コーンウォールと西デヴォンの鉱山景観

コーンウォールと西デヴォンの鉱山景観

コーンウォールと西デヴォンの鉱山景観は、イギリス南西部のコーンウォール州からデヴォン州西部にかけてのいくつかの鉱山景観を対象とするユネスコの世界遺産の一つである。2006年にヴィリニュスで開催された第30回世界遺産委員会で登録された。一帯の景観は18世紀から19世紀に銅やスズの深い鉱脈を採掘していったことによって、根源的な変貌を遂げた。地下鉱山、エンジン・ハウス、鋳造所、ニュータウン、小さな畑、港湾、関連産業群などは、いずれも19世紀初頭には世界で供給される銅の3分の2を産出するまでになった豊かな技術革新を反映するものとなっている。

概要
コーンウォールと西デヴォンの鉱山景観は、イギリス南西部のコーンウォール州からデヴォン州西部にかけてのいくつかの鉱山景観を対象とするユネスコの世界遺産の一つである。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. ローマ帝国の国境線

    ローマ帝国の国境線

  2. アイアンブリッジ峡谷

    アイアンブリッジ峡谷

  3. リメス

    リメス

  1. グラナダのアルハンブラ、ヘネラリーフェ、アルバイシン

    グラナダのアルハンブラ、ヘネラリーフェ、アルバイシン

  2. ザモシチ

    ザモシチ

  3. モデナ大聖堂

    モデナ大聖堂

  1. レドニツェとヴァルチツェの文化的景観

    レドニツェとヴァルチツェの文化的景観

  2. ルクセンブルク (都市)

    ルクセンブルク (都市)

  3. 聖マーティン教会

    聖マーティン教会

  1. ハフパット修道院

    ハフパット修道院

  2. 聖オーガスティン修道院

    聖オーガスティン修道院

  3. アルハンブラ宮殿

    アルハンブラ宮殿

  1. ラ・ルヴィエールとル・ルーにあるサントル運河の4つのリフトとその周辺 (エノー州)

    ラ・ルヴィエールとル・ルーにあるサントル運河の4つのリフトとその周辺 (エノー州)

  2. マルボルク城

    マルボルク城

  3. レーロース

    レーロース

  1. フェラポントフ修道院

    フェラポントフ修道院

  2. ポー川

    ポー川

  3. ヴァル・ディ・ノートの後期バロック様式の町々

    ヴァル・ディ・ノートの後期バロック様式の町々

  1. セゴビア旧市街と水道橋

    セゴビア旧市街と水道橋

  2. ランスのノートルダム大聖堂、サン=レミ旧大修道院、トー宮殿

    ランスのノートルダム大聖堂、サン=レミ旧大修道院、トー宮殿

  3. レヴォチャ歴史地区、スピシュスキー城及びその関連する文化財

    レヴォチャ歴史地区、スピシュスキー城及びその関連する文化財

  1. ヤヴォルとシフィドニツァの平和教会群

    ヤヴォルとシフィドニツァの平和教会群

  2. メテオラ

    メテオラ

  3. 赤の広場

    赤の広場

  1. ラ・ロンハ・デ・ラ・セダ

    ラ・ロンハ・デ・ラ・セダ

  2. イルリサット

    イルリサット

  3. インディアス総合古文書館

    インディアス総合古文書館

  1. エル・エスコリアル修道院

    エル・エスコリアル修道院

  2. リューベック

    リューベック

  3. パルテノン神殿

    パルテノン神殿

  1. イベリア半島の地中海沿岸の岩絵

    イベリア半島の地中海沿岸の岩絵

  2. リスボンのジェロニモス修道院とベレンの塔

    リスボンのジェロニモス修道院とベレンの塔

  3. ユッセ城

    ユッセ城

  1. 水銀の遺産アルマデンとイドリヤ

    水銀の遺産アルマデンとイドリヤ

  2. リガ

    リガ

  3. イスタンブルの歴史地区

    イスタンブルの歴史地区

  1. アテナイのアクロポリス

    アテナイのアクロポリス

  2. アランフエス

    アランフエス

  3. ヴァル・ドルチャ

    ヴァル・ドルチャ

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る