カムチャツカの火山群

カムチャツカの火山群

カムチャツカの火山群(カムチャツカのかざんぐん)はロシアにあるユネスコの世界遺産登録物件。カムチャツカ半島の2つの自然保護区と3つの自然公園を対象とする形で1996年12月に登録され、2001年に自然公園が一つ追加登録された。

環太平洋造山帯の中でも、カムチャツカ半島は特に「火山の博物館」の異名を取るほどに多彩な噴火様式の火山やそれが生み出した地形が存在している。また、火山の多さや土壌の特質などのために開発が余り行われてこなかったことから、景観美や生物多様性も十分に保持されている。登録にあたっては、こうした地学的重要性、景観美、生物多様性など多角的な点における顕著な普遍的価値が認められた。同じくロシアの世界遺産であるバイカル湖などとともに、自然遺産としての登録基準4項目全てが適用されている世界遺産である。

概要
カムチャツカの火山群(カムチャツカのかざんぐん)はロシアにあるユネスコの世界遺産登録物件。カムチャツカ半島の2つの自然保護区と3つの自然公園を対象とする形で1996年12月に登録され、2001年に自然公園が一つ追加登録された。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. モルダヴィア北部の壁画教会群

    モルダヴィア北部の壁画教会群

  2. ライン渓谷中流上部

    ライン渓谷中流上部

  3. デルベント

    デルベント

  1. カサ・ビセンス

    カサ・ビセンス

  2. ヤロスラヴリ

    ヤロスラヴリ

  3. サナイン修道院

    サナイン修道院

  1. コインブラ大学

    コインブラ大学

  2. ラヴォー

    ラヴォー

  3. イルリサット

    イルリサット

  1. エルチェの椰子園

    エルチェの椰子園

  2. レーティッシュ鉄道アルブラ線・ベルニナ線と周辺の景観

    レーティッシュ鉄道アルブラ線・ベルニナ線と周辺の景観

  3. ザモシチ

    ザモシチ

  1. アラゴンのムデハル様式の建築物

    アラゴンのムデハル様式の建築物

  2. ラ・ショー=ド=フォンとル・ロックル

    ラ・ショー=ド=フォンとル・ロックル

  3. エヴォラ

    エヴォラ

  1. ポー川

    ポー川

  2. ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂

    ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂

  3. モンス市スピエンヌの新石器時代の火打石採掘地

    モンス市スピエンヌの新石器時代の火打石採掘地

  1. クレムリン

    クレムリン

  2. グラナダのアルハンブラ、ヘネラリーフェ、アルバイシン

    グラナダのアルハンブラ、ヘネラリーフェ、アルバイシン

  3. エンゲルスバーリ製鉄所

    エンゲルスバーリ製鉄所

  1. モデナ大聖堂

    モデナ大聖堂

  2. フェラポントフ修道院

    フェラポントフ修道院

  3. ロンドン塔

    ロンドン塔

  1. ワルシャワ

    ワルシャワ

  2. パルテノン神殿

    パルテノン神殿

  3. マルボルク城

    マルボルク城

  1. ラヴェンナの初期キリスト教建築物群

    ラヴェンナの初期キリスト教建築物群

  2. ラ・ルヴィエールとル・ルーにあるサントル運河の4つのリフトとその周辺 (エノー州)

    ラ・ルヴィエールとル・ルーにあるサントル運河の4つのリフトとその周辺 (エノー州)

  3. セビリア大聖堂

    セビリア大聖堂

  1. ロワール渓谷

    ロワール渓谷

  2. グラーツ

    グラーツ

  3. レドニツェとヴァルチツェの文化的景観

    レドニツェとヴァルチツェの文化的景観

  1. ロルシュ修道院

    ロルシュ修道院

  2. サンタ・マリア・デ・グアダルーペ王立修道院

    サンタ・マリア・デ・グアダルーペ王立修道院

  3. リスボンのジェロニモス修道院とベレンの塔

    リスボンのジェロニモス修道院とベレンの塔

  1. チレントおよびヴァッロ・ディ・ディアーノ国立公園

    チレントおよびヴァッロ・ディ・ディアーノ国立公園

  2. ライヒェナウ島

    ライヒェナウ島

  3. イベリア半島の地中海沿岸の岩絵

    イベリア半島の地中海沿岸の岩絵

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る