サンティアゴ・デ・コンポステーラ

サンティアゴ・デ・コンポステーラ

サンティアゴ・デ・コンポステーラ(Santiago de Compostela)はスペイン、ガリシア州、ア・コルーニャ県の都市で、ガリシア州の州都。コマルカ・デ・サンティアーゴに属する。ガリシア統計局によると、2012年の人口は95,671人(2010年:94,824人)で、州内ではビーゴ、ア・コルーニャ、オウレンセ、ルーゴに次ぐ5番目の人口規模の街である。住民呼称はcompostelán/-lá、santiagués/-esa、またpicheleiro/-aなどが使われる。

サンティアゴ・デ・コンポステーラには自治州政府(シュンタ・デ・ガリシア(ガリシア語版))が置かれ、ガリシア州の政治の中心であると同時に、宗教的には大司教座が置かれている。旧市街は1985年にUNESCO世界遺産に登録されており、また、エルサレム、バチカンと並ぶキリスト教三大巡礼地のひとつでもあり、世界遺産に登録されているサンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路の終着地でもある。

ガリシア語話者の自治体人口に占める割合は92.24%(2001年)。

概要
サンティアゴ・デ・コンポステーラ(Santiago de Compostela)はスペイン、ガリシア州、ア・コルーニャ県の都市で、ガリシア州の州都。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. チンクエ・テッレ

    チンクエ・テッレ

  2. ワッデン海

    ワッデン海

  3. ヴィエリチカ岩塩坑

    ヴィエリチカ岩塩坑

  1. ユッセ城

    ユッセ城

  2. レドニツェとヴァルチツェの文化的景観

    レドニツェとヴァルチツェの文化的景観

  3. ゼメリング鉄道

    ゼメリング鉄道

  1. サン・パウ病院

    サン・パウ病院

  2. 歴史的城塞都市カルカソンヌ

    歴史的城塞都市カルカソンヌ

  3. アングラ・ド・エロイズモ

    アングラ・ド・エロイズモ

  1. フェラーラ

    フェラーラ

  2. ルクセンブルク (都市)

    ルクセンブルク (都市)

  3. エルチェの椰子園

    エルチェの椰子園

  1. アテナイのアクロポリス

    アテナイのアクロポリス

  2. ロスキレ大聖堂

    ロスキレ大聖堂

  3. セビリア大聖堂

    セビリア大聖堂

  1. ラポニア地域

    ラポニア地域

  2. レユニオン島の尖峰群、圏谷群および絶壁群

    レユニオン島の尖峰群、圏谷群および絶壁群

  3. ランメルスベルク鉱山、歴史都市ゴスラーとオーバーハルツ水利管理システム

    ランメルスベルク鉱山、歴史都市ゴスラーとオーバーハルツ水利管理システム

  1. ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂

    ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂

  2. ヴァルトブルク城

    ヴァルトブルク城

  3. モンス市スピエンヌの新石器時代の火打石採掘地

    モンス市スピエンヌの新石器時代の火打石採掘地

  1. モデナ大聖堂

    モデナ大聖堂

  2. モルダヴィア北部の壁画教会群

    モルダヴィア北部の壁画教会群

  3. グラーツ

    グラーツ

  1. エディンバラ新市街

    エディンバラ新市街

  2. ラス・メドゥラス

    ラス・メドゥラス

  3. リヨン歴史地区

    リヨン歴史地区

  1. マルボルク城

    マルボルク城

  2. ヴァル・ディ・ノートの後期バロック様式の町々

    ヴァル・ディ・ノートの後期バロック様式の町々

  3. ヴァル・ドルチャ

    ヴァル・ドルチャ

  1. ロドスの中世都市

    ロドスの中世都市

  2. アルビの司教都市

    アルビの司教都市

  3. ラヴェンナの初期キリスト教建築物群

    ラヴェンナの初期キリスト教建築物群

  1. ライヒェナウ島

    ライヒェナウ島

  2. アラゴンのムデハル様式の建築物

    アラゴンのムデハル様式の建築物

  3. ヤロスラヴリ

    ヤロスラヴリ

  1. ラウマ旧市街

    ラウマ旧市街

  2. リング・オブ・ブロッガー

    リング・オブ・ブロッガー

  3. 聖マーティン教会

    聖マーティン教会

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る