カンタベリー大聖堂

カンタベリー大聖堂

カンタベリー大聖堂(カンタベリーだいせいどう)は、イギリスのイングランド南東部ケント州のカンタベリーにある教会で、イングランド国教会の総本山。7世紀にカンタベリーのアウグスティヌスがイギリスに布教し、修道院として建設された。

12世紀にヘンリー2世と対立したカンタベリー大司教トマス・ベケットが殉教したことから、聖地として多くの巡礼者が訪れる場所でもある。礼拝堂の床に1本のろうそくが立てられていて、その下にベケットは埋葬されている。ジェフリー・チョーサーの『カンタベリー物語』もカンタベリー巡礼者の物語である。

現在の建物は1070年から1180年にロマネスク様式、1379年から1503年にかけてゴシック様式で建設された歴史的建造物である。

概要
カンタベリー大聖堂(カンタベリーだいせいどう)は、イギリスのイングランド南東部ケント州のカンタベリーにある教会で、イングランド国教会の総本山。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. レドニツェとヴァルチツェの文化的景観

    レドニツェとヴァルチツェの文化的景観

  2. ミケーネ

    ミケーネ

  3. カサ・バトリョ

    カサ・バトリョ

  1. グラナダのアルハンブラ、ヘネラリーフェ、アルバイシン

    グラナダのアルハンブラ、ヘネラリーフェ、アルバイシン

  2. サン・パウ病院

    サン・パウ病院

  3. チレントおよびヴァッロ・ディ・ディアーノ国立公園

    チレントおよびヴァッロ・ディ・ディアーノ国立公園

  1. ヘラクレスの塔

    ヘラクレスの塔

  2. サンタ・マリア・デ・グアダルーペ王立修道院

    サンタ・マリア・デ・グアダルーペ王立修道院

  3. リヴィウ

    リヴィウ

  1. ルーゴ (スペイン)

    ルーゴ (スペイン)

  2. リガ

    リガ

  3. リューベック

    リューベック

  1. クレムリン

    クレムリン

  2. モンス市スピエンヌの新石器時代の火打石採掘地

    モンス市スピエンヌの新石器時代の火打石採掘地

  3. リメス

    リメス

  1. シュトラールズント

    シュトラールズント

  2. ラ・ロンハ・デ・ラ・セダ

    ラ・ロンハ・デ・ラ・セダ

  3. ポー川

    ポー川

  1. イベリア半島の地中海沿岸の岩絵

    イベリア半島の地中海沿岸の岩絵

  2. リスボンのジェロニモス修道院とベレンの塔

    リスボンのジェロニモス修道院とベレンの塔

  3. レヴォチャ歴史地区、スピシュスキー城及びその関連する文化財

    レヴォチャ歴史地区、スピシュスキー城及びその関連する文化財

  1. モン・サン=ミシェル

    モン・サン=ミシェル

  2. リトミシュル城

    リトミシュル城

  3. ゼメリング鉄道

    ゼメリング鉄道

  1. メテオラ

    メテオラ

  2. ロンドン塔

    ロンドン塔

  3. ワルシャワ

    ワルシャワ

  1. 水銀の遺産アルマデンとイドリヤ

    水銀の遺産アルマデンとイドリヤ

  2. ヴァル・ディ・ノートの後期バロック様式の町々

    ヴァル・ディ・ノートの後期バロック様式の町々

  3. ヤヴォルとシフィドニツァの平和教会群

    ヤヴォルとシフィドニツァの平和教会群

  1. ライヒェナウ島

    ライヒェナウ島

  2. アントニヌスの長城

    アントニヌスの長城

  3. アムステルダムの運河

    アムステルダムの運河

  1. フェラポントフ修道院

    フェラポントフ修道院

  2. ピエンツァ

    ピエンツァ

  3. アラゴンのムデハル様式の建築物

    アラゴンのムデハル様式の建築物

  1. ルクセンブルク (都市)

    ルクセンブルク (都市)

  2. ローマ帝国の国境線

    ローマ帝国の国境線

  3. アルハンブラ宮殿

    アルハンブラ宮殿

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る