エーランド島南部の農業景観

エーランド島南部の農業景観

「エーランド島南部の農業景観」は、スウェーデンにある文化的景観の一種で、ユネスコの世界遺産に登録されている。エーランド島にはStora Alvaretと呼ばれる石灰岩に覆われた不毛の平原が広がっているが、そのやせた地質と高いpHレベルのせいで、多くの希少種を含む植生が見られる。世界遺産登録理由は、その傑出した生物多様性と先史時代からの人類の苦闘の痕跡とが評価されたものである(ただし複合遺産ではなく文化遺産としての登録)。この地形は島の4分の1以上にあたる260km²以上にわたって広がっており、この種の地形としてはヨーロッパ最大級である。

不毛の平原といってもしばしば誤解されるような草一本生えない場所というわけではなく、pygmy forestと同種の、まばらだけれども多様な小樹木は見られるのである。

概要
「エーランド島南部の農業景観」は、スウェーデンにある文化的景観の一種で、ユネスコの世界遺産に登録されている。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. レユニオン島の尖峰群、圏谷群および絶壁群

    レユニオン島の尖峰群、圏谷群および絶壁群

  2. ハフパット修道院

    ハフパット修道院

  3. ロルシュ修道院

    ロルシュ修道院

  1. サンティアゴ・デ・コンポステーラ

    サンティアゴ・デ・コンポステーラ

  2. チンクエ・テッレ

    チンクエ・テッレ

  3. コインブラ大学

    コインブラ大学

  1. レドニツェとヴァルチツェの文化的景観

    レドニツェとヴァルチツェの文化的景観

  2. リガ

    リガ

  3. モン・サン=ミシェル

    モン・サン=ミシェル

  1. ラヴェンナの初期キリスト教建築物群

    ラヴェンナの初期キリスト教建築物群

  2. イナクセシブル島

    イナクセシブル島

  3. カサ・ビセンス

    カサ・ビセンス

  1. レヴォチャ歴史地区、スピシュスキー城及びその関連する文化財

    レヴォチャ歴史地区、スピシュスキー城及びその関連する文化財

  2. ワッデン海

    ワッデン海

  3. ヴァル・ドルチャ

    ヴァル・ドルチャ

  1. カサ・バトリョ

    カサ・バトリョ

  2. 聖マーティン教会

    聖マーティン教会

  3. アングラ・ド・エロイズモ

    アングラ・ド・エロイズモ

  1. ワルシャワ

    ワルシャワ

  2. アラゴンのムデハル様式の建築物

    アラゴンのムデハル様式の建築物

  3. インディアス総合古文書館

    インディアス総合古文書館

  1. 聖オーガスティン修道院

    聖オーガスティン修道院

  2. グラナダのアルハンブラ、ヘネラリーフェ、アルバイシン

    グラナダのアルハンブラ、ヘネラリーフェ、アルバイシン

  3. オビエド

    オビエド

  1. ピエンツァ

    ピエンツァ

  2. エディンバラ新市街

    エディンバラ新市街

  3. モンス市スピエンヌの新石器時代の火打石採掘地

    モンス市スピエンヌの新石器時代の火打石採掘地

  1. パルテノン神殿

    パルテノン神殿

  2. リスボンのジェロニモス修道院とベレンの塔

    リスボンのジェロニモス修道院とベレンの塔

  3. ゼメリング鉄道

    ゼメリング鉄道

  1. アムステルダムの運河

    アムステルダムの運河

  2. ヴァッハウ渓谷

    ヴァッハウ渓谷

  3. リヴィウ

    リヴィウ

  1. ヴィエリチカ岩塩坑

    ヴィエリチカ岩塩坑

  2. レーロース

    レーロース

  3. アイアンブリッジ峡谷

    アイアンブリッジ峡谷

  1. シュトラールズント

    シュトラールズント

  2. モルダヴィア北部の壁画教会群

    モルダヴィア北部の壁画教会群

  3. ライン渓谷中流上部

    ライン渓谷中流上部

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る