コーンウォールと西デヴォンの鉱山景観

コーンウォールと西デヴォンの鉱山景観

コーンウォールと西デヴォンの鉱山景観は、イギリス南西部のコーンウォール州からデヴォン州西部にかけてのいくつかの鉱山景観を対象とするユネスコの世界遺産の一つである。2006年にヴィリニュスで開催された第30回世界遺産委員会で登録された。一帯の景観は18世紀から19世紀に銅やスズの深い鉱脈を採掘していったことによって、根源的な変貌を遂げた。地下鉱山、エンジン・ハウス、鋳造所、ニュータウン、小さな畑、港湾、関連産業群などは、いずれも19世紀初頭には世界で供給される銅の3分の2を産出するまでになった豊かな技術革新を反映するものとなっている。

概要
コーンウォールと西デヴォンの鉱山景観は、イギリス南西部のコーンウォール州からデヴォン州西部にかけてのいくつかの鉱山景観を対象とするユネスコの世界遺産の一つである。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. モン・ペルデュ

    モン・ペルデュ

  2. リング・オブ・ブロッガー

    リング・オブ・ブロッガー

  3. インディアス総合古文書館

    インディアス総合古文書館

  1. セビリア大聖堂

    セビリア大聖堂

  2. ライン渓谷中流上部

    ライン渓谷中流上部

  3. ライヒェナウ島

    ライヒェナウ島

  1. アントニ・ガウディの作品群

    アントニ・ガウディの作品群

  2. シュトラールズント

    シュトラールズント

  3. エディンバラ新市街

    エディンバラ新市街

  1. サナイン修道院

    サナイン修道院

  2. セゴビア旧市街と水道橋

    セゴビア旧市街と水道橋

  3. アランフエス

    アランフエス

  1. トルン

    トルン

  2. 歴史的城塞都市カルカソンヌ

    歴史的城塞都市カルカソンヌ

  3. ラヴェンナの初期キリスト教建築物群

    ラヴェンナの初期キリスト教建築物群

  1. カサ・バトリョ

    カサ・バトリョ

  2. スホクラントとその周辺

    スホクラントとその周辺

  3. レユニオン島の尖峰群、圏谷群および絶壁群

    レユニオン島の尖峰群、圏谷群および絶壁群

  1. モンス市スピエンヌの新石器時代の火打石採掘地

    モンス市スピエンヌの新石器時代の火打石採掘地

  2. チンクエ・テッレ

    チンクエ・テッレ

  3. リェヴィシャの生神女教会

    リェヴィシャの生神女教会

  1. ローマ帝国の国境線

    ローマ帝国の国境線

  2. オビエド

    オビエド

  3. アングラ・ド・エロイズモ

    アングラ・ド・エロイズモ

  1. アマルフィ海岸

    アマルフィ海岸

  2. ヴィエリチカ岩塩坑

    ヴィエリチカ岩塩坑

  3. リューベック

    リューベック

  1. サン・ミジャンのユソ修道院とスソ修道院

    サン・ミジャンのユソ修道院とスソ修道院

  2. メリダ (スペイン)

    メリダ (スペイン)

  3. エルチェの椰子園

    エルチェの椰子園

  1. エンゲルスバーリ製鉄所

    エンゲルスバーリ製鉄所

  2. ヤヴォルとシフィドニツァの平和教会群

    ヤヴォルとシフィドニツァの平和教会群

  3. ユッセ城

    ユッセ城

  1. ピエンツァ

    ピエンツァ

  2. 聖マーティン教会

    聖マーティン教会

  3. クレムリン

    クレムリン

  1. エル・エスコリアル修道院

    エル・エスコリアル修道院

  2. エヴォラ

    エヴォラ

  3. グラーツ

    グラーツ

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る