アトス山

アトス山

アトス山は、ギリシャ北東部・エーゲ海に突き出したアトス半島の先端にそびえる標高2033mの山。その周辺は正教会の聖地となっており、「聖山」の名でも呼ばれる。アトス山周辺には現在20もの修道院が所在し、東方正教の一大中心地である。「アトス山」の名は、聖地となっている半島の全域や、修道士たちの共同体についても用いられることがある。

ギリシャ共和国の領内ではあるが「聖山の修道院による自治国家」として大幅な自治が認められており、いわば「宗教共和国」ともいえる存在となっている。1988年にはユネスコによって世界遺産に認定された。

概要
アトス山は、ギリシャ北東部・エーゲ海に突き出したアトス半島の先端にそびえる標高2033mの山。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. ラポニア地域

    ラポニア地域

  2. メルク修道院

    メルク修道院

  3. ウベダとバエサのルネサンス様式の記念碑的建造物群

    ウベダとバエサのルネサンス様式の記念碑的建造物群

  1. カサ・バトリョ

    カサ・バトリョ

  2. イルリサット

    イルリサット

  3. ラヴェンナの初期キリスト教建築物群

    ラヴェンナの初期キリスト教建築物群

  1. フェラポントフ修道院

    フェラポントフ修道院

  2. パルテノン神殿

    パルテノン神殿

  3. ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂

    ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂

  1. ピエンツァ

    ピエンツァ

  2. リスボンのジェロニモス修道院とベレンの塔

    リスボンのジェロニモス修道院とベレンの塔

  3. エンゲルスバーリ製鉄所

    エンゲルスバーリ製鉄所

  1. ヴァル・ディ・ノートの後期バロック様式の町々

    ヴァル・ディ・ノートの後期バロック様式の町々

  2. アルハンブラ宮殿

    アルハンブラ宮殿

  3. アントニ・ガウディの作品群

    アントニ・ガウディの作品群

  1. 歴史的城塞都市カルカソンヌ

    歴史的城塞都市カルカソンヌ

  2. メリダ (スペイン)

    メリダ (スペイン)

  3. リューベック

    リューベック

  1. 聖マーティン教会

    聖マーティン教会

  2. 聖オーガスティン修道院

    聖オーガスティン修道院

  3. ローマ帝国の国境線

    ローマ帝国の国境線

  1. ヘラクレスの塔

    ヘラクレスの塔

  2. インディアス総合古文書館

    インディアス総合古文書館

  3. モンス市スピエンヌの新石器時代の火打石採掘地

    モンス市スピエンヌの新石器時代の火打石採掘地

  1. エルチェの椰子園

    エルチェの椰子園

  2. モン・サン=ミシェル

    モン・サン=ミシェル

  3. アイアンブリッジ峡谷

    アイアンブリッジ峡谷

  1. ロスキレ大聖堂

    ロスキレ大聖堂

  2. リヨン歴史地区

    リヨン歴史地区

  3. ラ・ルヴィエールとル・ルーにあるサントル運河の4つのリフトとその周辺 (エノー州)

    ラ・ルヴィエールとル・ルーにあるサントル運河の4つのリフトとその周辺 (エノー州)

  1. エディンバラ新市街

    エディンバラ新市街

  2. イスタンブルの歴史地区

    イスタンブルの歴史地区

  3. 赤の広場

    赤の広場

  1. ライン渓谷中流上部

    ライン渓谷中流上部

  2. ゼメリング鉄道

    ゼメリング鉄道

  3. サン・ミジャンのユソ修道院とスソ修道院

    サン・ミジャンのユソ修道院とスソ修道院

  1. カサ・ビセンス

    カサ・ビセンス

  2. ラス・メドゥラス

    ラス・メドゥラス

  3. スホクラントとその周辺

    スホクラントとその周辺

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る