アルベロベッロのトゥルッリ

  1. 歴史的城塞都市カルカソンヌ

    歴史的城塞都市カルカソンヌ

  2. アテナイのアクロポリス

    アテナイのアクロポリス

  3. リング・オブ・ブロッガー

    リング・オブ・ブロッガー

  1. ハフパット修道院

    ハフパット修道院

  2. イスタンブルの歴史地区

    イスタンブルの歴史地区

  3. アランフエス

    アランフエス

  1. ヤヴォルとシフィドニツァの平和教会群

    ヤヴォルとシフィドニツァの平和教会群

  2. カサ・ビセンス

    カサ・ビセンス

  3. リメス

    リメス

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る