水銀の遺産アルマデンとイドリヤ

水銀の遺産アルマデンとイドリヤ

「水銀の遺産アルマデンとイドリヤ」は、スペインのアルマデン(英語版)とスロベニアのイドリヤにそれぞれ残る水銀鉱山と、それらに関連する旧市街や産業遺産群を対象とした国際連合教育科学文化機関 (UNESCO) の世界遺産リスト登録物件である。アルマデンとイドリヤで産出された水銀は、かつて何世紀もの間、ラテンアメリカで産出される銀の精錬に不可欠の存在であり、ヨーロッパへの大量の銀流入を陰で支える役割を果たした。そのため、アメリカ大陸での水銀需要は増加の一途を辿り、それに対応するためにアルマデンやイドリアでは増産の努力が重ねられた。現在残る町並みや施設群は、そうした鉱業の発展と大陸間交易の様子を今に伝えるものである。

概要
「水銀の遺産アルマデンとイドリヤ」は、スペインのアルマデン(英語版)とスロベニアのイドリヤにそれぞれ残る水銀鉱山と、それらに関連する旧市街や産業遺産群を対象とした国際連合教育科学文化機関 (UNESCO) の世界遺産リスト登録物件である。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. インディアス総合古文書館

    インディアス総合古文書館

  2. カタルーニャ音楽堂

    カタルーニャ音楽堂

  3. ヘラクレスの塔

    ヘラクレスの塔

  1. モルダヴィア北部の壁画教会群

    モルダヴィア北部の壁画教会群

  2. ラ・ショー=ド=フォンとル・ロックル

    ラ・ショー=ド=フォンとル・ロックル

  3. リング・オブ・ブロッガー

    リング・オブ・ブロッガー

  1. リメス

    リメス

  2. トルン

    トルン

  3. アムステルダムの運河

    アムステルダムの運河

  1. アントニ・ガウディの作品群

    アントニ・ガウディの作品群

  2. モンス市スピエンヌの新石器時代の火打石採掘地

    モンス市スピエンヌの新石器時代の火打石採掘地

  3. リラ修道院

    リラ修道院

  1. エル・エスコリアル修道院

    エル・エスコリアル修道院

  2. エルチェの椰子園

    エルチェの椰子園

  3. メルク修道院

    メルク修道院

  1. ラ・ルヴィエールとル・ルーにあるサントル運河の4つのリフトとその周辺 (エノー州)

    ラ・ルヴィエールとル・ルーにあるサントル運河の4つのリフトとその周辺 (エノー州)

  2. 歴史的城塞都市クエンカ

    歴史的城塞都市クエンカ

  3. ルクセンブルク (都市)

    ルクセンブルク (都市)

  1. ロワール渓谷

    ロワール渓谷

  2. アルト・ドウロ・ワイン生産地域

    アルト・ドウロ・ワイン生産地域

  3. ワッデン海

    ワッデン海

  1. ランメルスベルク鉱山、歴史都市ゴスラーとオーバーハルツ水利管理システム

    ランメルスベルク鉱山、歴史都市ゴスラーとオーバーハルツ水利管理システム

  2. ポルトヴェーネレ

    ポルトヴェーネレ

  3. ラヴォー

    ラヴォー

  1. イナクセシブル島

    イナクセシブル島

  2. ラヴェンナの初期キリスト教建築物群

    ラヴェンナの初期キリスト教建築物群

  3. モデナ大聖堂

    モデナ大聖堂

  1. ハフパット修道院

    ハフパット修道院

  2. ヴァル・ドルチャ

    ヴァル・ドルチャ

  3. アントニヌスの長城

    アントニヌスの長城

  1. アマルフィ海岸

    アマルフィ海岸

  2. メテオラ

    メテオラ

  3. イスタンブルの歴史地区

    イスタンブルの歴史地区

  1. リヴィウ

    リヴィウ

  2. エヴォラ

    エヴォラ

  3. ヤロスラヴリ

    ヤロスラヴリ

  1. ライヒェナウ島

    ライヒェナウ島

  2. ロンドン塔

    ロンドン塔

  3. ユッセ城

    ユッセ城

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る