建築家ヴィクトル・オルタの主な都市邸宅群 (ブリュッセル)

建築家ヴィクトル・オルタの主な都市邸宅群 (ブリュッセル)

「建築家ヴィクトル・オルタの主な都市邸宅群」は、ベルギーの首都ブリュッセルにあるユネスコ世界遺産のひとつ。建築家ヴィクトル・オルタは19世紀末から20世紀初頭にアール・ヌーヴォーと建築を見事に融合させた人物で、当時ブリュッセルで活動したアール・ヌーヴォー建築家たちの中心的な存在であった。彼の手がけた邸宅は数多かったが、世界遺産に登録された4件には、彼の革新性がよくあらわれている。

当時のブリュッセルの住宅は、入り口は常に正面横にあり、側面の廊下が長く伸びていた。この廊下に面した3つの部屋のうち、真ん中にあった部屋は光が差し込まず、暗いものであった。これに対してオルタは、部屋の配置を工夫してガラスを効果的に利用することで、邸内に光をうまく取り込んだ。また、材質には鉄、ガラスなどを好んで用い、デザイン的には曲線を多用することで、美しい内部空間を演出した。

概要
「建築家ヴィクトル・オルタの主な都市邸宅群」は、ベルギーの首都ブリュッセルにあるユネスコ世界遺産のひとつ。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. アルベロベッロのトゥルッリ

    アルベロベッロのトゥルッリ

  2. ルクセンブルク (都市)

    ルクセンブルク (都市)

  3. ポー川

    ポー川

  1. レヴォチャ歴史地区、スピシュスキー城及びその関連する文化財

    レヴォチャ歴史地区、スピシュスキー城及びその関連する文化財

  2. ヘラクレスの塔

    ヘラクレスの塔

  3. ヴィエリチカ岩塩坑

    ヴィエリチカ岩塩坑

  1. サンティアゴ・デ・コンポステーラ

    サンティアゴ・デ・コンポステーラ

  2. リング・オブ・ブロッガー

    リング・オブ・ブロッガー

  3. ラ・ルヴィエールとル・ルーにあるサントル運河の4つのリフトとその周辺 (エノー州)

    ラ・ルヴィエールとル・ルーにあるサントル運河の4つのリフトとその周辺 (エノー州)

  1. イベリア半島の地中海沿岸の岩絵

    イベリア半島の地中海沿岸の岩絵

  2. レーティッシュ鉄道アルブラ線・ベルニナ線と周辺の景観

    レーティッシュ鉄道アルブラ線・ベルニナ線と周辺の景観

  3. モン・サン=ミシェル

    モン・サン=ミシェル

  1. ロスキレ大聖堂

    ロスキレ大聖堂

  2. イナクセシブル島

    イナクセシブル島

  3. エル・エスコリアル修道院

    エル・エスコリアル修道院

  1. ピエンツァ

    ピエンツァ

  2. カサ・バトリョ

    カサ・バトリョ

  3. アマルフィ海岸

    アマルフィ海岸

  1. マルボルク城

    マルボルク城

  2. イルリサット

    イルリサット

  3. ヴァルトブルク城

    ヴァルトブルク城

  1. アルト・ドウロ・ワイン生産地域

    アルト・ドウロ・ワイン生産地域

  2. チレントおよびヴァッロ・ディ・ディアーノ国立公園

    チレントおよびヴァッロ・ディ・ディアーノ国立公園

  3. メリダ (スペイン)

    メリダ (スペイン)

  1. ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂

    ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂

  2. リメス

    リメス

  3. アルハンブラ宮殿

    アルハンブラ宮殿

  1. ラポニア地域

    ラポニア地域

  2. ラヴェンナの初期キリスト教建築物群

    ラヴェンナの初期キリスト教建築物群

  3. ポルトヴェーネレ

    ポルトヴェーネレ

  1. クレムリン

    クレムリン

  2. メテオラ

    メテオラ

  3. ランスのノートルダム大聖堂、サン=レミ旧大修道院、トー宮殿

    ランスのノートルダム大聖堂、サン=レミ旧大修道院、トー宮殿

  1. ライヒェナウ島

    ライヒェナウ島

  2. アテナイのアクロポリス

    アテナイのアクロポリス

  3. ヴァル・ディ・ノートの後期バロック様式の町々

    ヴァル・ディ・ノートの後期バロック様式の町々

  1. サン・パウ病院

    サン・パウ病院

  2. セビリア大聖堂

    セビリア大聖堂

  3. メルク修道院

    メルク修道院

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る