カルヴァリア・ゼブジトフスカ

カルヴァリア・ゼブジトフスカ

カルヴァリア・ゼブジドフスカ(Kalwaria Zebrzydowska)は、ポーランド南部にある町である。2006年時点の人口は4503人、面積は5.5 km² である。1772年から1918年まではオーストリア帝国領だった。1975年から1998年まではビェルスコ=ビャワ県に属していたが、1999年以降はマウォポルスカ県に属している。

町の歴史は、17世紀初頭に地元の有力者ミコワイ・ゼブジドフスキ(Mikołaj Zebrzydowski)が、この地をキリスト受難の丘であるゴルゴタ(ラテン語名はカルウァリア Calvaria)に見立てて宗教的建造物群を建てたところから始まる。町の名前もそのことに由来する。

概要
カルヴァリア・ゼブジドフスカ(Kalwaria Zebrzydowska)は、ポーランド南部にある町である。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. リング・オブ・ブロッガー

    リング・オブ・ブロッガー

  2. ヴァル・ディ・ノートの後期バロック様式の町々

    ヴァル・ディ・ノートの後期バロック様式の町々

  3. ラ・ルヴィエールとル・ルーにあるサントル運河の4つのリフトとその周辺 (エノー州)

    ラ・ルヴィエールとル・ルーにあるサントル運河の4つのリフトとその周辺 (エノー州)

  1. ライン渓谷中流上部

    ライン渓谷中流上部

  2. レーロース

    レーロース

  3. ポルトヴェーネレ

    ポルトヴェーネレ

  1. ピエンツァ

    ピエンツァ

  2. アマルフィ海岸

    アマルフィ海岸

  3. ラヴェンナの初期キリスト教建築物群

    ラヴェンナの初期キリスト教建築物群

  1. ゼメリング鉄道

    ゼメリング鉄道

  2. エルチェの椰子園

    エルチェの椰子園

  3. モンス市スピエンヌの新石器時代の火打石採掘地

    モンス市スピエンヌの新石器時代の火打石採掘地

  1. アランフエス

    アランフエス

  2. 歴史的城塞都市カルカソンヌ

    歴史的城塞都市カルカソンヌ

  3. サン・パウ病院

    サン・パウ病院

  1. ロスキレ大聖堂

    ロスキレ大聖堂

  2. 歴史的城塞都市クエンカ

    歴史的城塞都市クエンカ

  3. レユニオン島の尖峰群、圏谷群および絶壁群

    レユニオン島の尖峰群、圏谷群および絶壁群

  1. エル・エスコリアル修道院

    エル・エスコリアル修道院

  2. リガ

    リガ

  3. オビエド

    オビエド

  1. ハフパット修道院

    ハフパット修道院

  2. 聖オーガスティン修道院

    聖オーガスティン修道院

  3. レヴォチャ歴史地区、スピシュスキー城及びその関連する文化財

    レヴォチャ歴史地区、スピシュスキー城及びその関連する文化財

  1. ヤヴォルとシフィドニツァの平和教会群

    ヤヴォルとシフィドニツァの平和教会群

  2. ロンドン塔

    ロンドン塔

  3. レドニツェとヴァルチツェの文化的景観

    レドニツェとヴァルチツェの文化的景観

  1. サンティアゴ・デ・コンポステーラ

    サンティアゴ・デ・コンポステーラ

  2. チレントおよびヴァッロ・ディ・ディアーノ国立公園

    チレントおよびヴァッロ・ディ・ディアーノ国立公園

  3. リスボンのジェロニモス修道院とベレンの塔

    リスボンのジェロニモス修道院とベレンの塔

  1. ヴィエリチカ岩塩坑

    ヴィエリチカ岩塩坑

  2. コインブラ大学

    コインブラ大学

  3. ローマ帝国の国境線

    ローマ帝国の国境線

  1. ラヴォー

    ラヴォー

  2. ワッデン海

    ワッデン海

  3. サナイン修道院

    サナイン修道院

  1. ユッセ城

    ユッセ城

  2. リヴィウ

    リヴィウ

  3. カサ・バトリョ

    カサ・バトリョ

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る