ウェストミンスター寺院

ウェストミンスター寺院

ウェストミンスター寺院(ウェストミンスターじいん、英語:Westminster Abbey)は、イギリスのロンドン・ウェストミンスターにある、イングランド国教会の教会。聖ペテロ修道教会。戴冠式などの王室行事が執り行われ、内部の壁と床には歴代の王や女王、政治家などが多数埋葬されている。墓地としては既に満杯状態で、新たに埋葬するスペースはもはやなくなっている。国会議事堂(ウェストミンスター宮殿)が隣接している。

イギリス中世の大規模なゴシック建築である。11世紀にエドワード懺悔王が建設し、1066年以降、英国国王の戴冠式が行われている。1245年、ヘンリー3世が再建を決め、フランスの建築家を招き、フランスのゴシック建築にならって現在の寺院を建て始めた。14世紀末までにおおよそ完成するが、正面部分は16世紀初め、塔は17世紀、と長期間にわたって建設されている。

多くの学校や職場で使用されている始業、終業のチャイムの音階は、同寺院のために1927年に作曲された「ウェストミンスターの鐘」が元となっている。

1987年、ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録。

概要
ウェストミンスター寺院(ウェストミンスターじいん、英語:Westminster Abbey)は、イギリスのロンドン・ウェストミンスターにある、イングランド国教会の教会。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. モンス市スピエンヌの新石器時代の火打石採掘地

    モンス市スピエンヌの新石器時代の火打石採掘地

  2. ラ・ショー=ド=フォンとル・ロックル

    ラ・ショー=ド=フォンとル・ロックル

  3. ワッデン海

    ワッデン海

  1. ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂

    ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂

  2. サンタ・マリア・デ・グアダルーペ王立修道院

    サンタ・マリア・デ・グアダルーペ王立修道院

  3. レーティッシュ鉄道アルブラ線・ベルニナ線と周辺の景観

    レーティッシュ鉄道アルブラ線・ベルニナ線と周辺の景観

  1. ライン渓谷中流上部

    ライン渓谷中流上部

  2. サン・パウ病院

    サン・パウ病院

  3. アマルフィ海岸

    アマルフィ海岸

  1. レーロース

    レーロース

  2. ロワール渓谷

    ロワール渓谷

  3. ヴァルトブルク城

    ヴァルトブルク城

  1. モン・サン=ミシェル

    モン・サン=ミシェル

  2. ロルシュ修道院

    ロルシュ修道院

  3. フェラポントフ修道院

    フェラポントフ修道院

  1. エヴォラ

    エヴォラ

  2. ランメルスベルク鉱山、歴史都市ゴスラーとオーバーハルツ水利管理システム

    ランメルスベルク鉱山、歴史都市ゴスラーとオーバーハルツ水利管理システム

  3. イナクセシブル島

    イナクセシブル島

  1. アムステルダムの運河

    アムステルダムの運河

  2. 聖マーティン教会

    聖マーティン教会

  3. ラ・ロンハ・デ・ラ・セダ

    ラ・ロンハ・デ・ラ・セダ

  1. アルベロベッロのトゥルッリ

    アルベロベッロのトゥルッリ

  2. ピエンツァ

    ピエンツァ

  3. ラウマ旧市街

    ラウマ旧市街

  1. アントニ・ガウディの作品群

    アントニ・ガウディの作品群

  2. アルハンブラ宮殿

    アルハンブラ宮殿

  3. アングラ・ド・エロイズモ

    アングラ・ド・エロイズモ

  1. モン・ペルデュ

    モン・ペルデュ

  2. イルリサット

    イルリサット

  3. リメス

    リメス

  1. セビリア大聖堂

    セビリア大聖堂

  2. 歴史的城塞都市カルカソンヌ

    歴史的城塞都市カルカソンヌ

  3. スホクラントとその周辺

    スホクラントとその周辺

  1. レーゲンスブルクの旧市街とシュタットアムホーフ

    レーゲンスブルクの旧市街とシュタットアムホーフ

  2. ヤヴォルとシフィドニツァの平和教会群

    ヤヴォルとシフィドニツァの平和教会群

  3. ルクセンブルク (都市)

    ルクセンブルク (都市)

  1. メリダ (スペイン)

    メリダ (スペイン)

  2. ラポニア地域

    ラポニア地域

  3. ラヴェンナの初期キリスト教建築物群

    ラヴェンナの初期キリスト教建築物群

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る