アトス山

アトス山

アトス山は、ギリシャ北東部・エーゲ海に突き出したアトス半島の先端にそびえる標高2033mの山。その周辺は正教会の聖地となっており、「聖山」の名でも呼ばれる。アトス山周辺には現在20もの修道院が所在し、東方正教の一大中心地である。「アトス山」の名は、聖地となっている半島の全域や、修道士たちの共同体についても用いられることがある。

ギリシャ共和国の領内ではあるが「聖山の修道院による自治国家」として大幅な自治が認められており、いわば「宗教共和国」ともいえる存在となっている。1988年にはユネスコによって世界遺産に認定された。

概要
アトス山は、ギリシャ北東部・エーゲ海に突き出したアトス半島の先端にそびえる標高2033mの山。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. イスタンブルの歴史地区

    イスタンブルの歴史地区

  2. ロルシュ修道院

    ロルシュ修道院

  3. ヴァル・ディ・ノートの後期バロック様式の町々

    ヴァル・ディ・ノートの後期バロック様式の町々

  1. マルボルク城

    マルボルク城

  2. エヴォラ

    エヴォラ

  3. エンゲルスバーリ製鉄所

    エンゲルスバーリ製鉄所

  1. クレムリン

    クレムリン

  2. ゼメリング鉄道

    ゼメリング鉄道

  3. リング・オブ・ブロッガー

    リング・オブ・ブロッガー

  1. カサ・バトリョ

    カサ・バトリョ

  2. モン・サン=ミシェル

    モン・サン=ミシェル

  3. シュトラールズント

    シュトラールズント

  1. ルーゴ (スペイン)

    ルーゴ (スペイン)

  2. ヴィエリチカ岩塩坑

    ヴィエリチカ岩塩坑

  3. レーゲンスブルクの旧市街とシュタットアムホーフ

    レーゲンスブルクの旧市街とシュタットアムホーフ

  1. ラポニア地域

    ラポニア地域

  2. リヨン歴史地区

    リヨン歴史地区

  3. 歴史的城塞都市カルカソンヌ

    歴史的城塞都市カルカソンヌ

  1. ローマ帝国の国境線

    ローマ帝国の国境線

  2. モン・ペルデュ

    モン・ペルデュ

  3. アルト・ドウロ・ワイン生産地域

    アルト・ドウロ・ワイン生産地域

  1. ワッデン海

    ワッデン海

  2. ランメルスベルク鉱山、歴史都市ゴスラーとオーバーハルツ水利管理システム

    ランメルスベルク鉱山、歴史都市ゴスラーとオーバーハルツ水利管理システム

  3. インディアス総合古文書館

    インディアス総合古文書館

  1. ライン渓谷中流上部

    ライン渓谷中流上部

  2. アルビの司教都市

    アルビの司教都市

  3. ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂

    ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂

  1. ロワール渓谷

    ロワール渓谷

  2. トルン

    トルン

  3. アランフエス

    アランフエス

  1. エル・エスコリアル修道院

    エル・エスコリアル修道院

  2. コインブラ大学

    コインブラ大学

  3. ポルトヴェーネレ

    ポルトヴェーネレ

  1. 水銀の遺産アルマデンとイドリヤ

    水銀の遺産アルマデンとイドリヤ

  2. リトミシュル城

    リトミシュル城

  3. フェラーラ

    フェラーラ

  1. フェラポントフ修道院

    フェラポントフ修道院

  2. リスボンのジェロニモス修道院とベレンの塔

    リスボンのジェロニモス修道院とベレンの塔

  3. イベリア半島の地中海沿岸の岩絵

    イベリア半島の地中海沿岸の岩絵

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る