アウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所

アウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所

アウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所は、ドイツが第二次世界大戦中に国家をあげて推進した人種差別的な抑圧政策により、最大級の惨劇が生まれたとされる強制収容所である。

アウシュヴィッツ第一強制収容所はドイツ占領地のポーランド南部オシフィエンチム市に、アウシュヴィッツ第二強制収容所は隣接するブジェジンカ村につくられた。周辺には同様の施設が多数建設されている。ユネスコの世界遺産委員会は、二度と同じような過ちが起こらないようにとの願いを込めて、1979年に世界遺産リストに登録した。公式な分類ではないが、日本ではいわゆる「負の世界遺産」に分類されることがしばしばである。一部現存する施設は「ポーランド国立オシフィエンチム博物館」が管理・公開している。

この項では、ビルケナウに限定せず、アウシュヴィッツ全体について述べる。

概要
アウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所は、ドイツが第二次世界大戦中に国家をあげて推進した人種差別的な抑圧政策により、最大級の惨劇が生まれたとされる強制収容所である。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. エル・エスコリアル修道院

    エル・エスコリアル修道院

  2. 聖オーガスティン修道院

    聖オーガスティン修道院

  3. サンティアゴ・デ・コンポステーラ

    サンティアゴ・デ・コンポステーラ

  1. サン・パウ病院

    サン・パウ病院

  2. ヴァル・ディ・ノートの後期バロック様式の町々

    ヴァル・ディ・ノートの後期バロック様式の町々

  3. アルト・ドウロ・ワイン生産地域

    アルト・ドウロ・ワイン生産地域

  1. ヤロスラヴリ

    ヤロスラヴリ

  2. リング・オブ・ブロッガー

    リング・オブ・ブロッガー

  3. ラヴォー

    ラヴォー

  1. レーティッシュ鉄道アルブラ線・ベルニナ線と周辺の景観

    レーティッシュ鉄道アルブラ線・ベルニナ線と周辺の景観

  2. ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂

    ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂

  3. カタルーニャ音楽堂

    カタルーニャ音楽堂

  1. アルビの司教都市

    アルビの司教都市

  2. ライン渓谷中流上部

    ライン渓谷中流上部

  3. リスボンのジェロニモス修道院とベレンの塔

    リスボンのジェロニモス修道院とベレンの塔

  1. スホクラントとその周辺

    スホクラントとその周辺

  2. アントニ・ガウディの作品群

    アントニ・ガウディの作品群

  3. モルダヴィア北部の壁画教会群

    モルダヴィア北部の壁画教会群

  1. フェラポントフ修道院

    フェラポントフ修道院

  2. モンス市スピエンヌの新石器時代の火打石採掘地

    モンス市スピエンヌの新石器時代の火打石採掘地

  3. ミケーネ

    ミケーネ

  1. ロドスの中世都市

    ロドスの中世都市

  2. エヴォラ

    エヴォラ

  3. ゼメリング鉄道

    ゼメリング鉄道

  1. リトミシュル城

    リトミシュル城

  2. アントニヌスの長城

    アントニヌスの長城

  3. アラゴンのムデハル様式の建築物

    アラゴンのムデハル様式の建築物

  1. 水銀の遺産アルマデンとイドリヤ

    水銀の遺産アルマデンとイドリヤ

  2. オビエド

    オビエド

  3. パルテノン神殿

    パルテノン神殿

  1. カサ・ビセンス

    カサ・ビセンス

  2. モン・ペルデュ

    モン・ペルデュ

  3. イベリア半島の地中海沿岸の岩絵

    イベリア半島の地中海沿岸の岩絵

  1. カサ・バトリョ

    カサ・バトリョ

  2. ラス・メドゥラス

    ラス・メドゥラス

  3. アイアンブリッジ峡谷

    アイアンブリッジ峡谷

  1. ローマ帝国の国境線

    ローマ帝国の国境線

  2. サナイン修道院

    サナイン修道院

  3. イナクセシブル島

    イナクセシブル島

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る