コトル

コトル

コトル(モンテネグロ語・セルビア語: Kotor/Котор,クロアチア語: Kotor,イタリア語: Càttaro,ラテン語: Acruvium,古代ギリシア語: Ἀσκρήβιον)はモンテネグロの都市および基礎自治体でコトル湾の静かな場所に位置している。コトル市街の人口は13,510人で基礎自治体内の行政的な中心でもある。基礎自治体全体の人口は2003年現在22,947人である。古い地中海域のコトル港の周囲にある印象的な城壁はヴェネツィア共和国によって築城されたもので、ヴェネツィアの強い影響が市内の建物には残されている。コトル湾はアドリア海ではもっとも陸側にしゅう曲した部分の一つで、時にヨーロッパ最南部のフィヨルドと呼ばれることもあるが実際はリアス式海岸の一部である。近隣にはオリイェンやロヴチェンなどの石灰岩の張り出した崖があり、コトルやその周辺部の美しい地中海的な景観を特徴付けている。近年コトルはコトル湾と旧市街の美しい風景から多くの人々をひき付けていることから、観光客の数が安定的に増加している。また、コトルは「コトルの自然と文化歴史地域」として1979年にユネスコの世界遺産に登録されている。

概要
コトル(モンテネグロ語・セルビア語: Kotor/Котор,クロアチア語: Kotor,イタリア語: Càttaro,ラテン語: Acruvium,古代ギリシア語: Ἀσκρήβιον)はモンテネグロの都市および基礎自治体でコトル湾の静かな場所に位置している。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. チンクエ・テッレ

    チンクエ・テッレ

  2. ヴァル・ドルチャ

    ヴァル・ドルチャ

  3. 聖オーガスティン修道院

    聖オーガスティン修道院

  1. リガ

    リガ

  2. フェラーラ

    フェラーラ

  3. アテナイのアクロポリス

    アテナイのアクロポリス

  1. ヤヴォルとシフィドニツァの平和教会群

    ヤヴォルとシフィドニツァの平和教会群

  2. レヴォチャ歴史地区、スピシュスキー城及びその関連する文化財

    レヴォチャ歴史地区、スピシュスキー城及びその関連する文化財

  3. 歴史的城塞都市カルカソンヌ

    歴史的城塞都市カルカソンヌ

  1. ラ・ショー=ド=フォンとル・ロックル

    ラ・ショー=ド=フォンとル・ロックル

  2. ラス・メドゥラス

    ラス・メドゥラス

  3. デルベント

    デルベント

  1. イナクセシブル島

    イナクセシブル島

  2. メリダ (スペイン)

    メリダ (スペイン)

  3. シュトラールズント

    シュトラールズント

  1. アイアンブリッジ峡谷

    アイアンブリッジ峡谷

  2. イベリア半島の地中海沿岸の岩絵

    イベリア半島の地中海沿岸の岩絵

  3. ザモシチ

    ザモシチ

  1. アングラ・ド・エロイズモ

    アングラ・ド・エロイズモ

  2. モルダヴィア北部の壁画教会群

    モルダヴィア北部の壁画教会群

  3. ミケーネ

    ミケーネ

  1. ヴァッハウ渓谷

    ヴァッハウ渓谷

  2. 赤の広場

    赤の広場

  3. リメス

    リメス

  1. ヤロスラヴリ

    ヤロスラヴリ

  2. サン・パウ病院

    サン・パウ病院

  3. ユッセ城

    ユッセ城

  1. 歴史的城塞都市クエンカ

    歴史的城塞都市クエンカ

  2. リスボンのジェロニモス修道院とベレンの塔

    リスボンのジェロニモス修道院とベレンの塔

  3. モンス市スピエンヌの新石器時代の火打石採掘地

    モンス市スピエンヌの新石器時代の火打石採掘地

  1. レユニオン島の尖峰群、圏谷群および絶壁群

    レユニオン島の尖峰群、圏谷群および絶壁群

  2. ロンドン塔

    ロンドン塔

  3. ラウマ旧市街

    ラウマ旧市街

  1. エルチェの椰子園

    エルチェの椰子園

  2. アラゴンのムデハル様式の建築物

    アラゴンのムデハル様式の建築物

  3. カサ・ビセンス

    カサ・ビセンス

  1. チレントおよびヴァッロ・ディ・ディアーノ国立公園

    チレントおよびヴァッロ・ディ・ディアーノ国立公園

  2. ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂

    ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂

  3. カタルーニャ音楽堂

    カタルーニャ音楽堂

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る