建築家ヴィクトル・オルタの主な都市邸宅群 (ブリュッセル)

建築家ヴィクトル・オルタの主な都市邸宅群 (ブリュッセル)

「建築家ヴィクトル・オルタの主な都市邸宅群」は、ベルギーの首都ブリュッセルにあるユネスコ世界遺産のひとつ。建築家ヴィクトル・オルタは19世紀末から20世紀初頭にアール・ヌーヴォーと建築を見事に融合させた人物で、当時ブリュッセルで活動したアール・ヌーヴォー建築家たちの中心的な存在であった。彼の手がけた邸宅は数多かったが、世界遺産に登録された4件には、彼の革新性がよくあらわれている。

当時のブリュッセルの住宅は、入り口は常に正面横にあり、側面の廊下が長く伸びていた。この廊下に面した3つの部屋のうち、真ん中にあった部屋は光が差し込まず、暗いものであった。これに対してオルタは、部屋の配置を工夫してガラスを効果的に利用することで、邸内に光をうまく取り込んだ。また、材質には鉄、ガラスなどを好んで用い、デザイン的には曲線を多用することで、美しい内部空間を演出した。

概要
「建築家ヴィクトル・オルタの主な都市邸宅群」は、ベルギーの首都ブリュッセルにあるユネスコ世界遺産のひとつ。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. ウベダとバエサのルネサンス様式の記念碑的建造物群

    ウベダとバエサのルネサンス様式の記念碑的建造物群

  2. アランフエス

    アランフエス

  3. アラゴンのムデハル様式の建築物

    アラゴンのムデハル様式の建築物

  1. アルハンブラ宮殿

    アルハンブラ宮殿

  2. ラヴェンナの初期キリスト教建築物群

    ラヴェンナの初期キリスト教建築物群

  3. アルビの司教都市

    アルビの司教都市

  1. デルベント

    デルベント

  2. スホクラントとその周辺

    スホクラントとその周辺

  3. ゼメリング鉄道

    ゼメリング鉄道

  1. レーゲンスブルクの旧市街とシュタットアムホーフ

    レーゲンスブルクの旧市街とシュタットアムホーフ

  2. ロルシュ修道院

    ロルシュ修道院

  3. セビリア大聖堂

    セビリア大聖堂

  1. アルベロベッロのトゥルッリ

    アルベロベッロのトゥルッリ

  2. レーロース

    レーロース

  3. リング・オブ・ブロッガー

    リング・オブ・ブロッガー

  1. サンタ・マリア・デ・グアダルーペ王立修道院

    サンタ・マリア・デ・グアダルーペ王立修道院

  2. インディアス総合古文書館

    インディアス総合古文書館

  3. レドニツェとヴァルチツェの文化的景観

    レドニツェとヴァルチツェの文化的景観

  1. オビエド

    オビエド

  2. アルト・ドウロ・ワイン生産地域

    アルト・ドウロ・ワイン生産地域

  3. ハフパット修道院

    ハフパット修道院

  1. ミケーネ

    ミケーネ

  2. マルボルク城

    マルボルク城

  3. ヴァルトブルク城

    ヴァルトブルク城

  1. カサ・バトリョ

    カサ・バトリョ

  2. アムステルダムの運河

    アムステルダムの運河

  3. レユニオン島の尖峰群、圏谷群および絶壁群

    レユニオン島の尖峰群、圏谷群および絶壁群

  1. トルン

    トルン

  2. フェラポントフ修道院

    フェラポントフ修道院

  3. ユッセ城

    ユッセ城

  1. グラーツ

    グラーツ

  2. 赤の広場

    赤の広場

  3. リューベック

    リューベック

  1. ヘラクレスの塔

    ヘラクレスの塔

  2. リスボンのジェロニモス修道院とベレンの塔

    リスボンのジェロニモス修道院とベレンの塔

  3. ヴァル・ディ・ノートの後期バロック様式の町々

    ヴァル・ディ・ノートの後期バロック様式の町々

  1. サン・パウ病院

    サン・パウ病院

  2. ヴィエリチカ岩塩坑

    ヴィエリチカ岩塩坑

  3. エル・エスコリアル修道院

    エル・エスコリアル修道院

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る