ヴェーガ

ヴェーガ

ヴェーガはノルウェーのヌールラン県の都市。地方自治体となったのは、1838年1月1日のことである。「ヴェーガ」は、ヴェーガ群島の6500の島々を含んでいると同時に、その中の主島の名前でもある。面積は163 km² である。

ヴェーガ島における人類の生活の痕跡は1万年前に遡るものであり、ノルウェー北部では最古の痕跡のひとつである。かつてそうであったのと同じように、現在でもなお漁業と農業が、島の重要産業となっている。今日の島の住民は、Holand, Valla, Igerøy, Gladstadに集中しており、とくにGladstadには市議会があり、島の商業的中心地にもなっている。

2004年には、ケワタガモの羽を取ることを中心産業としてきた群島の農業・漁業双方に関わる文化的景観が、北極圏の真南に位置する厳しい環境の中で1500年以上積み重ねられてきた「持続可能な開発」の例証として評価され、ユネスコの世界遺産に登録された。なお、ヴェーガ群島に見られる海洋性の気候と石灰岩の岩盤は、この地で10種のランや210種に及ぶ鳥類を育んでいる。

概要
ヴェーガはノルウェーのヌールラン県の都市。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. フェラーラ

    フェラーラ

  2. マルボルク城

    マルボルク城

  3. サン・ミジャンのユソ修道院とスソ修道院

    サン・ミジャンのユソ修道院とスソ修道院

  1. カサ・バトリョ

    カサ・バトリョ

  2. リガ

    リガ

  3. カタルーニャ音楽堂

    カタルーニャ音楽堂

  1. ライン渓谷中流上部

    ライン渓谷中流上部

  2. ルーゴ (スペイン)

    ルーゴ (スペイン)

  3. コインブラ大学

    コインブラ大学

  1. メテオラ

    メテオラ

  2. リスボンのジェロニモス修道院とベレンの塔

    リスボンのジェロニモス修道院とベレンの塔

  3. アラゴンのムデハル様式の建築物

    アラゴンのムデハル様式の建築物

  1. リェヴィシャの生神女教会

    リェヴィシャの生神女教会

  2. ラヴォー

    ラヴォー

  3. ミケーネ

    ミケーネ

  1. モデナ大聖堂

    モデナ大聖堂

  2. エディンバラ新市街

    エディンバラ新市街

  3. 聖マーティン教会

    聖マーティン教会

  1. ヤヴォルとシフィドニツァの平和教会群

    ヤヴォルとシフィドニツァの平和教会群

  2. ラウマ旧市街

    ラウマ旧市街

  3. アングラ・ド・エロイズモ

    アングラ・ド・エロイズモ

  1. アントニ・ガウディの作品群

    アントニ・ガウディの作品群

  2. リトミシュル城

    リトミシュル城

  3. ロワール渓谷

    ロワール渓谷

  1. エンゲルスバーリ製鉄所

    エンゲルスバーリ製鉄所

  2. ラポニア地域

    ラポニア地域

  3. メリダ (スペイン)

    メリダ (スペイン)

  1. エヴォラ

    エヴォラ

  2. ヴァル・ドルチャ

    ヴァル・ドルチャ

  3. モルダヴィア北部の壁画教会群

    モルダヴィア北部の壁画教会群

  1. サナイン修道院

    サナイン修道院

  2. カサ・ビセンス

    カサ・ビセンス

  3. グラナダのアルハンブラ、ヘネラリーフェ、アルバイシン

    グラナダのアルハンブラ、ヘネラリーフェ、アルバイシン

  1. ヴァッハウ渓谷

    ヴァッハウ渓谷

  2. ロドスの中世都市

    ロドスの中世都市

  3. アルベロベッロのトゥルッリ

    アルベロベッロのトゥルッリ

  1. 聖オーガスティン修道院

    聖オーガスティン修道院

  2. ウベダとバエサのルネサンス様式の記念碑的建造物群

    ウベダとバエサのルネサンス様式の記念碑的建造物群

  3. イナクセシブル島

    イナクセシブル島

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る