ガンメルスタードの教会街

ガンメルスタードの教会街

ガンメルスタードの教会街(スウェーデン語: Gammelstads kyrkstad)は、スウェーデンのボスニア湾北端に位置する都市ルレオ近郊にあるユネスコ世界遺産登録物件である。この街区は、かつてスカンディナビア半島北部では至る所に見られた町の様式をそのまま残している優れた例証である。

ガンメルスタードはルーレ川(Lule)の河口から約10km上流にある。街の中心には15世紀に建造された石造の教会堂があり、取り囲むように424軒の木造家屋が並んでいる。シュルクスタードと呼ばれるこれらの家屋は、日曜日や宗教上の祭事にのみ用いられた。昔の北スカンディナビアでは教区が広大なのはよくあることで、移動手段も限られていたことから、遠隔地からの礼拝者は1日で行き来することができなかった。そのため、教会周辺には礼拝者のための宿泊施設が整えられたのである。17世紀になると近郊に新しい町が作られ、住民の一部はそちらへ移った。これが現在のルレオの中心市街である。しばしばガンメルスタードがルレオの旧市街と位置付けられるのはそのためである。しかし、その後もなおもガンメルスタードは地域の人びとにとって一定の重要さを保ちつづけた。

概要
ガンメルスタードの教会街(スウェーデン語: Gammelstads kyrkstad)は、スウェーデンのボスニア湾北端に位置する都市ルレオ近郊にあるユネスコ世界遺産登録物件である。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. 歴史的城塞都市クエンカ

    歴史的城塞都市クエンカ

  2. アルベロベッロのトゥルッリ

    アルベロベッロのトゥルッリ

  3. アルビの司教都市

    アルビの司教都市

  1. ラポニア地域

    ラポニア地域

  2. アントニ・ガウディの作品群

    アントニ・ガウディの作品群

  3. 水銀の遺産アルマデンとイドリヤ

    水銀の遺産アルマデンとイドリヤ

  1. ミケーネ

    ミケーネ

  2. ザモシチ

    ザモシチ

  3. リスボンのジェロニモス修道院とベレンの塔

    リスボンのジェロニモス修道院とベレンの塔

  1. ハフパット修道院

    ハフパット修道院

  2. モン・ペルデュ

    モン・ペルデュ

  3. ロンドン塔

    ロンドン塔

  1. ルーゴ (スペイン)

    ルーゴ (スペイン)

  2. ランスのノートルダム大聖堂、サン=レミ旧大修道院、トー宮殿

    ランスのノートルダム大聖堂、サン=レミ旧大修道院、トー宮殿

  3. ライヒェナウ島

    ライヒェナウ島

  1. ライン渓谷中流上部

    ライン渓谷中流上部

  2. レユニオン島の尖峰群、圏谷群および絶壁群

    レユニオン島の尖峰群、圏谷群および絶壁群

  3. ゼメリング鉄道

    ゼメリング鉄道

  1. レーロース

    レーロース

  2. メリダ (スペイン)

    メリダ (スペイン)

  3. モンス市スピエンヌの新石器時代の火打石採掘地

    モンス市スピエンヌの新石器時代の火打石採掘地

  1. ヘラクレスの塔

    ヘラクレスの塔

  2. カタルーニャ音楽堂

    カタルーニャ音楽堂

  3. シュトラールズント

    シュトラールズント

  1. セビリア大聖堂

    セビリア大聖堂

  2. アテナイのアクロポリス

    アテナイのアクロポリス

  3. リメス

    リメス

  1. アントニヌスの長城

    アントニヌスの長城

  2. レーゲンスブルクの旧市街とシュタットアムホーフ

    レーゲンスブルクの旧市街とシュタットアムホーフ

  3. アングラ・ド・エロイズモ

    アングラ・ド・エロイズモ

  1. アルト・ドウロ・ワイン生産地域

    アルト・ドウロ・ワイン生産地域

  2. 聖マーティン教会

    聖マーティン教会

  3. ヴァル・ディ・ノートの後期バロック様式の町々

    ヴァル・ディ・ノートの後期バロック様式の町々

  1. ラヴォー

    ラヴォー

  2. ローマ帝国の国境線

    ローマ帝国の国境線

  3. イスタンブルの歴史地区

    イスタンブルの歴史地区

  1. サンティアゴ・デ・コンポステーラ

    サンティアゴ・デ・コンポステーラ

  2. ラヴェンナの初期キリスト教建築物群

    ラヴェンナの初期キリスト教建築物群

  3. ヤヴォルとシフィドニツァの平和教会群

    ヤヴォルとシフィドニツァの平和教会群

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る