顕栄聖堂 (キジ島)

顕栄聖堂 (キジ島)

キジ島の顕栄聖堂(けんえいせいどう、ロシア語: Преображенская церковь, プレオブラジェンスカヤ ツェールコフ)は、ロシア正教会の聖堂。「キジ島の木造教会建築」として他のキジ島の建築群とともに、1990年にユネスコの世界遺産に登録された。キジ島はカレリア地方のオネガ湖にある島々のひとつである。

1714年に建立。主の顕栄祭を記憶している。

顕栄聖堂は暖房設備を備えておらず、夏の短い期間のみ使用される。ロシアの他の修道院にも類例があるが、暖房を必要とする季節の奉神礼に際しては「冬の聖堂」として建てられた、隣接する生神女庇護聖堂が使用される。

顕栄聖堂を取り囲む城壁内には、顕栄聖堂、鐘楼、生神女庇護聖堂の三つの建築が現存する。古くに存在した付随する建物群は失われている。

丸屋根をもつ生神女庇護聖堂、自制された垂直な形状をもつ鐘楼、多数の丸屋根が天空を目指している顕栄聖堂。これら三つの建築の形状、空間配分の比率が、精査された美しい調和を構成しているとされる。

概要
キジ島の顕栄聖堂(けんえいせいどう、ロシア語: Преображенская церковь, プレオブラジェンスカヤ ツェールコフ)は、ロシア正教会の聖堂。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. アムステルダムの運河

    アムステルダムの運河

  2. リェヴィシャの生神女教会

    リェヴィシャの生神女教会

  3. レヴォチャ歴史地区、スピシュスキー城及びその関連する文化財

    レヴォチャ歴史地区、スピシュスキー城及びその関連する文化財

  1. インディアス総合古文書館

    インディアス総合古文書館

  2. エヴォラ

    エヴォラ

  3. ヤロスラヴリ

    ヤロスラヴリ

  1. ウベダとバエサのルネサンス様式の記念碑的建造物群

    ウベダとバエサのルネサンス様式の記念碑的建造物群

  2. ピエンツァ

    ピエンツァ

  3. アランフエス

    アランフエス

  1. アマルフィ海岸

    アマルフィ海岸

  2. ゼメリング鉄道

    ゼメリング鉄道

  3. レーゲンスブルクの旧市街とシュタットアムホーフ

    レーゲンスブルクの旧市街とシュタットアムホーフ

  1. エルチェの椰子園

    エルチェの椰子園

  2. ミケーネ

    ミケーネ

  3. ラ・ロンハ・デ・ラ・セダ

    ラ・ロンハ・デ・ラ・セダ

  1. アテナイのアクロポリス

    アテナイのアクロポリス

  2. スホクラントとその周辺

    スホクラントとその周辺

  3. ローマ帝国の国境線

    ローマ帝国の国境線

  1. セビリア大聖堂

    セビリア大聖堂

  2. ロワール渓谷

    ロワール渓谷

  3. 水銀の遺産アルマデンとイドリヤ

    水銀の遺産アルマデンとイドリヤ

  1. ランメルスベルク鉱山、歴史都市ゴスラーとオーバーハルツ水利管理システム

    ランメルスベルク鉱山、歴史都市ゴスラーとオーバーハルツ水利管理システム

  2. モン・サン=ミシェル

    モン・サン=ミシェル

  3. オビエド

    オビエド

  1. ポルトヴェーネレ

    ポルトヴェーネレ

  2. アルハンブラ宮殿

    アルハンブラ宮殿

  3. リューベック

    リューベック

  1. トルン

    トルン

  2. ランスのノートルダム大聖堂、サン=レミ旧大修道院、トー宮殿

    ランスのノートルダム大聖堂、サン=レミ旧大修道院、トー宮殿

  3. メテオラ

    メテオラ

  1. サン・パウ病院

    サン・パウ病院

  2. アルト・ドウロ・ワイン生産地域

    アルト・ドウロ・ワイン生産地域

  3. ラヴェンナの初期キリスト教建築物群

    ラヴェンナの初期キリスト教建築物群

  1. ライン渓谷中流上部

    ライン渓谷中流上部

  2. ハフパット修道院

    ハフパット修道院

  3. ラ・ショー=ド=フォンとル・ロックル

    ラ・ショー=ド=フォンとル・ロックル

  1. セゴビア旧市街と水道橋

    セゴビア旧市街と水道橋

  2. アイアンブリッジ峡谷

    アイアンブリッジ峡谷

  3. ヴァル・ドルチャ

    ヴァル・ドルチャ

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る