レナ川の柱群

レナ川の柱群

レナ川の柱群(ロシア語: Ле́нские столбы́, レナがわのちゅうぐん)は、ロシア連邦のシベリア極東部、レナ川沿いに見られる自然岩の地形であり、サハ共和国の首都ヤクーツクから上流約180キロメートル、ボートで1日もかからない距離の場所に存在している。柱群の高さは150メートルから300メートルで、カンブリア紀の海盆の隆起と、100度にもなる年較差がもたらす浸食作用で形成されたものである。一帯は1995年にレナ石柱自然公園(レンスキエ・ストルブイ自然公園)に指定され、2012年にはそれがUNESCOの世界遺産リストに登録された。

概要
レナ川の柱群(ロシア語: Ле́нские столбы́, レナがわのちゅうぐん)は、ロシア連邦のシベリア極東部、レナ川沿いに見られる自然岩の地形であり、サハ共和国の首都ヤクーツクから上流約180キロメートル、ボートで1日もかからない距離の場所に存在している。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. ロスキレ大聖堂

    ロスキレ大聖堂

  2. エル・エスコリアル修道院

    エル・エスコリアル修道院

  3. メリダ (スペイン)

    メリダ (スペイン)

  1. サン・パウ病院

    サン・パウ病院

  2. モン・ペルデュ

    モン・ペルデュ

  3. レユニオン島の尖峰群、圏谷群および絶壁群

    レユニオン島の尖峰群、圏谷群および絶壁群

  1. ポルトヴェーネレ

    ポルトヴェーネレ

  2. ピエンツァ

    ピエンツァ

  3. ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂

    ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂

  1. ヴァル・ディ・ノートの後期バロック様式の町々

    ヴァル・ディ・ノートの後期バロック様式の町々

  2. リヨン歴史地区

    リヨン歴史地区

  3. ミケーネ

    ミケーネ

  1. オビエド

    オビエド

  2. ラ・ショー=ド=フォンとル・ロックル

    ラ・ショー=ド=フォンとル・ロックル

  3. モデナ大聖堂

    モデナ大聖堂

  1. ハフパット修道院

    ハフパット修道院

  2. ラ・ルヴィエールとル・ルーにあるサントル運河の4つのリフトとその周辺 (エノー州)

    ラ・ルヴィエールとル・ルーにあるサントル運河の4つのリフトとその周辺 (エノー州)

  3. ライヒェナウ島

    ライヒェナウ島

  1. レヴォチャ歴史地区、スピシュスキー城及びその関連する文化財

    レヴォチャ歴史地区、スピシュスキー城及びその関連する文化財

  2. ロルシュ修道院

    ロルシュ修道院

  3. レーロース

    レーロース

  1. リューベック

    リューベック

  2. イルリサット

    イルリサット

  3. アマルフィ海岸

    アマルフィ海岸

  1. チレントおよびヴァッロ・ディ・ディアーノ国立公園

    チレントおよびヴァッロ・ディ・ディアーノ国立公園

  2. ロンドン塔

    ロンドン塔

  3. デルベント

    デルベント

  1. コインブラ大学

    コインブラ大学

  2. ポー川

    ポー川

  3. エンゲルスバーリ製鉄所

    エンゲルスバーリ製鉄所

  1. ウベダとバエサのルネサンス様式の記念碑的建造物群

    ウベダとバエサのルネサンス様式の記念碑的建造物群

  2. メテオラ

    メテオラ

  3. ヤロスラヴリ

    ヤロスラヴリ

  1. 聖オーガスティン修道院

    聖オーガスティン修道院

  2. サナイン修道院

    サナイン修道院

  3. エヴォラ

    エヴォラ

  1. ラ・ロンハ・デ・ラ・セダ

    ラ・ロンハ・デ・ラ・セダ

  2. アテナイのアクロポリス

    アテナイのアクロポリス

  3. カサ・ビセンス

    カサ・ビセンス

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る