カレル橋

カレル橋

カレル橋(カレルばし、チェコ語: Karlův most)はチェコ共和国の首都、プラハを流れるヴルタヴァ川に架かる橋である。

神聖ローマ皇帝カール4世の治世下1357年に建設が始まり1402年に完成した。建築家ペトル・パルレーの設計による。1841年までプラハ旧市街とその周囲をつなぐ唯一の橋であった。また、西欧と東欧の交易ルートとしてプラハが重要な地位を占めるようになった。最初は単に石橋、プラハ橋と呼ばれていたが1870年よりカレル橋と呼ばれるようになった。

橋の長さは515.7メートル、幅は9.5メートル。15のアーチの上に、砂岩の切石の橋桁が渡されている。また橋を守るために3つの塔が建てられており、とくに旧市街側の塔はゴシック様式の建築として名高い。橋の欄干には15体ずつ、合計30体の彫刻が並んでいる。その多くはバロック様式である。1683年、初めてヤン・ネポムツキー像が据えられた。カトリックの聖人ヤン・ネポムツキー像の基部にあるネポムツキーのレリーフに触れると幸運が訪れるといわれ多くの人に触られたためつるつるになっている。

昼間のカレル橋は観光客で賑わい、橋の上には多くの露店が並ぶ。また、大道芸、見世物、ジャズ演奏なども行なわれる。夜になるとプラハ城やカレル橋がライトアップされ、夜の散歩を楽しむ人々の通りになる。

概要
カレル橋(カレルばし、チェコ語: Karlův most)はチェコ共和国の首都、プラハを流れるヴルタヴァ川に架かる橋である。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. ミケーネ

    ミケーネ

  2. インディアス総合古文書館

    インディアス総合古文書館

  3. アルハンブラ宮殿

    アルハンブラ宮殿

  1. リューベック

    リューベック

  2. ラヴェンナの初期キリスト教建築物群

    ラヴェンナの初期キリスト教建築物群

  3. ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂

    ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂

  1. ヤロスラヴリ

    ヤロスラヴリ

  2. ラヴォー

    ラヴォー

  3. リヨン歴史地区

    リヨン歴史地区

  1. エヴォラ

    エヴォラ

  2. ウベダとバエサのルネサンス様式の記念碑的建造物群

    ウベダとバエサのルネサンス様式の記念碑的建造物群

  3. ロスキレ大聖堂

    ロスキレ大聖堂

  1. グラーツ

    グラーツ

  2. 聖マーティン教会

    聖マーティン教会

  3. アイアンブリッジ峡谷

    アイアンブリッジ峡谷

  1. エルチェの椰子園

    エルチェの椰子園

  2. カサ・ビセンス

    カサ・ビセンス

  3. ランスのノートルダム大聖堂、サン=レミ旧大修道院、トー宮殿

    ランスのノートルダム大聖堂、サン=レミ旧大修道院、トー宮殿

  1. ザモシチ

    ザモシチ

  2. ルクセンブルク (都市)

    ルクセンブルク (都市)

  3. 歴史的城塞都市カルカソンヌ

    歴史的城塞都市カルカソンヌ

  1. エル・エスコリアル修道院

    エル・エスコリアル修道院

  2. ラウマ旧市街

    ラウマ旧市街

  3. アルベロベッロのトゥルッリ

    アルベロベッロのトゥルッリ

  1. ヴァッハウ渓谷

    ヴァッハウ渓谷

  2. レユニオン島の尖峰群、圏谷群および絶壁群

    レユニオン島の尖峰群、圏谷群および絶壁群

  3. レーゲンスブルクの旧市街とシュタットアムホーフ

    レーゲンスブルクの旧市街とシュタットアムホーフ

  1. レヴォチャ歴史地区、スピシュスキー城及びその関連する文化財

    レヴォチャ歴史地区、スピシュスキー城及びその関連する文化財

  2. ワルシャワ

    ワルシャワ

  3. アルビの司教都市

    アルビの司教都市

  1. アントニ・ガウディの作品群

    アントニ・ガウディの作品群

  2. ロドスの中世都市

    ロドスの中世都市

  3. メルク修道院

    メルク修道院

  1. チレントおよびヴァッロ・ディ・ディアーノ国立公園

    チレントおよびヴァッロ・ディ・ディアーノ国立公園

  2. ローマ帝国の国境線

    ローマ帝国の国境線

  3. ヴァル・ドルチャ

    ヴァル・ドルチャ

  1. サン・パウ病院

    サン・パウ病院

  2. 赤の広場

    赤の広場

  3. ポー川

    ポー川

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る