アウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所

アウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所

アウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所は、ドイツが第二次世界大戦中に国家をあげて推進した人種差別的な抑圧政策により、最大級の惨劇が生まれたとされる強制収容所である。

アウシュヴィッツ第一強制収容所はドイツ占領地のポーランド南部オシフィエンチム市に、アウシュヴィッツ第二強制収容所は隣接するブジェジンカ村につくられた。周辺には同様の施設が多数建設されている。ユネスコの世界遺産委員会は、二度と同じような過ちが起こらないようにとの願いを込めて、1979年に世界遺産リストに登録した。公式な分類ではないが、日本ではいわゆる「負の世界遺産」に分類されることがしばしばである。一部現存する施設は「ポーランド国立オシフィエンチム博物館」が管理・公開している。

この項では、ビルケナウに限定せず、アウシュヴィッツ全体について述べる。

概要
アウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所は、ドイツが第二次世界大戦中に国家をあげて推進した人種差別的な抑圧政策により、最大級の惨劇が生まれたとされる強制収容所である。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. レユニオン島の尖峰群、圏谷群および絶壁群

    レユニオン島の尖峰群、圏谷群および絶壁群

  2. ヴァルトブルク城

    ヴァルトブルク城

  3. アラゴンのムデハル様式の建築物

    アラゴンのムデハル様式の建築物

  1. ラ・ルヴィエールとル・ルーにあるサントル運河の4つのリフトとその周辺 (エノー州)

    ラ・ルヴィエールとル・ルーにあるサントル運河の4つのリフトとその周辺 (エノー州)

  2. メテオラ

    メテオラ

  3. ランスのノートルダム大聖堂、サン=レミ旧大修道院、トー宮殿

    ランスのノートルダム大聖堂、サン=レミ旧大修道院、トー宮殿

  1. サナイン修道院

    サナイン修道院

  2. シュトラールズント

    シュトラールズント

  3. 歴史的城塞都市クエンカ

    歴史的城塞都市クエンカ

  1. リトミシュル城

    リトミシュル城

  2. リメス

    リメス

  3. 聖マーティン教会

    聖マーティン教会

  1. アントニ・ガウディの作品群

    アントニ・ガウディの作品群

  2. レヴォチャ歴史地区、スピシュスキー城及びその関連する文化財

    レヴォチャ歴史地区、スピシュスキー城及びその関連する文化財

  3. メリダ (スペイン)

    メリダ (スペイン)

  1. エルチェの椰子園

    エルチェの椰子園

  2. エディンバラ新市街

    エディンバラ新市街

  3. ミケーネ

    ミケーネ

  1. インディアス総合古文書館

    インディアス総合古文書館

  2. ワッデン海

    ワッデン海

  3. ラヴェンナの初期キリスト教建築物群

    ラヴェンナの初期キリスト教建築物群

  1. カサ・バトリョ

    カサ・バトリョ

  2. ヴィエリチカ岩塩坑

    ヴィエリチカ岩塩坑

  3. ポー川

    ポー川

  1. ウベダとバエサのルネサンス様式の記念碑的建造物群

    ウベダとバエサのルネサンス様式の記念碑的建造物群

  2. セビリア大聖堂

    セビリア大聖堂

  3. アングラ・ド・エロイズモ

    アングラ・ド・エロイズモ

  1. ゼメリング鉄道

    ゼメリング鉄道

  2. レーゲンスブルクの旧市街とシュタットアムホーフ

    レーゲンスブルクの旧市街とシュタットアムホーフ

  3. ローマ帝国の国境線

    ローマ帝国の国境線

  1. 水銀の遺産アルマデンとイドリヤ

    水銀の遺産アルマデンとイドリヤ

  2. スホクラントとその周辺

    スホクラントとその周辺

  3. モデナ大聖堂

    モデナ大聖堂

  1. モン・ペルデュ

    モン・ペルデュ

  2. エル・エスコリアル修道院

    エル・エスコリアル修道院

  3. アントニヌスの長城

    アントニヌスの長城

  1. コインブラ大学

    コインブラ大学

  2. アルベロベッロのトゥルッリ

    アルベロベッロのトゥルッリ

  3. サン・パウ病院

    サン・パウ病院

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る