ウランゲリ島

ウランゲリ島

ウランゲリ島(ウランゲリとう、ロシア語: остров Врангеля 英語: Wrangel Island)は北極海、東シベリア海とチュクチ海との間にあるロシア領の島。極東連邦管区のチュクチ自治管区に所属している。大陸とはロング海峡を挟む。経度180度の子午線が通るが、日付変更線は島の東側に引かれている。

アザラシ、レミング、ホッキョクグマの繁殖地となっている。また、夏の間は多くの鳥がやってくる。

島の名前は探検家フェルディナント・フォン・ウランゲルに因む。彼はチュクチ族から島の位置を聞いて探索に向かったものの、見つけることは出来なかった。島を「発見」したのはアメリカの捕鯨船船長トマス・ロング(Thomas Long)である。

1911年には、ロシア人のグループが上陸した。1921年、カナダの探検家ステファンソン(Vilhjalmur Stefansson)はこの島をカナダ領とするため、カナダ人1名・アメリカ人3名・イヌイット1名、合計5名からなる移住者の一行を送った。しかしこの初期メンバーで生き残ったのはイヌイット1人のみであった。1923年にはあらためて13名(アメリカ人1名・イヌイット12名)からなる移住グループをこの島に送り込んだが、1924年にソビエトはステファンソンの送り込んだイヌイットを国外退去させ、現在ある町をつくった。

最後の氷河期、ウランゲリ島にはマンモスが生息していた。このマンモスは島嶼化によって一般的なマンモスより小型だった。考古学的証拠から、紀元前1700年頃に最後のマンモスがこの島で原住民に狩猟されて絶滅したと考えられている。

ただし最新の研究で、こうした考えに疑問が出され、人類の到達する約100年前にマンモスが絶滅していると考えられること、遺伝的多様性も維持されていたという調査結果から、環境の緩やかな変化や狩猟によってではなく、巨大な嵐、細菌、ウィルスといった突発的な事件によってマンモスは絶滅したのではないかという説も出されている。

同島の自然保護区は、2004年にはユネスコの世界遺産に自然遺産として登録された。

概要
ウランゲリ島(ウランゲリとう、ロシア語: остров Врангеля 英語: Wrangel Island)は北極海、東シベリア海とチュクチ海との間にあるロシア領の島。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. ヴァルトブルク城

    ヴァルトブルク城

  2. サナイン修道院

    サナイン修道院

  3. サン・パウ病院

    サン・パウ病院

  1. ラ・ルヴィエールとル・ルーにあるサントル運河の4つのリフトとその周辺 (エノー州)

    ラ・ルヴィエールとル・ルーにあるサントル運河の4つのリフトとその周辺 (エノー州)

  2. エヴォラ

    エヴォラ

  3. エル・エスコリアル修道院

    エル・エスコリアル修道院

  1. カタルーニャ音楽堂

    カタルーニャ音楽堂

  2. フェラポントフ修道院

    フェラポントフ修道院

  3. カサ・バトリョ

    カサ・バトリョ

  1. リメス

    リメス

  2. アングラ・ド・エロイズモ

    アングラ・ド・エロイズモ

  3. ラヴォー

    ラヴォー

  1. モン・サン=ミシェル

    モン・サン=ミシェル

  2. ラス・メドゥラス

    ラス・メドゥラス

  3. ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂

    ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂

  1. サンタ・マリア・デ・グアダルーペ王立修道院

    サンタ・マリア・デ・グアダルーペ王立修道院

  2. リトミシュル城

    リトミシュル城

  3. レヴォチャ歴史地区、スピシュスキー城及びその関連する文化財

    レヴォチャ歴史地区、スピシュスキー城及びその関連する文化財

  1. ヴァッハウ渓谷

    ヴァッハウ渓谷

  2. アルベロベッロのトゥルッリ

    アルベロベッロのトゥルッリ

  3. グラーツ

    グラーツ

  1. エディンバラ新市街

    エディンバラ新市街

  2. リューベック

    リューベック

  3. サンティアゴ・デ・コンポステーラ

    サンティアゴ・デ・コンポステーラ

  1. ライン渓谷中流上部

    ライン渓谷中流上部

  2. モルダヴィア北部の壁画教会群

    モルダヴィア北部の壁画教会群

  3. ポー川

    ポー川

  1. ラウマ旧市街

    ラウマ旧市街

  2. メテオラ

    メテオラ

  3. ヴァル・ディ・ノートの後期バロック様式の町々

    ヴァル・ディ・ノートの後期バロック様式の町々

  1. レーロース

    レーロース

  2. カサ・ビセンス

    カサ・ビセンス

  3. ラポニア地域

    ラポニア地域

  1. イベリア半島の地中海沿岸の岩絵

    イベリア半島の地中海沿岸の岩絵

  2. ロンドン塔

    ロンドン塔

  3. メルク修道院

    メルク修道院

  1. オビエド

    オビエド

  2. ヴァル・ドルチャ

    ヴァル・ドルチャ

  3. モデナ大聖堂

    モデナ大聖堂

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る