エトナ火山

エトナ火山

エトナ火山(エトナかざん、Etna)はイタリア南部シチリア島の東部にある活火山。旧名をモンジベッロ (Mongibello) という。ヨーロッパ最大の活火山であり、現在の標高は3,326mであるが、山頂での噴火により標高は変化する。1865年の標高はこれより21.6m高かった。アルプス以南のイタリアでは最も高い山である。山麓部の直径は140kmに及び、その面積は約1,190km2である。イタリアにある3つの活火山の内では飛び抜けて高く、2番目に高いヴェスヴィオ山の3倍近くもある。

エトナ火山は、世界で最も活動的な火山の一つであり、殆ど常に噴火している。時には大きな噴火を起こすこともあるが、特別に危険な火山とは見なされておらず、数千人が斜面とふもとに住む。肥えた火山性土壌は農業に適し、ふもとには葡萄園や果樹園が広がる。

エトナ火山の活動は、約50万年前から開始されている。活動開始時点では、海底火山であったと考えられている。約30万年前は、現在[いつ?]の山頂より南西の地区において火山活動が活発であったが、17万年前頃より現在[いつ?]の位置に移動した。この時期の活動はストロンボリ式噴火が多いが、何度か大噴火を起こし、カルデラを形成している。

神話において、テュポンが封印された場所だとされる。 ノアの大洪水を引き起こしたという説がある。

概要
エトナ火山(エトナかざん、Etna)はイタリア南部シチリア島の東部にある活火山。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. グラーツ

    グラーツ

  2. ヘラクレスの塔

    ヘラクレスの塔

  3. ヤロスラヴリ

    ヤロスラヴリ

  1. ローマ帝国の国境線

    ローマ帝国の国境線

  2. ヴァッハウ渓谷

    ヴァッハウ渓谷

  3. ポルトヴェーネレ

    ポルトヴェーネレ

  1. ラ・ロンハ・デ・ラ・セダ

    ラ・ロンハ・デ・ラ・セダ

  2. ラウマ旧市街

    ラウマ旧市街

  3. チレントおよびヴァッロ・ディ・ディアーノ国立公園

    チレントおよびヴァッロ・ディ・ディアーノ国立公園

  1. カサ・バトリョ

    カサ・バトリョ

  2. ロスキレ大聖堂

    ロスキレ大聖堂

  3. ライン渓谷中流上部

    ライン渓谷中流上部

  1. サナイン修道院

    サナイン修道院

  2. ハフパット修道院

    ハフパット修道院

  3. ロンドン塔

    ロンドン塔

  1. アングラ・ド・エロイズモ

    アングラ・ド・エロイズモ

  2. リェヴィシャの生神女教会

    リェヴィシャの生神女教会

  3. ピエンツァ

    ピエンツァ

  1. アイアンブリッジ峡谷

    アイアンブリッジ峡谷

  2. セビリア大聖堂

    セビリア大聖堂

  3. レーロース

    レーロース

  1. エル・エスコリアル修道院

    エル・エスコリアル修道院

  2. ラヴェンナの初期キリスト教建築物群

    ラヴェンナの初期キリスト教建築物群

  3. モン・サン=ミシェル

    モン・サン=ミシェル

  1. アルト・ドウロ・ワイン生産地域

    アルト・ドウロ・ワイン生産地域

  2. カタルーニャ音楽堂

    カタルーニャ音楽堂

  3. ヴァルトブルク城

    ヴァルトブルク城

  1. オビエド

    オビエド

  2. ラ・ルヴィエールとル・ルーにあるサントル運河の4つのリフトとその周辺 (エノー州)

    ラ・ルヴィエールとル・ルーにあるサントル運河の4つのリフトとその周辺 (エノー州)

  3. ザモシチ

    ザモシチ

  1. フェラーラ

    フェラーラ

  2. スホクラントとその周辺

    スホクラントとその周辺

  3. 歴史的城塞都市カルカソンヌ

    歴史的城塞都市カルカソンヌ

  1. イベリア半島の地中海沿岸の岩絵

    イベリア半島の地中海沿岸の岩絵

  2. エディンバラ新市街

    エディンバラ新市街

  3. エンゲルスバーリ製鉄所

    エンゲルスバーリ製鉄所

  1. メルク修道院

    メルク修道院

  2. ユッセ城

    ユッセ城

  3. ラ・ショー=ド=フォンとル・ロックル

    ラ・ショー=ド=フォンとル・ロックル

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る