ヴェーガ

ヴェーガ

ヴェーガはノルウェーのヌールラン県の都市。地方自治体となったのは、1838年1月1日のことである。「ヴェーガ」は、ヴェーガ群島の6500の島々を含んでいると同時に、その中の主島の名前でもある。面積は163 km² である。

ヴェーガ島における人類の生活の痕跡は1万年前に遡るものであり、ノルウェー北部では最古の痕跡のひとつである。かつてそうであったのと同じように、現在でもなお漁業と農業が、島の重要産業となっている。今日の島の住民は、Holand, Valla, Igerøy, Gladstadに集中しており、とくにGladstadには市議会があり、島の商業的中心地にもなっている。

2004年には、ケワタガモの羽を取ることを中心産業としてきた群島の農業・漁業双方に関わる文化的景観が、北極圏の真南に位置する厳しい環境の中で1500年以上積み重ねられてきた「持続可能な開発」の例証として評価され、ユネスコの世界遺産に登録された。なお、ヴェーガ群島に見られる海洋性の気候と石灰岩の岩盤は、この地で10種のランや210種に及ぶ鳥類を育んでいる。

概要
ヴェーガはノルウェーのヌールラン県の都市。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. アイアンブリッジ峡谷

    アイアンブリッジ峡谷

  2. コインブラ大学

    コインブラ大学

  3. 歴史的城塞都市カルカソンヌ

    歴史的城塞都市カルカソンヌ

  1. ランスのノートルダム大聖堂、サン=レミ旧大修道院、トー宮殿

    ランスのノートルダム大聖堂、サン=レミ旧大修道院、トー宮殿

  2. アルベロベッロのトゥルッリ

    アルベロベッロのトゥルッリ

  3. ワルシャワ

    ワルシャワ

  1. ラス・メドゥラス

    ラス・メドゥラス

  2. カタルーニャ音楽堂

    カタルーニャ音楽堂

  3. ラ・ショー=ド=フォンとル・ロックル

    ラ・ショー=ド=フォンとル・ロックル

  1. アラゴンのムデハル様式の建築物

    アラゴンのムデハル様式の建築物

  2. ヴィエリチカ岩塩坑

    ヴィエリチカ岩塩坑

  3. モデナ大聖堂

    モデナ大聖堂

  1. ヴァル・ディ・ノートの後期バロック様式の町々

    ヴァル・ディ・ノートの後期バロック様式の町々

  2. レドニツェとヴァルチツェの文化的景観

    レドニツェとヴァルチツェの文化的景観

  3. ピエンツァ

    ピエンツァ

  1. ポー川

    ポー川

  2. 水銀の遺産アルマデンとイドリヤ

    水銀の遺産アルマデンとイドリヤ

  3. ランメルスベルク鉱山、歴史都市ゴスラーとオーバーハルツ水利管理システム

    ランメルスベルク鉱山、歴史都市ゴスラーとオーバーハルツ水利管理システム

  1. ルーゴ (スペイン)

    ルーゴ (スペイン)

  2. アランフエス

    アランフエス

  3. ラポニア地域

    ラポニア地域

  1. モンス市スピエンヌの新石器時代の火打石採掘地

    モンス市スピエンヌの新石器時代の火打石採掘地

  2. モン・サン=ミシェル

    モン・サン=ミシェル

  3. メルク修道院

    メルク修道院

  1. リトミシュル城

    リトミシュル城

  2. ラヴォー

    ラヴォー

  3. ラ・ルヴィエールとル・ルーにあるサントル運河の4つのリフトとその周辺 (エノー州)

    ラ・ルヴィエールとル・ルーにあるサントル運河の4つのリフトとその周辺 (エノー州)

  1. アルト・ドウロ・ワイン生産地域

    アルト・ドウロ・ワイン生産地域

  2. ヴァル・ドルチャ

    ヴァル・ドルチャ

  3. クレムリン

    クレムリン

  1. メリダ (スペイン)

    メリダ (スペイン)

  2. スホクラントとその周辺

    スホクラントとその周辺

  3. オビエド

    オビエド

  1. リューベック

    リューベック

  2. マルボルク城

    マルボルク城

  3. レーゲンスブルクの旧市街とシュタットアムホーフ

    レーゲンスブルクの旧市街とシュタットアムホーフ

  1. レーロース

    レーロース

  2. アントニヌスの長城

    アントニヌスの長城

  3. エルチェの椰子園

    エルチェの椰子園

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る