ヴルコリニェツ

ヴルコリニェツ

ヴルコリニェツ(ウルコリーネツ、Vlkolínec)は、スロバキア共和国ジリナ県ルジョムベロク郡ルジョムベロク市内の街区の一つで、低タトラ山脈の中腹にある村落である。

中世以来の伝統的な工法の建物群が現存していることから、1993年にユネスコの世界遺産に登録された。地元の人々が実際に暮らす村落で世界遺産に登録された例には、他に「ホッローケーの古い村落とその周辺」(ハンガリー)、「白川郷・五箇山の合掌造り集落」(日本)などがあるが、ヴルコリニェツはそれらよりも小さな村のため、町並みなどが対象となる「建造物群」に分類される文化遺産の中では、最小クラスの物件である。

ホッローケーから120キロという近さのため、2つの村落はしばしば類似の景観として理解されるが、ヴルコリニェツには独自の文化的伝統に対する強い誇りが存在する。とはいえ、わずか45軒の住居が並ぶ小さな村落では、定住人口は減少傾向にある。都会の住民が別荘などとして住居を買い取る事例も現れているが、外観は保持することが条件となっていることから、景観は守られている。しかし、ヴルコリニェツで伝統的に培われてきた村落共同体文化の維持・継承は困難になってきている。

概要
ヴルコリニェツ(ウルコリーネツ、Vlkolínec)は、スロバキア共和国ジリナ県ルジョムベロク郡ルジョムベロク市内の街区の一つで、低タトラ山脈の中腹にある村落である。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. レヴォチャ歴史地区、スピシュスキー城及びその関連する文化財

    レヴォチャ歴史地区、スピシュスキー城及びその関連する文化財

  2. カタルーニャ音楽堂

    カタルーニャ音楽堂

  3. ヘラクレスの塔

    ヘラクレスの塔

  1. ラヴェンナの初期キリスト教建築物群

    ラヴェンナの初期キリスト教建築物群

  2. ヴィエリチカ岩塩坑

    ヴィエリチカ岩塩坑

  3. アイアンブリッジ峡谷

    アイアンブリッジ峡谷

  1. リューベック

    リューベック

  2. コインブラ大学

    コインブラ大学

  3. リヴィウ

    リヴィウ

  1. アルト・ドウロ・ワイン生産地域

    アルト・ドウロ・ワイン生産地域

  2. ロドスの中世都市

    ロドスの中世都市

  3. エルチェの椰子園

    エルチェの椰子園

  1. パルテノン神殿

    パルテノン神殿

  2. イスタンブルの歴史地区

    イスタンブルの歴史地区

  3. エヴォラ

    エヴォラ

  1. グラナダのアルハンブラ、ヘネラリーフェ、アルバイシン

    グラナダのアルハンブラ、ヘネラリーフェ、アルバイシン

  2. ユッセ城

    ユッセ城

  3. ロルシュ修道院

    ロルシュ修道院

  1. ライヒェナウ島

    ライヒェナウ島

  2. リスボンのジェロニモス修道院とベレンの塔

    リスボンのジェロニモス修道院とベレンの塔

  3. ヴァル・ディ・ノートの後期バロック様式の町々

    ヴァル・ディ・ノートの後期バロック様式の町々

  1. ランメルスベルク鉱山、歴史都市ゴスラーとオーバーハルツ水利管理システム

    ランメルスベルク鉱山、歴史都市ゴスラーとオーバーハルツ水利管理システム

  2. ウベダとバエサのルネサンス様式の記念碑的建造物群

    ウベダとバエサのルネサンス様式の記念碑的建造物群

  3. アラゴンのムデハル様式の建築物

    アラゴンのムデハル様式の建築物

  1. ハフパット修道院

    ハフパット修道院

  2. リメス

    リメス

  3. サン・ミジャンのユソ修道院とスソ修道院

    サン・ミジャンのユソ修道院とスソ修道院

  1. イルリサット

    イルリサット

  2. ラス・メドゥラス

    ラス・メドゥラス

  3. ポルトヴェーネレ

    ポルトヴェーネレ

  1. モンス市スピエンヌの新石器時代の火打石採掘地

    モンス市スピエンヌの新石器時代の火打石採掘地

  2. フェラーラ

    フェラーラ

  3. アランフエス

    アランフエス

  1. グラーツ

    グラーツ

  2. ラ・ロンハ・デ・ラ・セダ

    ラ・ロンハ・デ・ラ・セダ

  3. トルン

    トルン

  1. エンゲルスバーリ製鉄所

    エンゲルスバーリ製鉄所

  2. ルクセンブルク (都市)

    ルクセンブルク (都市)

  3. リング・オブ・ブロッガー

    リング・オブ・ブロッガー

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る