オルタ邸

オルタ邸

オルタ邸(仏: maison de Victor Horta)はベルギーのサン=ジル、アメリカ通り25番地にヴィクトール・オルタが建築した邸宅である。今日ではオルタ美術館となっている。この邸宅は2000年にオルタの他の3つの邸宅と共に「建築家ヴィクトル・オルタの主な都市邸宅群」として国際連合教育科学文化機関により世界遺産に登録された。

この邸宅を構成している2つの建物は1898年から1901年にかけて建設された。この2棟は一体として構想され、内部で繋がってもいるが、それぞれが独立した建物となっており、これはプライベートな領域と職業的なアトリエの区分を明確にするためであった。アトリエの存在は特にオルタによって構想された装飾的要素の複雑さによって証立てられる。これらは設計図だけでは不十分で、職人たちによる最終的な制作の前に鋳造やその他の下作りの作成が必要とされるようなものであった。

私邸には2つの階段がある。主人や招待客のための正面階段と、裏階段である。 最も注目に値するのは私邸の内部構造である――階によって明確には分かれておらず、2分の1、3分の1、4分の1の刻みで徐々に高くなっていく。このことは、中二階に分離壁がほぼないこととも相俟って、水平方向だけではないさまざまな見晴らしを開いており、邸宅を実際よりも遥かに広く感じさせている。さらに、オルタの仕事によく見られるように、階段は1つの階段室に収められるのではなく、サロンの中央から始まって家の真の脊柱を構成している。光は前後のファサードからだけではなく、階段の上にある見事なガラス天井からも取り入れられており、3部屋が一列に並びその中央の部屋が比較的暗くなることが多かった当時の古典的な家屋と比べて家の中央部まで遥かに明るくしている。

概要
オルタ邸(仏: maison de Victor Horta)はベルギーのサン=ジル、アメリカ通り25番地にヴィクトール・オルタが建築した邸宅である。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. ロルシュ修道院

    ロルシュ修道院

  2. ラヴェンナの初期キリスト教建築物群

    ラヴェンナの初期キリスト教建築物群

  3. カタルーニャ音楽堂

    カタルーニャ音楽堂

  1. 聖マーティン教会

    聖マーティン教会

  2. リヴィウ

    リヴィウ

  3. モデナ大聖堂

    モデナ大聖堂

  1. 歴史的城塞都市カルカソンヌ

    歴史的城塞都市カルカソンヌ

  2. ヘラクレスの塔

    ヘラクレスの塔

  3. リガ

    リガ

  1. メルク修道院

    メルク修道院

  2. ピエンツァ

    ピエンツァ

  3. リューベック

    リューベック

  1. リラ修道院

    リラ修道院

  2. モン・ペルデュ

    モン・ペルデュ

  3. アルハンブラ宮殿

    アルハンブラ宮殿

  1. ヴァッハウ渓谷

    ヴァッハウ渓谷

  2. アイアンブリッジ峡谷

    アイアンブリッジ峡谷

  3. マルボルク城

    マルボルク城

  1. ラヴォー

    ラヴォー

  2. サナイン修道院

    サナイン修道院

  3. ロドスの中世都市

    ロドスの中世都市

  1. ミケーネ

    ミケーネ

  2. ゼメリング鉄道

    ゼメリング鉄道

  3. オビエド

    オビエド

  1. ウベダとバエサのルネサンス様式の記念碑的建造物群

    ウベダとバエサのルネサンス様式の記念碑的建造物群

  2. チンクエ・テッレ

    チンクエ・テッレ

  3. グラーツ

    グラーツ

  1. モルダヴィア北部の壁画教会群

    モルダヴィア北部の壁画教会群

  2. サン・パウ病院

    サン・パウ病院

  3. ポー川

    ポー川

  1. カサ・ビセンス

    カサ・ビセンス

  2. レヴォチャ歴史地区、スピシュスキー城及びその関連する文化財

    レヴォチャ歴史地区、スピシュスキー城及びその関連する文化財

  3. エルチェの椰子園

    エルチェの椰子園

  1. セゴビア旧市街と水道橋

    セゴビア旧市街と水道橋

  2. ポルトヴェーネレ

    ポルトヴェーネレ

  3. リヨン歴史地区

    リヨン歴史地区

  1. サンタ・マリア・デ・グアダルーペ王立修道院

    サンタ・マリア・デ・グアダルーペ王立修道院

  2. フェラーラ

    フェラーラ

  3. ローマ帝国の国境線

    ローマ帝国の国境線

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る